何故内定が出ないのか。無い内定の理由と解決策を考察してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

11月。徐々に強まるクリスマスムード。渋谷でリクルートスーツを着て歩く就活生の女の子が泣いてるのを見て、大丈夫ですかと声をかけたらフルシカトされた筆者

多分、行きたかった企業からお断りの返事が来たのかな・・
なんて想像して帰ってきたら、無性にその子の役に立ちたくなってしまい、今日はその子に記事を捧げます。

ということで、この時期の16卒の就活ってどうすればいいの?というテーマについて客観的に分析してみます。

実際どのくらいが就活を続けているの?

そもそも、今まだ就活を続けている人ってどれ位いるのだろうと思い調べてみました。

9月1日時点の内定状況 内定率は82.3%(株式会社ディスコ調べ)

昨年度の同時期と比べても、驚くほど高い数値です。
ここからさらに2月以上立っていることを考えると、すでに9割程度がすでに就活を終了しているというのが現実的です。

これは本人的には、鬱になりかねないレベル・・・

毎度お馴染みのTwitterでリアルな声を探してみましたが、もはや見ているだけで悲壮感が伝わってきます・・

https://twitter.com/halkyaaaaaaaan/status/643976709386047489

https://twitter.com/ars_news_eringi/status/641627905924067328

これはもはや鬱になりかねないような辛さなのが容易に想像できます。

まず本人が何故内定が出ないのか分析できていないのが問題

100以上のリアルな就活生の声と、筆者が企業の採用のサポートで年間200人以上の面接をしてきて分かったのは、これらの学生にはかなりの高確率で共通点があるということ。

問題1:ふわっとした就活軸

まず圧倒的に多いのが、「自分の希望がない」というケース。自分は軸あります!と断言される方もいますが、それもふわふわした抽象的なものが多いように感じます。

例えば、人を幸せにしたいですとか、まずは実力をつけたいですとか。その軸を圧倒的に深堀できていないケースが多いように感じます。

問題2:問題に気づいていても改善策が分からない

自分だけではその問題を解決できていないから内定が出てないという事実を一度受けとめるべきです。私も何か問題が起きた時に変なプライドが働いて自分だけで解決しようとする性格なので気持ちは痛いほど分かるのですが、これを自分の中で一度腹落ちして納得して改善策を打たないと、いくら企業数を受けたところで、結果が変わる可能性は低いと思います。

そこをクリアしないまま、受けて落ちるというサイクルを回してしまった結果、自信喪失するという負の連鎖が回り始めてしまうので、自分がここで書いたことに少しでも当てはまっていないか冷静に考えてみてください。

どうすればいいのか:徹底的に自問自答すること

自分が一番大切にしていることを徹底的に掘り下げましょう。先ほどの「人を幸せにしたい」というケースで言えば、それに対し「なぜ?」と徹底的に自問自答してみましょう。そこで考えた答えを友人に面接官役などになってもうなどをし、模擬面接をしてもらうなどをしてもらい、フィードバッグをもらうと良いと思います。

どうすればいいのか:第三者を頼ること

採用系の業者などが行っている模擬面接サービスや、企業の紹介サービスなどを利用することを圧倒的にオススメします。彼らは人事より多くの面接を行うケースが多く、人事目線というものを知り尽くしており、通常の選考では貰えない有効なフィードバックが貰えるはずです。

ここでは筆者が学生時代に相談して本当に良かった採用業者さんをペタリと貼っておきます。

評判の良い無料サービスを紹介しておく

こういうケースは、もはや他人を頼ってしまうことを圧倒的にオススメします。過去いくつか利用した中で、特にオススメなのはキャリアデザインセンターという会社が行う「就活typeエージェント」というサービス。特徴を以下にざっと書き出しておきます。

main_003

①個別面談を実施し、細かくフィードバッグ

普段人事の仕事もしている百洗練磨の担当さんが、個別に時間をつくってくれ面談をしてくれます。面談の結果から、あなたの良いところ、改善すべきところとその方法まで細かくフィードバッグをしてくれます。

②化学的根拠に基づいた適性検査も、無料で

適性検査と面談の結果を細かく分析してくれ、結果を教えてくれます。今まで自分だけでは解決できなかった問題も、ここで解決されるはずです。

③内定可能性が高い「優良非公開求人」「特別選考ルート」をリコメンド

希望と適性に基づいて、人事や経営者との面談の場をセッティングしてくれます。求人は誰もが知っている有名企業から、ナビには載っていない非公開求人まで充実しているのも、参加した学生の80%以上が希望企業から内定を獲得しているのも、東証一部上場のこの企業だからできることかと思います。

こんな企業にチャレンジできる

【IT業界】 サイト運営を主に行うメガベンチャー(初任給が高いことで有名)

【コンサルティング業界】経営者、外資ファーム出身者多数の独立系コンサルティング企業

【金融業界】 大手総合商社グループの保険会社

【広告業界】 インターネットにおける総合広告代理店大手

申し込みはこちら

■開催日
下記のエントリーフォームよりお選びください。
平日の10-19時にて毎日開催中ですのでご指定ください。

■定員
毎週10名限定

■対象者
2016年卒業予定の大学生・大学院生

■選考
なし

■持ち物
・筆記用具
・スケジュール帳
・面談前日までにマイページ内の「履歴書」を完成させてください
※印刷は不要です

■会場・アクセス
株式会社キャリアデザインセンター 5F 面談ルーム
東京都港区赤坂3-21-20 赤坂ロングビーチビル5F

東京メトロ丸ノ内線・銀座線「赤坂見附駅」より徒歩1分
東京メトロ半蔵門線・南北線・有楽町線「永田町駅」より徒歩5分
東京メトロ千代田線「赤坂駅」より徒歩7分

■参加料
無料

■主催
株式会社キャリアデザインセンター

このイベントは終了しました。

無内定の人におすすめの解決策はプログラミングを学習して、3~6ヶ月で上場企業に入社できる可能性があります。
プログラミング学習サービスによっては、就職サポートがついていて100%就職できるというサービスもあります。
就職サービスがついている企業も含めて一覧化しているので、こちらをぜひ。20万程度で、月々の支払いは4000円程度なので、ぜひ自分の力で切り開いていってみてください。将来的にもエンジニアの方が給料は高いですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
replay

rplay編集部

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Rplayの最新情報をお届けします

TwitterでRplayをフォローする

カテゴリー一覧