Googleアナリティクスでアフィリエイトリンクをトラッキングする方法

シェアする

タイトルではアフィリエイトと入れていますが、重要ランディングページなどを作成して、お問い合わせや商品購買、などなどサイトの目的に応じて様々なケースが考えられます。

基本的な事項として、ユーザーの動きを把握したい場合はGoogleアナリティクスを入れていると思いますが、更に細かく判断するにはボタンやテキストリンク、バナーなどにイベントを仕込むことによってトラッキングします。

Googleアナリティクスでページごとの滞在時間などトラッキングをするのはもちろんのこと、ページ内の特定のリンクごとに分析したいことがあります。そういう場合に使えるメソッドが必要になったので、コピペでできるイベントのトラッキング方法について書いておきます。

就職・転職・起業・フリーランス・起業・自宅で稼ぐ金額を増やしたい、スキルアップして年収・給与を2倍にあげたいという方は絶対チェックしてくださいね。

▼当サイトで申込みが多いプログラミングスクール・教室はこちら!

【1位】GEEK JOB【未経験から正社員のITエンジニアへの転職可能!『無料』プログラミング教室、上場企業へ内定】

【2位】WebCamp PRO (ウェブキャンププロ)【就職転職保証・返金保証・年収300万上がる】

【3位】WebCamp(ウェブキャンプ)【5ヶ月連続!3位】

ほかにも多くのプログラミングスクールがありますが、現役エンジニアが利用して間違いないスクールを厳選しています。

実際にWebCampに通って上場企業へ転職、年収が上がったエンジニアの話 → プログラミング未経験からエンジニアへ

jQueryを使ってGAのイベントトラッキングとページの分析

まずはコードを記載しておきます。GAでそのまま取得できるスクリプトにちょっと変更を加えています。
なので、少し長くなってしまっていますので、分割しておいた方が良いかもしれません。

トラッキングしたいHTMLに下記のようにコードを書きます。
HTMLのclassにjs-gaTrackerを追加して、data要素にnote-writingと記述しています。これは、例えばnoteの売り上げを公開している記事のnoteのページへのリンクをトラッキングしていて、これがクリックされるnote-writingが計測されます。

外部リンクの場合どこのページからどこに遷移しているのかわかりにくいですし、イベントトラッキングをしなければわかりません。売り上げや優良なコンテンツ、何かの施策をやる場合にイベントトラッキングをリンクに仕込んで、デザインやレイアウト、配置などの改善に役立てるという意味があります。

google analytics

上記のリンクを実際リアルタイムでトラッキングしている例。
実際にリンクにclassとdata要素を追加したらクリックしてみて、ちゃんとトラッキングできているか確認してみましょう。
ちなみに上記のJSのソースコードでは外部リンクの時にblankさせていませんので、その場合は少し書き換える必要があります。

JavaScriptのソースコードの解説

まず、Googleアナリティクスでトラッキングしたい要件を洗い出します。今回は下記の二つだけだったので、これだけしか書いていません。他に追加したい項目がある場合は書き方を変えてみてください。

・現在のページのURLを取得
・現在ページの押されたイベントを取得

下記のコードでまず現在のURLを取得します。getUrl関数です。
ここでは関数化していますが、特に他では使いまわさない場合はコードを変えてしまっても構いません。
このような現在のURLを取得するものは結構使うので一応関数化しています。

下記のコードが本題で、リンクに付与したclassであるjs-gaTrackerをクリックした場合に、そのaタグについている要素を見に行っています。あとはGoogleアナリティクスを入れる時に用意されているGAの関数で所定のコードを書くだけです。かなりシンプルにしているので、これをコピペしていただければ使えるかと思います。

GoogleアナリティクスはWebマーケティングには必須

以上簡単なコードでイベントのリンクをトラッキングする方法をご紹介いたしました。

既にサイト制作が非常に簡単になって、みんな自分でブログをWordPressなどで作成してアフィリエイトを始めたり、また企業に勤めている人であれば、ランディングページやECサイトなどの購入ボタンのリンクの色やバナーのデザインなどを分析することによって、大きなビジネス的なインパクトがあることもあります。

なので、現代は作ることよりも「分析してそれをいかにビジネスに繋げるか」という事の方が大切です。

作ったとしても商品の売れ行きが悪い、このキャンペーンは失敗した、このサービスのここが肝だけど伸ばせていないということでサービスがクローズしてしまったり、ビジネスが終わってしまうというケースもあります。

細かいことではありますが、ボタンやリンク・バナー、レイアウト、デザインなどの調整を少しずつ積み重ねることによってよりユーザーライクなサイトやサービスが完成していきます。

ユーザーに求められるサイトやサービスになるように今回のイベントトラッキングなどを有効活用してみてください。

おすすめの転職サイトランキング・当サイトで人気のトップ3

第1位 マイナビエージェント×IT

おすすめポイント

  • 平日忙しい人も、土曜日開催の個別のキャリア相談に参加できる
  • 職種や仕事内容(上流工程から参加したい、要件定義、実装メインなど)の要望ができ、ミスマッチがない
  • 大手マイナビが運営しており、案件数が業界最大級
  • 未経験でも転職可能な案件も多数掲載
  • ベース年収のアップも見込める

マイナビエージェント×IT公式サイトへ

第2位 案件数日本最大級・未経験でも転職成功する リクナビネクスト

リクナビネクストの特徴

  • 大手企業リクルートが運営
  • 登録者数が数十万人規模!
  • グッドポイント診断で自分の強みがわかる!
  • 会員登録無料!
  • 未経験でも歓迎という職種・求人案件が多数掲載
  • サイト未掲載の特別求人の掲載

公式サイトへ

リクナビネクスト診断

リクナビネクストのグッドポイント診断は、自分の強み、自分の分からなかった性格など細かいところを客観的に分析できます。 転職の時に他の職種に変えたい、環境を変える時に自分を振り返りる時にオススメです。

自分の強みから、転職先としてどの業界があっているのか、どの職種があっているのかなどもわかります。 「リクナビネクスト 」にしかないグッドポイント診断で転職の前に自分を振り返りましょう!

グッドポイント診断の活用方法

リクナビネクストのグッドポイント診断の活用は自分の適職の判断にも利用できます。自分の性格ややりたいことがわかっていないと面接にいった時に違和感を感じたり、 面接官から悟られるということもあります。

「自分の強みが解らない」、「面接などでいまいち自分をアピールできない」、「自分でやりたいことがない」などになやんでいる方は、一度試してみることをおすすめします! 「リクナビネクスト 」で自分の適職を診断する。

公式サイトへ

リクナビネクストの診断の評判と使い方

リクナビネクストの適職診断を使ってみた結果をご紹介しています。それぞれに診断結果が異なるので、自分の適職診断を行って天職を探してみましょう!

グッドポイント診断の利用は無料

グッドポイント診断の利用は無料です。リクナビネクストが会員登録をしてくれた転職希望者のために【強み】を発見するために開発したツールだからです。 リクナビネクストは「自社のサービスを利用して、転職者が次の場所で活躍して良い人生を送ってくれること」を望んでいるからです。グッドポイント診断を利用して、 適職を見つけたいという方は、リクナビネクストの診断の使い方の記事をどうぞ。

▶️ リクナビネクストの診断使い方

就職・転職・起業・フリーランス・起業・自宅で稼ぐ金額を増やしたい、スキルアップして年収・給与を2倍にあげたいという方は絶対チェックしてくださいね。

▼当サイトで申込みが多いプログラミングスクール・教室はこちら!

【1位】GEEK JOB【未経験から正社員のITエンジニアへの転職可能!『無料』プログラミング教室、上場企業へ内定】

【2位】WebCamp PRO (ウェブキャンププロ)【就職転職保証・返金保証・年収300万上がる】

【3位】WebCamp(ウェブキャンプ)【5ヶ月連続!3位】

ほかにも多くのプログラミングスクールがありますが、現役エンジニアが利用して間違いないスクールを厳選しています。

実際にWebCampに通って上場企業へ転職、年収が上がったエンジニアの話 → プログラミング未経験からエンジニアへ

シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Rplayの最新情報をお届けします

TwitterでRplayをフォローする