転職は市場価値を知るべき。高める方法・診断方法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

転職の際に市場価値を考えておくというのは非常に大切です。自分の市場価値を診断することによって、低い人は高めたり確認することができるわけです。自分の市場価値を高く見積もり過ぎても転職の際に失敗してしまうかもしれません。転職をこれから考える、転職したいという人は市場価値診断は必須で行いましょう。今回は市場価値を高める方法、診断方法などについてご紹介します。

転職の市場価値診断はするべき!

max16011508-2_TP_V

転職の時に市場価値の診断をしていないという方は、「自分の現状把握をできていない」ということでもあります。自分の現状のスキル・技術、実績を客観的に判断することは非常に難しいです。

すでに年収が1000万程度の人は特に市場価値を意識していないかもしれませんが、市場価値がわかっているとより良い交渉ができる可能性があります。

転職時に無料で市場価値・年収判断ができるサイト

年収が1000万以下の人は市場価値は知っておくと将来的にどうしていくべきかが判断できるようになります。市場価値がどうなっていくかわかれば自分が今後どのように行動するべきかわかりますよね。

インテリジェンスのミーダスというサービスは、現在の市場価値と、将来の市場価値を分析することができて自分のプロフィールを1分程度で入力すると、200万人のデータから自動分析してくれます。

非常に便利で、簡単かつ無料で自分の市場価値が診断できるのでおすすめです。さらに市場価値にあった転職先からのオファーが届くので自分の希望に近い案件がレコメンドされます。

ですから、転職を意識するなら市場価値診断をすることをオススメします。

年収が600万以下は迷わずインテリジェンスの転職・年収計算を。Miidas(ミーダス)を使う事をお勧めします 

転職での市場価値を知る方法

PAK145152451_TP_V

転職で市場価値を知る方法は、上記で紹介している「ミーダス」などの分析ツールを使って自分で知る方法もありますが、転職サイトや転職エージェントを活用する方法が一般的です。

転職エージェントを利用して市場価値を知る

転職エージェントの人から直接フィードバックもらえるので、自分がどれくらいの給与を目指すべきなのかを厳密なところを知ることができます。

転職エージェントは、企業と転職者の間に立っているので一番詳しい人です。

ですから、転職での市場価値を知りたいという方は、転職エージェントに相談するのが一番早く知れる方法です。

転職サイトで自分の強みを判断する

リクルートが運営する、「リクナビネクスト」では自分の性格から自分の強みを判断できます。自分の強みを伸ばすことは自分の価値を高める最短の手段です。そのためにまずは診断して自分を把握しましょう。

ぜひ無料で分析できるリクナビネクストで自分の性格や、強みを診断してみましょう。

自分の強みを知りたいなら無料でできるリクナビネクスト「グッドポイント診断」をやってみましょう 

転職 市場価値の高い職種ランキング

mbp9v9a8316_tp_v

エンジニア

ITの技術者が不足していると言われていますが、エンジニアはいつの時代でも求められています。現在ではロボット開発、VRなど様々な技術が出てくるので引く手あまたです。

AIに置き換わってしまうという仕事が多い中で、エンジニアはそのAIを作る仕事なのでなくなることはありません。将来的にも非常にニーズのある職業です。

最近ではプログラミングが簡単に学ぶことができるスクールが増えてきています。小学生でもプログラミングができる時代なので、ぜひチャレンジしてみてください。年収を上げることはもちろん、将来的にも仕事でも安泰です。

初心者だけどプログラミングを初めてみたい、ウェブサイトを作ってみたいという方にはこちらの記事をオススメします。まずは1つ1つ学んでみてください!

初心者向けホームページ・ウェブサイトの作り方

HTML・CSSプログラミング基礎・言語の入門

デザイナー

デザイナーはエンジニア同様非常にニーズが高い仕事です。デザイナーは、エンジニアほど多くの仕事があるわけではないですが、良いデザイナーであれば、色々な仕事をすることができます。

今ではウェブサイトを作る時に必要なデザインをするウェブデザイナーという職種がかなりニーズがありますが、紙や名刺のデザイン、フライヤーなどグラフィックデザインもなくなるわけではありませんので長期的に必要な職業です。

Webデザインも以前よりはかなり学びやすい環境になってきました。未経験でもウェブデザイナーを目指したいという人はこちら。

最短半年。未経験Webデザイナーが正社員・バイトになるまとめ

Photoshop、IllustratorなどのWebデザインの学習・学校・スクールまとめ

転職での市場価値の低い人

転職で市場価値が低い人の特徴はいくつかのポイントがあります。今年収が高い人は転職市場で市場価値が高いともほぼイコールです。転職での市場価値が低い人の特徴をご紹介します。

マネジメント経験がない

マネジメント経験というのは数人の部下がいてそのチームもまとめていたかどうかという話です。マネジメント経験がある人は、「チームを率いていく、コミュニケーション能力とマネジメント能力(統率力)」を評価されます。

人をまとめて、モチベーションを高めてくれる人はどこの場所に行っても成果を残してくれます。任せておいても成果を残してくれるという人は、企業側としてはありがたいですよね。

なので、マネジメント経験がある人は市場価値が高いです。

資格や実績がない

資格は必ずしも必要ではありませんが、何も実績がないという人は転職したとしても成果を残してくれるかわかりません。

資格が必要な職業・職種であれば絶対に取らなくてはいけませんが、実績が必要な職種であれば実績を残しておきましょう。

何かの職種で1年以上やった経験がない

上で述べてきたものと近いですが、色々な職種で1年以上の経験がない人は市場価値を高めることは難しいです。

継続的に成果を残せていない可能性が高い人を採用することはできません。成果を残せていない人を採用すると、また同じことがなってしまうと心配になります。

ですから、市場価値を高めたいなら何の職種であっても1年、もしくは他の同じ職種の人と比較しても「これはやった!」と言えるくらいの成績を残しましょう。

転職で市場価値を高める方法まとめ

転職で市場価値を高める方法は、シンプルに市場価値が低い人の特徴、ランキングで紹介しているのを実践するということです。

市場価値が高くなるであろう職種でスキルをつけていくことが一番早い市場価値を高める方法、現在の職種で誰よりも成果を残して、新しいチャレンジをすることです。安定した企業でのんびりしている人は市場価値は絶対に上がりません。

会社の業績に左右され続ける人になってしまいます。今は大手とされている商社企業でもだんだん業績が悪化してますし、将来的にはどうなるかわかりません。商社の場合だと、業績によってボーナスがなくなったり、年収に影響を与えていきます。

そうなると会社に頼らずとも残っていく職種について、自分の力で稼いでいけることに集中しなくては将来的に厳しいでしょう。

また、今後なくなってしまうような職種に取り組んでも無駄になってしまうことになります。将来的に必要とされる職種でスキルを高めていきましょう。

市場価値を高める方法の流れ

  • 現状の市場価値の分析
  • 将来的に必要とされる職種・職業・業界の判断
  • 将来的に必要な職種につき、スキルを上げる
  • もしくは、現状の職種でマネジメント経験をつける

これらをシンプルに実践することで市場価値の高い人を目指していきましょう。

年収が600万以下は迷わずインテリジェンスの転職・年収計算を。Miidas(ミーダス)を使う事をお勧めします 

転職で市場価値を高めていく人は多いですが、転職に失敗しないための方法を書いてあります。こちらを合わせて。

転職失敗には原因が!失敗の理由、例・失敗談まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Rplayの最新情報をお届けします

TwitterでRplayをフォローする

カテゴリー一覧