最短半年。未経験Webデザイナーが正社員・バイトになるまとめ

シェアする

ウェブデザイナーは、エンジニア同様に非常にニーズの高い職業です。ウェブサイトやアプリケーションのデザインから、時には名刺、などのグラフィックのデザインなど幅広く行う人もいます。ウェブデザイナーは美大生や専門学校生しかなれないと思われていましたが、そんなことはありません。今回はウェブデザイナーに未経験でなった筆者が、どのように未経験でも正社員で就職して、転職できたかをご紹介します。

就職・転職・起業・フリーランス・起業・自宅で稼ぐ金額を増やしたい、スキルアップして年収・給与を2倍にあげたいという方は絶対チェックしてくださいね。

▼当サイトで申込みが多いプログラミングスクール・教室はこちら!

【1位】GEEK JOB【未経験から正社員のITエンジニアへの転職可能!『無料』プログラミング教室、上場企業へ内定】

【2位】WebCamp PRO (ウェブキャンププロ)【就職転職保証・返金保証・年収300万上がる】

【3位】WebCamp(ウェブキャンプ)【5ヶ月連続!3位】

ほかにも多くのプログラミングスクールがありますが、現役エンジニアが利用して間違いないスクールを厳選しています。

実際にWebCampに通って上場企業へ転職、年収が上がったエンジニアの話 → プログラミング未経験からエンジニアへ

Webデザイナーに未経験でなるためのマインド

GORIPAKU2069_TP_V

まず、はじめに未経験の定義も言っておきます。

結論からですが、ウェブサイトも何も作ったことがない人は難しいです。何も作ったことがない人は、なりたいという熱意だけでは認められないからです。

ウェブデザイナーになりたいという熱意があるなら、ウェブサイトなど自分をアピールできるものを作成して、それによって相手に伝えることができるからです。

ウェブデザイナーやエンジニアは、「ものづくりのお仕事」です。作ったものによって評価されます。

ですから、まずは熱意というのは「言葉」だけでなく、「何を作って、自分をアピールできるか」を考えるようにしましょう。ここが言語化できているだけで他の人よりも一歩先に出ることができるでしょう。

何も作ったことがないという方は、1からウェブサイト・ホームページ作成を身につけられるようにこちらにまとめてありますので、こちらを参考に。

未経験のWebデザイナーのバイト・正社員求人を探すコツ

これまで述べた通り、すでにウェブサイトや何かを作成した前提で話を進めます。ウェブデザイナーに未経験でなりたいなら、学生であれば最初はインターンなどのバイトで入ることをオススメします。

学生の場合はインターン・バイト

インターンであれば、そこまで実力がなくても学んでいってくれればいいという企業もあるからです。インターンで企業の中に入り込んでしまえば、たくさん仕事があります。

私も未経験で新卒入社して、ウェブ制作会社では2名のデザイナーのインターンがいました。どちらもデザイナー未経験でしたが、インターンとして採用されていました。

インターンであれば潜り込める可能性はかなり高いので、採用サイトなど細かくチェックして、求人案件にどんどん応募してみましょう。

【クリエイティブインターンなら・マスナビ】

仕事の中でしか自分のスキルは成長しませんので、色々な仕事をこなしてスキルを高めていくことに集中しましょう。

規模が小さめのベンチャー企業だったら、デザイナーでも自分の作品が何かあれば未経験で採用してくれるケースもあります。ベンチャー企業を探すなら、こちらのサイトがオススメです。

就職の場合

就職でウェブデザイナーに未経験でなる場合は、さらにハードルが上がります。私自身はウェブデザイナーを大学四年の夏に志して、半年でなんとかウェブデザイナーとして入社することができましたが、そこまでは毎日何かは作っていました。

ウェブサイトをとにかく作る力を伸ばすために、こちらのようなサイトで学びながら、スクールにも同時に通っていました。未経験でも早く実力・スキルを高めたいならプログラミングスクール・デザインスクールはいっておいた方が良いですね。

また、スキルが上がるだけではなく、履歴書にもかけるという大きなメリットがあります。履歴書に書くことで書類選考で落とされる確率を少しでも下げられるからです。

面接する人がどういう人かを考えると時間もないですから、基本的に経歴と実績で見ることが多いでしょう。そこで、経歴にデザイン、プログラミング関連のことが書いてないと致命的です。なので、デザインスクールに通うというのは、履歴書にかけるというのも1つの大事な要素です。

Webデザインを学べるスクール

デザイン・クリエイティブ系の就職サイトは必ず5つ程度登録

また、広告業界やIT業界がウェブデザイナーとして採用をしている業界です。
ウェブデザイナーを目指すのであれば、こちらのサイトは登録必須です。

【マスナビ】


スクリーンショット 2017-07-19 4.08.58

電通のグループ会社などもあり、優良企業が多数掲載されているのが特徴です。

【マスナビの公式サイトへ】

私は並列して、サイトを5つ程度登録していました。毎日新しい求人案件が出れば、応募してみて、ダメだったら何がダメだったのかを毎日考えるようにしていました。未経験でなかなかウェブデザイナーで採用されない、という方はぜひ試してみていただきたいです。

大事なのは、絶対にウェブデザイナーになりたい!という思いと、それに伴う行動力です。

転職でウェブデザイナーになる場合

転職でウェブデザイナーを目指す場合にも絶対に作品は必須です。何も作ったことがない人を雇ってくれるところというのは現実的に難しいでしょう。

正社員で、デザイナーで転職したいのであれば、デザインスクールに通うのはほぼ必須と言えるでしょう。効率的に学ばないと社会人は時間がないですし、集中して覚えないと忘れてしまうからです。

もし正社員でなくても良いのであれば、派遣などでまずは会社に入って「1年でこれくらいのレベルまで努力する」と決めてやるのも良いでしょう。

私自身、三日徹夜するということもあるくらい熱中してデザインの勉強をしていました。未経験でデザイナーになるというのはそれくらい好きでなければなれません。

目指すというのであれば、派遣という道も1つ視野に入れてみても良いかもしれません。
派遣を目指すという方にオススメのサイトはこちらです。

広告業界大手の宣伝会議グループが運営するデザイナーの派遣サイト


デザイナーの人材派遣【マスメディアン】

書類選考で落とされないようにするためのスクールに通って、お墨付きをえるという方法をご紹介しましたが、ここからは志望動機について書いていきます。

マスメディアン(MASSMEDIAN)の口コミ・評判・アクセス

Web デザイナー 未経験 志望動機とは

ウェブデザイナーに未経験でなる時でも志望動機は変わりません。未経験だろうが、経験者だろうが「自分が何を、なぜ、どう考えて、どのように作っていきたいのか、そして将来どうなりたいのか」シンプルに大切なのはこれだけです。

これに答えられるようにしておけば、ある程度の質問が来ても、自分が考えていることなので、質問に答えるだけで面接でも書類選考でも通過するでしょう。

面接・書類選考で落ちる志望動機

「なぜなりたいのか」の理由が曖昧だったり、何を作りたいのか、どうなっていきたいのかという点があまりにも書けていなかったり、考えられていないと、「考えて、作る力がないのかも」と見なされてしまいます。

そう思われないように、自分がどうなっていきたいのか、ウェブデザイナーになりたいという思いを整理して答えられるようにしましょう。

また、この人は未経験でも自分で考えて、情報収集して作っていけるようになる見込みがある」と思われれば採用される可能性が高くなります。最初は技術やスキルに自信がないのは当たり前です。それは経験がないからです。

デザイナーやエンジニアは営業などとは異なり、ずっと技術を学んでいかなければいけない職業です。少しでもサボってしまうと時代の流れについていけなくなります。

なので、どんどん手を動かして、自分の誇れる作品、見せられるサービス・サイトを作っていくようにしましょう!

どのような作品を作るのがいいのか

自分を表現しているものか、誰かのウェブサイト、お店のウェブサイトなんでも良いです。「なんのために、なぜこのようなデザインのサイト、作品を作ったのか」が表現できるものであれば良いでしょう。

どれくらいの日数がかかったのか、どのように仕事を進めたのか、どのような点で苦労したのか、どのように解決したいのか、この辺りが基本的に面接で聞かれる内容になっているので、作品は上記のようなものを作り、面接などで答えられるようにしておきましょう。

Webデザイナー 求人を東京・埼玉・大阪・福岡で探してみた

上記で紹介した派遣・転職の方向けのサイト「【マスメディアン】」で、東京・埼玉・大阪・福岡などの大きなとしての未経験のウェブデザイナーの求人案件を検索しました

結果は以下の通り。

マスメディア

全体の検索数でいうと50件もあり、未経験でも大丈夫という企業は多いようです。大手企業もありますし、外資系企業もあります。

あとは自分の作品をいかにアピールできるかにかかっていますね。

未経験でWebデザイナーは目指せる

私がウェブデザイナーになれた流れを最後にもう一度おさらいしておきましょう。

  • デザイナーのスクールに通う
  • 同時並行で自分のウェブサイトを開設(ドメイン、サーバーを取得し、自分で作る)
  • 将来どうなっていきたいのか、何を作りたいのかざっくり決める
  • 将来から逆算して面白いものを作る企業を選択
  • その企業に対してどのようなものを作ればいいのか、考える
  • アピールできるような作品を作る
  • 志望動機など基本的なことをまとめておく

これからが一連の流れを半年間で行いました。どんどん自分のスキルアップをして、ウェブデザイナーになって自由に働けるように頑張ってください!

スクールに通うという方はこちらを参考に。

ウェブサイトを開設を開設したいという方はこちら。

転職・派遣の方向けのウェブデザイナーの求人サイト

デザイナーの人材派遣【マスメディアン】

就活生向けのウェブデザイナーの求人サイト

年多くの会員が、テレビ局、広告会社、新聞社、出版社などに内定!「マスナビ」

おすすめの転職サイトランキング・当サイトで人気のトップ3

第1位 マイナビエージェント×IT

おすすめポイント

  • 平日忙しい人も、土曜日開催の個別のキャリア相談に参加できる
  • 職種や仕事内容(上流工程から参加したい、要件定義、実装メインなど)の要望ができ、ミスマッチがない
  • 大手マイナビが運営しており、案件数が業界最大級
  • 未経験でも転職可能な案件も多数掲載
  • ベース年収のアップも見込める

マイナビエージェント×IT公式サイトへ

第2位 案件数日本最大級・未経験でも転職成功する リクナビネクスト

リクナビネクストの特徴

  • 大手企業リクルートが運営
  • 登録者数が数十万人規模!
  • グッドポイント診断で自分の強みがわかる!
  • 会員登録無料!
  • 未経験でも歓迎という職種・求人案件が多数掲載
  • サイト未掲載の特別求人の掲載

公式サイトへ

リクナビネクスト診断

リクナビネクストのグッドポイント診断は、自分の強み、自分の分からなかった性格など細かいところを客観的に分析できます。 転職の時に他の職種に変えたい、環境を変える時に自分を振り返りる時にオススメです。

自分の強みから、転職先としてどの業界があっているのか、どの職種があっているのかなどもわかります。 「リクナビネクスト 」にしかないグッドポイント診断で転職の前に自分を振り返りましょう!

グッドポイント診断の活用方法

リクナビネクストのグッドポイント診断の活用は自分の適職の判断にも利用できます。自分の性格ややりたいことがわかっていないと面接にいった時に違和感を感じたり、 面接官から悟られるということもあります。

「自分の強みが解らない」、「面接などでいまいち自分をアピールできない」、「自分でやりたいことがない」などになやんでいる方は、一度試してみることをおすすめします! 「リクナビネクスト 」で自分の適職を診断する。

公式サイトへ

リクナビネクストの診断の評判と使い方

リクナビネクストの適職診断を使ってみた結果をご紹介しています。それぞれに診断結果が異なるので、自分の適職診断を行って天職を探してみましょう!

グッドポイント診断の利用は無料

グッドポイント診断の利用は無料です。リクナビネクストが会員登録をしてくれた転職希望者のために【強み】を発見するために開発したツールだからです。 リクナビネクストは「自社のサービスを利用して、転職者が次の場所で活躍して良い人生を送ってくれること」を望んでいるからです。グッドポイント診断を利用して、 適職を見つけたいという方は、リクナビネクストの診断の使い方の記事をどうぞ。

▶️ リクナビネクストの診断使い方

就職・転職・起業・フリーランス・起業・自宅で稼ぐ金額を増やしたい、スキルアップして年収・給与を2倍にあげたいという方は絶対チェックしてくださいね。

▼当サイトで申込みが多いプログラミングスクール・教室はこちら!

【1位】GEEK JOB【未経験から正社員のITエンジニアへの転職可能!『無料』プログラミング教室、上場企業へ内定】

【2位】WebCamp PRO (ウェブキャンププロ)【就職転職保証・返金保証・年収300万上がる】

【3位】WebCamp(ウェブキャンプ)【5ヶ月連続!3位】

ほかにも多くのプログラミングスクールがありますが、現役エンジニアが利用して間違いないスクールを厳選しています。

実際にWebCampに通って上場企業へ転職、年収が上がったエンジニアの話 → プログラミング未経験からエンジニアへ

シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Rplayの最新情報をお届けします

TwitterでRplayをフォローする