企業の採用担当者が教える!使っておきたいおすすめの就職・転職サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

就職活動や転職活動を始める際に、まず登録をする就職サイト。
近年ではそういった求人情報を掲載するサイトが増え、自分に見合った就職サイトを見つけないと、登録だけになってしまうことも。
今日は数あるサイトの中からお勧めできるサイトをピックアップし、紹介していきたいと思います。

求人情報数だけじゃない!本当に必要な情報が載っているサイト

yuryoutyuuken4
就職サイトや転職サイトはたくさんありますが、全部に登録すると頻繁に電話やメールが来てしまい、その対応に追われてしまいます。
また、求人情報数が最も多いからと言って、自分に見合った企業の情報が多いとも限りません。
大事なことは、本当に就職する可能性のある企業の情報がたくさん載っているサイトを選ぶことです。
新卒での就職と転職では登録するサイトや、活動が大きく異なるので、分けてポイントを押さえていきたいと思います。

新卒での就活。おすすめのサイトは?

sinsotu

新卒での就活は、大半の人が自分に特殊な能力やスキルがあるわけではないので、幅広く業界や業種、職種を見る必要があります。
この場合は求人情報の多さ、業界や職種でのソート機能、選考のフォローなどが、選択する基準となります。

【大企業向けなら】リクナビ2017

毎年変わらず人気があり、「とりあえずリクナビに登録」と言われるほどの求人情報サイトです。
2017年卒の新卒市場でも圧倒的な掲載社数(23,544社)を誇ります。
おすすめポイントは言うまでもなく、出会える企業数の多さです。

さらに業界からの検索や、業種からの検索も得意なので、自分に見合った会社をざっくり把握するにはもってこいですね。
まだまだ自分の可能性を広げることができる新卒での就活。幅広く見る場合はリクナビがお勧めです!

公式サイト

https://job.rikunabi.com/2017/

【中小企業向けなら】TSUNORU(ツノル)

tsunoru
あまり知名度はありませんが、中小企業への就職を考えている方は必見です。
キャッチコピーは「有名企業に就職しないという選択。」
日本の企業の98%は中小企業ともいわれているので、自分に見合った企業がある可能性はあります!
また、先輩社員情報が多く掲載されていることや、個別フォローメールが企業から届くなど、マッチングしやすい環境があるのも魅力です。

公式サイト

https://job.tsunoru.jp/shushoku/2017/

今回は2つのサイトを紹介しましたが、いかがでしょうか?
自分とマッチングする企業を見つけるためのツールとして、就職サイトを上手に使用したいですね。

転職でのおすすめサイトは?

inshou

新卒とは違い、能力やスキルを身に着けたうえでの転職活動は、自分の求めている年収や働き方など、将来の働き方に見合った会社と出会わないと意味がありません。
転職方法は様々で、決まった方法はありません。だからこそ、自分の強みを判断できたり、自分のスキルを入力することによって、最適な求人や、年収を分析してくれるというサイトの情報やサービスが役立つことがあります。
今回はその中でも特にお勧めできるサイトを3つピックアップします。

【エージェントなら】リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職する方法でも個人の履歴書や希望の職種と照らし合わせて転職をサポートするのがエージェントを使っての転職です。
もちろんマッチングする可能性は高いのですが、実際に採用する企業はその分高額な報酬を払うので、エージェントを使っての転職はハードルが高くなる傾向にあります。

リクルートエージェントの強みは何といってもその実績ですね。

年間2万人以上がリクルートエージェント
で転職をしていることを考えると非常に心強いです。

面接力向上セミナー

リクルートエージェントには、受講した人は面接通過率が35%も向上している人気セミナーがあります。実際に、企業の採用担当を務めた元人事担当者など面接のプロがアドバイスをしますので、面接力が上がることは間違いありません。

面接の練習をするために企業を受けたりするのは無駄ですので、面接力が向上するセミナーを活用して、面接が苦手だという方は面接力を挙げていきましょう。

リクルートエージェントの公式サイトはこちら

ポイント
・2万人が年間リクルートエージェントを利用
・高額な報酬を企業側が支払うので、高い年収になる可能性が高い

同じリクルートが運営しているリクナビネクストは自分の強みが無料で診断できるグッドポイント診断というサービスがついています。こちらでは面接や書類選考の際に絶対に聞かれることになる自分の強みについて分析することができます。

転職の際には自分の強みを紹介しつつ、転職先の企業ではどのようにその能力が役に立つのかアピールするようにする方がいいでしょう。
ぜひこちらも合わせてチェックしてみてください。

【転職サイトなら】MIDAS(ミーダス)

ミイダス

リクナビNEXTやDODAなど有名な転職サイトは存在しますが、今回紹介したいのでは大手人材企業であるインテリジェンス系のMIDASというサイトです。
ほとんど文章を入力することはなく、オファーが届く点、また、オファーが来る=面接ができることが確約されており、無駄な時間を省いて転職活動ができます。
また今なら転職成功で10万円のサポート入金があるなど、メリットが多い転職サイトでおススメです。

こちらでもミイダスについて詳細をご紹介しておりますので、こちらも合わせてどうぞ。

ポイント

・登録に文字入力がほとんどないので楽
・オファーが届くとほぼ、面接が確約されているので安心
・転職成功で10万円がもらえるサポート入金がある
・7万人のデータから最適な年収や向いている会社が紹介される

MIIDASの公式サイトを見る

【金融やITなら】@type(アット・タイプ)

@type
20代の若者を中心に人気のある転職サイトです。
ベンチャー含め、大手企業の中でも金融やIT、コンサル系に強いといわれており、年齢ではなく、経験を重視した転職を推し進めるサイトです。
実績はリクナビNEXTにはかないませんが、企業側との関係性を重視し、求人者の要望に応えています。

転職は特に自身にあったサイトやエージェントを選ぶことが重要ですが、総じて採用する企業側はエージェントではなく転職サイト経由で採用をしたい意向があります。

理由は費用です。エージェントを使用すると希望に見合った人材が面接に受けに来る傾向がありますが、成功報酬が高いので「これくらいお金払うなら・・・」と求めるスペックがだんだんハイスペックになる傾向があるのです。なので、転職サイト経由の方が転職エージェントよりも採用するという可能性もあります。(企業ごとに採用方針が異なるのであくまで傾向です)

公式サイト
http://type.jp/

就職サイトにそこまで期待しない

saigo

就職サイトだよりで就職活動をしても、実際の企業と出会っていないので今一つ掴みきれないことも多いです。重要なのは、いかにきっかけを作るかです。

今回紹介した5つのサイトはいずれも使い方によっては強い味方になるはずです。
それぞれ特徴や、そのサイト内で提供されているサービスも異なりますので、リクナビNEXTの「ストロングポイント診断」や、MIIDASのようなサービスもご利用してみてください。

そして、悔いのない就職活動のためのツールと思って、思いっきり活用してみるといいでしょう!

他にも転職サイトや転職エージェントはどのようなサイトがオススメなのかわからないという方のために、こちらに転職サイトや、転職エージェントをまとめておきましたので、こちらも合わせてどうぞ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Rplayの最新情報をお届けします

TwitterでRplayをフォローする

カテゴリー一覧