NEWSキュレーション: リクナビ「プロ論。」の漫才コンビ「NON STYLE」ボケ担当石田明氏の言葉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

 著名人の名言、今回は『プロ論。』2011年3月にご登場いただいた、漫才コン
 ビ「NON STYLE」でボケを担当する石田明氏の言葉をご紹介。

 「M-1で優勝できたのは、悔しくて泣いたことがきっかけだったんです」

 2008年にM-1グランプリ王者に輝いた漫才コンビ「NON STYLE」の石田氏。

「NON STYLE」の石田氏の性格

友達がおらへんような人間が、人前で漫才をすることに

 「すっごいマジメ」「根本的なところではお笑いに向いてない」「目立つのは
 好きじゃない」「いつも自信がない」と自己分析され、さらに周囲からもよく
 「芸人っぽくない」と言われるそう。

「お笑い」だけがよりどころ。だから逃げなかった

路上で1人になったとたん、大きな声が出せなくなりました。それまでは、自分より面白い人間が側におるから安心できた。それが自分1人になると、本当に面白いこと言えるんか不安でたまらない。もう、こわくて。

 取材当時は「芸人を辞めたくなることもしょっちゅう」だったのだが、
 それでも「辞められない理由」とは。

悔しさが糧と成る

 「ブラックマヨネーズさんとアンタッチャブルさんとNON STYLEとでレギュラー
 番組をしてたころなんて、いっつも収録終わりに吐いてましたもん。力の差が
 歴然として、なんも太刀打ちできひんから。昔の僕だったら、ここで完全に
 逃げてます。でも相方の井上はずっと頑張ろうとしてるし。それに僕、生む
 喜びを知ってしまったから、辞められないんです」

どんな形でもいいから、自分の中の役者としてのお笑いをみんなの前でお披露目して、認めさせてやりたいんです。もう、自分の中で楽しいだけじゃ嫌なんです。どんだけピアノがうまくても、家で弾いてるだけやったら悲しいでしょ。お笑いは自分の子どもですから、スベったときはごめんなって抱きしめてやる。でも、みんなの前には自信を持って送り出してやる。それが僕の生きがいなんです。

 出典:http://next.rikunabi.com

どういう道であっても、挑戦しそれを正しくしていく。
就活・転職の際にはそういった心構えが必要です。

レバレジーズはエンジニアの私も登録しています。

IT 案件なら、Web案件数業界最大級のレバレジーズ



IT・インターネット・ゲーム業界専門の転職コンシェルジュ【WORKPORT】



Information

吉本興業公式サイト:http://search.yoshimoto.co.jp/talent_prf/?id=164

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
replay

rplay編集部

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Rplayの最新情報をお届けします

TwitterでRplayをフォローする

カテゴリー一覧