看護師の求人・転職・募集一覧と面接・採用に受かるコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

Rplayの看護師の求人情報ページです。看護師・准看護師で高い給料、公務員、精神科など幅広い求人情報を掲載しています。利用は完全無料です。

看護師求人の一覧

Rplayが提供している看護師・准看護師に関する各都道府県・各市区町村にある求人です。各都道府県のリンクから求人を探してみてください。ほかの求人サイトの求人も掲載されておりますので、多くの求人情報から自分にあった転職先・就職先に出会うことができます。

看護師の転職した理由と転職できたポイント

看護師

看護師・准看護師が転職する際にどのようなポイントに気をつけるべきなのか、また、「他のひとはどういう場所で、どのように働いているのか」、「どういう理由で転職しているのか」をご紹介しますので、転職を考えている方や、これからどうしようと悩んでいる方は参考にしてみてください。

看護師インタビュー:転職した理由とは

20代/女性/健診センター

3年間総合病院で勤務し、夜勤をすることで体調不良が続いたので、夜勤のない健診センターに転職を希望して転職活動をしたことがあります。健診センターの情報や健診センターで働いている知り合いもいなかったので、看護師専門の転職サイトに登録して健診センターのみに限定して看護師を募集している施設や病院を紹介してもらいました。年齢が若かったこともあり、若手が欲しいということで面接をしてその日にぜひ働いて欲しいと連絡があり、健診センターで働くことになりました

40代 / 女性 / 健診センター

私は再就職先に選んだのは健診センターです。その理由は残業がほとんどなく、仕事が終わってからの時間を有効に使えるからです。

若かったときは病棟で夜勤もこなしており、それなりにお給料も貰っていましたが、きれいごとではありませんが、お金よりも普通の人と同じように朝起きて、夜は寝るという生活リズムのある生活をしたいと思うようになりました。それで夜勤のないところで働きたいと思うようになり、再就職先を探し始めました。ところが年齢制限があるところも実際には多く、苦労したこともあります。

20代 / 女性 / 

私はまだ転職はしたことがありません。
就職した理由としては、初めての就職であったため、できるだけ大きな病院で教育がしっかりしていること、また、様々な科があること。自分のやりたい分野、興味のある分野があること。実際に病院見学を行い、病院の雰囲気やそこで働いている職員の雰囲気などをみました。また、実際に話を聞き、ワークライフバランスも重視しているかもみました。

40代 / 女性 /

理由は、海外に移住したので、看護師の仕事が出来なくなりました。そのまま看護師の仕事をする為には、看護師の資格をその国の基準でとりなおさないといけない上、命の関わる仕事なので同僚どうしで言語を上手くつたえれないで医療事故につながることも考慮して、他の仕事をしようと方向を変えることにしました。

20代 / 女性

転職した理由は、体調を崩したからです。夜勤、日勤の2交代ではありましたが、勤務表が希望通りにいかず連勤が続いたこと。患者さんの家族からのクレームとして人格を否定されるなどストレスが重なり心電図や救急車のサイレンの幻聴が聞こえ始めたことで心療内科を受診。休職して、復帰はしたものの幻聴や不眠が続いた事。
タイミングとして、休職している際に電子カルテへの行こうが行われていたためなれない作業で残業が増えたため2年目で辞めました。

30代 / 女性

私が転職した理由はもともと新卒で就職した大学付属病院が忙しすぎたからです。同僚は同年代が多く、病棟内でのいじめなどもなくとても仲良く楽しく仕事が出来ていましたが、地方出身で数年働いたら地元に帰る人や結婚・出産を機に辞める人が多く常に人が不足していて夜勤が多めに入れられる月があったり、思うように休みが取れなかったりと忙しすぎました。また、勤務体制も2交代制で、通常の日勤と3交代制でいう準夜勤と深夜勤を合わせたものだったので、夜勤がとにかくきつかったと記憶しています。

看護師の転職理由多いもの

● 病院内のいじめ
● 休みが取れず精神と肉体の疲れ
● 夜勤のないところで働きたいから

看護師インタビュー:転職できたポイント理由

いざ転職するとしても転職するために何を職務経歴書、履歴書に書いたら良いのか、自分のどの経験が評価されているのかわからないという方も多くいらっしゃいます。ここでは看護師・准看護師の方に転職できた理由やポイントについてインタビューさせていただきました。

20代/女性/健診センター

転職サイトの担当の方が面接の練習や履歴書や職務経歴書などの書き方を確認してくれたので緊張することもなく順調に面接を受けることができたのでとてもよかったと思います。

40代 / 女性 / 健診センター

クリニックなどでは年齢制限などがあって断られた場合でも健診センターに転職する場合は、年齢よりもけっこう経験重視のところが多いので40代でも転職しやすいのが他の施設と違って就職できたポイントだと思います。

20代 / 女性 /

就職できたポイントとしてなぜ看護師になったのか、大学時代の実習の経験を生かして、看護師として何がやりたいのかを明確にすることは大切だと思います。また、就職先から聞かれるであろう質問を事前に収集し、それを考えておくこと、また、できるだけ面接などの練習をし、備えておくことが大事だと思います。

20代 / 女性

転職できたポイントは、転職先に関わる分野を前の職場でしていたこと。転職先の求めていたのが長く勤めることのできる教育対象者を求めていたので年齢が20代半ばで経験が3年未満でも受け入れてもらえました。

30代 / 女性

転職した先は地元の県立病院で臨時勤務という体制でした。大学病院での勤務経験ということが面接や病棟での印象が良く転職できたポイントではないかと感じています。

看護師から他の職種への転職

40代 / 女性 /

それと結婚して子供もできたので、仕事より子育てを優先することにしました。子供を学校に送って、子供学校から帰ってくる間に出来る在宅訪問介護の資格を取得して就職しました。
国は違っても基本的に勉強している内容で理解がしやすかったことが、転職できたポイントとなって国家試験に合格して資格を取得することにつながりました。

このように、他職種、他業種への転職も可能です。資格取得や事前の準備をしっかりしていれば、看護師・准看護師さんのように真面目に仕事に取り組める方は他の業種でも需要があります。もし、仕事で悩んでいて看護師をやめたいという方は、転職エージェントなどに幾つか登録してみてプロの方にみてもらうと良いでしょう。

→ おすすめの転職エージェント評判・比較

看護師が転職する際のポイントまとめ

● 20代前半だと比較的転職しやすい
● 健診センターなど転職先によっては、年齢よりも経験が優遇される
● 面接や書類選考など転職する際の基本的な事項に関して準備すれば問題なく転職できる
● 年齢は若い内に転職することの方がメリットが大きい

看護師の転職時期

看護師の転職時期は3年以内の人が多くなっています。先輩など30歳前後の人が結婚・出産を機に退社するケースが多いので、採用が間に合わない間に増えた仕事によって、精神的にも肉体的にも疲れてしまうからです。

3年目辺りになると後輩の育成などにも時間を費やすようになるために、自分の作業以外のことにも頭を回さないといけなくなるので、精神的な疲れも増えてきます。

看護師だけにかぎらず一般的な職業でも3年働くと仕事に慣れてきたり、愛着も湧いてくると同時に転職を考え始めます。自分の将来的なステップ・キャリア像と給料・現在の仕事量などを冷静に考えて転職を考えても良い時期ですね。

面接・転職に受からない人の理由

面接対策をしていない

転職する際には必ず書類選考と面接があります。ですから、事前準備というのは必須です。
看護師・准看護師というのは転職市場では非常に人気があるために、多くの人が「面接は受かって当然」という考え方になってしまっているのもわかります。

たしかに看護師は、他業種の方の転職の場合と比較すると、受かりやすいように思えますが、待遇の良い病院になると話は変わります。
例えば、月給30万越えのような高い給料を保証している病院は、当たり前ですが、多くの看護師が募集してきます。多くの応募があるために、面接で失敗してしまえば採用されません。

自分の希望する病院のレベルが高いのであればあるほど、事前準備がものを言います。ある程度の病院であれば、面接対策なしで転職できるかもしれませんが、社会人のマナーとして面接対策や準備はしっかり行いましょう。

【 転職先を探す 】

看護師をしていて良かったこと・辛かったこと

看護師は人の命に関わる職業です。多くの人が元気になっていく姿を見ること、お手伝いをすることができますし、それをやりがいに感じている方も多くいらっしゃいます。その中で、現役の看護師・准看護師の方はどういったことにやりがいや、また辛いなと思うことを感じているのかインタビューさせていただきました。

30代 / 女性

良かったことは、元気になって退院する姿を見たり、ありがとうと声をかけてもらえること。名前を覚えてもらえること。看護師は、同じ格好をしているので見分けにくく仕事であるため多くの人が看護師さんと呼ぶことの方が多いです。そんな中で名前を覚えてもらえるのはやはり嬉しいです。
また、仕事だからあたりまえのことと言われることも多いですが何かケアをした際にありがとうと声をかけてもらえることは嬉しいです。
辛かったことは、仲良くなれた患者さんが亡くなった時や殺してほしいとお願いされたとき。
看護とは関係なく、クレームとして人格を否定されても言い返せないとき。大人しく謝ることを指示されるため。

30代 / 女性

看護師をしていて良かったことは、新卒からある程度生活できる程度のお給料をもらえることと、休みが変則的なので混雑時期などに当たらない時期に休みが取れることです。
看護師をしていて辛かったことは、人の死と向き合う仕事なので仕事上のストレスが多いことと、休みが普通のOLさんとは合わないので学生時代の友人と疎遠になりやすく出会いも少ないことだと思います。また、生活が不規則になるので肌荒れや慢性的な体調不良が多くあったことです。

Rplayの看護師求人の使い方と転職成功方法

Rplayでは、看護師の皆さんに効率的かつ魅力的な転職求人情報を見つけていただきたく、各都道府県の求人情報を掲載しています。ここでは、看護師の求人情報の使い方についてご紹介します。ぜひ転職活動や、就職活動に生かして、自分にぴったりの勤務先を見つけてください。

看護師求人 東京都

東京都の看護師求人の例を元にご紹介します。
各都道府県の、看護師の求人一覧が表示されているページにアクセスします。

1. 各都道府県の求人ページにアクセス

東京都の看護師求人

各都道府県のページにアクセスすると、求人を受け付けている企業、各都道府県の各市区町村の看護師を募集している企業の求人が表示されます。

都道府県だけではなく、各市区町村まで絞り込みたい場合は、【詳細なエリアから検索】をタップしてください。そうすると各市区町村が表示されます。

看護師

東京都の場合の市区町村

東京都看護師

2. 各市区町村の絞り込みをした求人検索

東京都 看護師

企業名、勤務地、求人情報名、勤務内容が表示されます。

3. 求人情報に応募する

自分の興味のある各看護師の求人情報をクリックして、ページ遷移します。
そうすると募集元の求人ページに遷移しますので、そちらからご応募いただく形になります。

各求人サイトの募集案件を掲載しておりますので、他の求人サイトを一からみる手間が省けます。
ぜひお試しください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Rplay転職チーム

Rplayの転職・フリーランスに関する情報をお伝えするアカウントです。中の人は上場企業でエンジニアをしつつ事業主をしています。エンジニアの転職やフリーランス、事業構築などの記事を書いていきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Rplayの最新情報をお届けします

TwitterでRplayをフォローする

カテゴリー一覧