WordPressで記事一覧を投稿順から更新順に変更する方法

時給1000円〜高収入翻訳学生バイト・インターン募集! 急募

シェアする

WordPress(ワードプレス)のアーカイブやカテゴリーページなどを投稿順から更新順に変更するための方法です。通常は投稿順に設定されています。

▼当サイトで申込みが多いプログラミングスクール・教室はこちら!

【1位】WebCamp(ウェブキャンプ)【5ヶ月連続!】

【2位】CodeCamp(コードキャンプ)【急上昇!】

【3位】WebCamp PRO (ウェブキャンププロ)【転職保証・年収大幅アップ】

【4位】TechAcademy (テックアカデミー)

【5位】TECH::CAMP (テックキャンプ)

function.phpにorderby=modifiedを設定

プログラム

query_postsを使って、投稿の繰り返しをしているリストの上下に書くこともできますが、これだとページネーションが効かなくなったり問題がおきてしまいます。

簡単に利用することができますが、基本的には上記のようにpre_get_postsを利用していきましょう。

query_posts の代わりに推奨されている書き方

  1. アクション pre_get_posts を用いる。
  2. pre_get_posts にフックした関数の中で is_main_query() を使ってメインクエリーであるかチェックする。
  3. メインクエリーの場合のみ、それを変更する。

query_postsは極力利用しない

極力query_postsは利用しないほうが安全です。特に、自作のワードプレスのテーマではなく他のテーマなどを活用している場合、解決するのが難しくなってしまいますのでオススメしません。

query_posts を使うことによって、ページ上のメインクエリーが置き換えられ、ページの読み込み速度に影響を与えることに留意してください。最悪の場合、倍かそれ以上の処理が発生します。簡単に使える代わりに、この関数は混乱と問題を引き起こす傾向があります。下記の注意をご覧ください。

https://wpdocs.osdn.jp/%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%BF%E3%82%B0/query_posts

WordPressを勉強したい方におすすめ

WordPressはphpでできているので、phpの勉強をするとより理解が進みます
もしphpを学習したい、ワードプレスを学びたいという方はこちらの記事がおすすめです!

→ 初心者でもサイト制作を学べるWordPressの学習スクール3選

シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Rplayの最新情報をお届けします

TwitterでRplayをフォローする