DIVE INTO CODEの口コミ・評判

時給1000円〜高収入翻訳学生バイト・インターン募集! 急募

シェアする

▼当サイトで申込みが多いプログラミングスクール・教室はこちら!

【1位】WebCamp(ウェブキャンプ)【5ヶ月連続!】

【2位】CodeCamp(コードキャンプ)【急上昇!】

【3位】WebCamp PRO (ウェブキャンププロ)【転職保証・年収大幅アップ】

【4位】TechAcademy (テックアカデミー)

【5位】TECH::CAMP (テックキャンプ)

DIVE INTO CODEのサービス概要

有給での実務経験を経てから卒業する、対面型のプログラミング教育スクール。Ruby on RailsやAWSなどモダンなWebアプリケーション開発には欠かせない知識を習得でき、プロトタイプを作成できるスキルをつけることを目指すスクールです。今までに1,000名以上の方にプログラミング学習の機会を対面講義形式で提供しており、初心者の方にも優しい形式となっています。

▼当サイトで申込みが多いプログラミングスクール・教室はこちら!

【1位】WebCamp(ウェブキャンプ)【5ヶ月連続!】

【2位】CodeCamp(コードキャンプ)【急上昇!】

【3位】WebCamp PRO (ウェブキャンププロ)【転職保証・年収大幅アップ】

【4位】TechAcademy (テックアカデミー)

【5位】TECH::CAMP (テックキャンプ)

学習効率を向上させる仕組みを取り入れているために、プログラミング初心者でも「現場で活躍できるWebエンジニア」に急成長させます。起業のために本気でプログラミングを学びたい方や、就職や転職のためにプログラミングを身につけたい方にはオススメのスクールです。

カテゴリー 対面のリアルスクール
場所 東京都渋谷区
対象 起業を目指す / 就職 / 転職 / スキルアップ
学習できる内容 実践的なウェブアプリケーション・ウェブサービスの作り方
コミュニケーションサービスの開発
料金プラン パートタイム
¥128,000(税抜)
パートタイム (マンツーマンコース)
¥198,000(税抜)
フルタイム (最短で稼げるエンジニアになりたい方向け)
¥298,000(税抜)
特典 必ず実務経験をできる
分割支払い 特になし

無料体験レッスン
DIVE INTO CODEの公式サイトをみる

DIVE INTO CODEの特徴

  • 徹底した成果重視の教育システム
  • 無料説明会や体験セミナーが受講可能
  • 2ヶ月週40時間以上必須の短期集中プログラム
  • 有給の受託開発で開発の実務経験を
  • 月約1万円(12分割)の学生にも嬉しい価格設定
徹底した成果重視の教育システム
創業者の野呂浩良氏自身がエンジニアであり、現場で働くエンジニアに必要な知識やスキルをいかに効率的に学習するかを考え抜かれたカリキュラムとなっている。
無料説明会や体験セミナーが受講可能
リアルスクールで、プログラミング学習をするのが不安な方にも安心な無料説明会や体験セミナーへの参加が出来る。講師のエンジニアに不安な点を解決してもらいましょう。
2ヶ月週40時間以上必須の短期集中プログラム
Ruby on Railsを全10テーマに渡って短期集中型のプログラムでWebエンジニアとして必要なスキルを取得します。Dive into Codeの講師は自身が、経験0の初心者から短期で高いスキルを身につけており、初心者がつまづくポイントを的確に押えた授業を行います。これによりエンジニアとして実践的なスキルが身につきます。
有給の受託開発で開発の実務経験を
Dive into Codeは今までのプログラミングスクールにはない「実践で活躍できるエンジニア」になれる事に主眼を置き、現実の開発現場でも行われるコードレビューを高いスキルのあるエンジニアから行っていただきながら開発案件に取り組みます。
月約1万円(12分割)の学生にも嬉しい価格設定
Dive into Codeのパートタイムコースでは128,000円~となっており、1年間にならすと、月負担約1万円で受講することができます。プログラミング学習スクールは高価なイメージがありますが、学生にもお求めやすいプログラミング学習スクールとして人気があります。

無料体験レッスン
DIVE INTO CODEの公式サイトをみる

DIVE INTO CODEの評判・口コミ

エンジニアだったけど幅を広げるために受講

男性 / 24歳 / エンジニア

5

情報系の大学を卒業して、大手SIerのグループ会社に就職しましたが、会社規模が大きく自社独自でしか使用できない技術を使っているだけではまずいのではないか、と漠然と不安に感じて自分の技術レベルの幅を広げるために受講しました。
きっかけは、Railsは知らなかったので野呂さんのセミナーに参加してJavaとの違いに魅力を感じて学習を始めたことですね。会社のブランドではなく、個人で仕事を取れるエンジニアを目指しています。

DIVE INTO CODEはサーバサイドのスクールで日本一

男性 / 34歳 / 営業

5

製造業の営業をしていますが、私のいる業界は、IT化が本当に遅れています。DIVE INTO CODEに通う理由は、技術の仕事に興味があったこととプログラミングを身につけて自分でサービスを作れる様になりたかったからです。他のスクールに通うこともありましたが、サーバーサイドのRuby on Railsを勉強できるスクールで日本一だと思います。

無料体験レッスン
DIVE INTO CODEの公式サイトをみる

DIVE INTO CODEの感想

DIVE INTO CODEの代表の野呂さんは元々エンジニアではないですが、独学と会社に入るために学習した「文系型のエンジニア」タイプです。ですが、未経験でも効率的に学習する方法を自分の経験を元に習得し、それをカリキュラム化しています。

DIVE INTO CODEにプログラミングをこれから始める非エンジニアが1ヶ月通ってみた結果のインタビュー

DIVE INTO CODEの代表の野呂さんの経歴

リクルートやワークスアプリケーションズなど異業種・異職種への転職を4度経験。あらゆる時間を計測し、未経験の職務でゼロから短期間に成果をあげる独自の生産性向上手法を確立。ワークスアプリケーションズの特待生制度「問題解決能力発掘プログラム」の突破経験

株式会社Dive into Code 代表取締役
グロービス経営大学院大学経営学修士(MBA)
Rails3認定ブロンズ技術者
ストリートアカデミー・プラチナムティーチャー
ストリートアカデミー・2015年特別賞受賞
Points of You 認定トレーナー(国際資格)
星山塾認定講師

出典:https://diveintocode.jp/teachers

DIVE INTO CODE運営会社情報

会社名 株式会社Dive into Code
本社所在地 〒104-0033
東京都中央区新川1−3−4
設立 2015年4月10日
資本金 5,000,000円
代表 野呂 浩良

無料体験レッスン
DIVE INTO CODEの公式サイトをみる

プログラミングスクール・教室のおすすめ・学生・料金が安い・オンライン・転職・評判まとめ

ビットコイン・仮想通貨取引所オススメ

本サイトは、学生・主婦・フリーランス・起業をしたい方・自由に働きたい方向けに、 の料金・カリキュラム・受講内容・どういう卒業生がいるのか、どういう会社が運営してるのかなどの情報を掲載するサイトを作成しています。

  • 「プログラミングスクール・教室って何?」
  • 「どのプログラミングスクール・教室なら安心して通えるの?」
  • 「料金っていくらくらいなの?」

などの疑問にもお答えしていきます!

プログラミングスクール・教室を利用するのが初めての方

本サイトは“プログラミングスクール・教室を利用するのが初めての方” を想定して作られており、学生・主婦・フリーランス・起業をしたい方・自由に働きたい方などプログラミングスクール・教室の利用経験がある方でも信頼できる情報を掲載しています! ※時間がなく全文の記事が読めない!という方は、当サイトで最もおすすめのプログラミングスクール・教室である 「WebCamp pro 」に登録してみましょう!(オススメ!)

絶対に失敗しない!プログラミングスクール・教室を選ぶ時の4つのポイント!

プログラミングスクール・教室を選ぶ上で重要なポイントは、以下4点になります。

  • 授業料金
  • カリキュラム・授業の内容
  • 就職・転職・起業・フリーランスに使えるかどうか
  • 運営会社がどこか

授業料金の内容

「プログラミングスクール・教室を利用する際の授業料金」は重要な点です。 ”数万ぐらい”と思うかもしれませんが、年間10万以上変わってくることもあります! 最初から、料金が安いプログラミングスクール・教室を利用していれば、“損をせず”プログラミングを覚えることができますよ。

サービス名 金額
WebCamp pro  432,000円
CodeCamp(コードキャンプ)   50,000 ~ 300,000円
techboost(テックブースト)   107,784円
  • 料金が安いのにカリキュラムが充実していて、エンジニアとして転職や就職・起業に役立つ 「techboost(テックブースト)」がおすすめです!

カリキュラム・授業内容・先生の充実度

プログラミングスクール・教室を利用するなら「カリキュラム・授業内容・先生の充実度」も大切です。 エンジニアになるために効率的でかつ実践を踏まえたプログラミング学習ができるのが重要です。 先生もマンツーマンで教えて欲しいですよね。

ほとんどのプログラミングスクール・教室は、 マンツーマンのプログラミングスクールがなく、カリキュラムもそこまで変わらないけど料金が高いこともあります。 マンツーマンで初心者だけどしっかり教えて欲しいという方はマンツーマンのプログラミングスクール・教室がおすすめです。

運営している企業の安定性

運営している企業の安定性や安心は大切です。プログラミングスクール・教室にせっかく通ったのに売り上げが伸びておらず、 倒産してしまったということになっては大変です。 上場企業のグループ会社が運営しており、無料体験レッスンがオンラインで受講できるプログラミングスクール・教室が良いです。

就職・転職・起業・フリーランスに使えるかどうか

プログラミングスクール・教室は、結局その後のキャリアをどのように構築していくかが大切です。 学生・主婦・フリーランス・起業をしたい方・自由に働きたい方が主に利用しており、プログラミングは今後必須なスキルとも言われています。 エンジニアの給料は他の職種よりも非常に高く、平均で150−200万程度高くなっています。

この先のキャリアを考えて利用するなら、就職・転職保証なり何かの保証が付いている会社は安心です。

  • 就職・転職保証付のプログラミングスクール・教室を選ぶなら「WebCamp pro

一般的にプログラミングスクール・教室の無料体験レッスンの申し込みは2~3社申し込みをするのが普通 です。 これからご紹介するプログラミングスクール・教室の中から最低でも2~3社は申し込みはしておきましょう!無料で申し込みできます!)

【厳選】プログラミングスクール・教室のおすすめランキング

業界初転職保証つきプログラミングスクール・教室 WebCamp Pro(ウェブキャンププロ)

オススメのポイント

  • 3ヶ月の学習期間と就職・転職期間を設けて確実に次のステップへ
  • 98%が自分の次のキャリアに進めている
  • 今プログラミングで必要とされているRuby on Railsの学習に集中している
  • 毎月3名に10万円の割引チャンス!
  • 受講完了後、3ヶ月以内に転職・就職できない場合は ”全額返金”

初心者におすすめしたいプログラミングスクール・教室は「WebCamp pro 」です。

登録は2分!体験レッスンの無料申し込みができます!

公式サイトへ

上場企業が運営のプログラミングスクール・教室 TechAcademy(テックアカデミー)

オススメのポイント

  • 上場企業のグループ会社が運営、安心感のある運営
  • オンラインで受講できるので、どこにいてもインターネットがあれば利用可能
  • マンツーマンレッスンなので他の人がおらず、周りの目を気にせず集中できる!
  • 受講中のサービスをポートフォリオとして登録し、就職・転職に活かせる!
  • 月々4500円から利用可能!

交通費や時間をかけずに勉強できるプログラミングスクール・教室は「TechAcademy(テックアカデミー) 」です。

登録は2分!体験レッスンの無料申し込みができます!

公式サイトへ

ブロックチェーン・AI・IoTのプログラミングスクール・教室 Tech boost(テックブースト)

オススメのポイント

  • 業界初のブロックチェーン・AI・IoTのプログラミングスクール
  • 専属のメンターがついてくれるので、アプリ開発をやりきることができる
  • 月額99,800円で業界最安値レベルの受講料金
  • 紹介割引、学生割引、友達割引も充実。さらに安く受講できます!
  • キャリアアドバイザーのキャリア相談で就職・転職に活かせる!

流行している技術をいち早く勉強したいなら、プログラミングスクール・教室は「techboost(テックブースト)」です。

登録は2分!体験レッスンの無料申し込みができます!

公式サイトへ

シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Rplayの最新情報をお届けします

TwitterでRplayをフォローする