転職の面接時の質問・自己紹介・給料などの質問まとめ

シェアする

転職の面接時の質問はどういうものをされるのか、質問はするべきなのか、何個するべきなのか、給料について質問するべきなのか気になりますよね。転職の面接時の質問に関するまとめをご紹介します。

転職する前に自分が年収が低いと思っている方は、最初にこちらをチェックして見ることをオススメします。

【まとめ】年収が低いサラリーマンの特徴

関連記事

転職時期は4・6月いつが最適なタイミングなの? 

転職は市場価値を知るべき。高める方法・診断方法とは

転職失敗には原因が!失敗の理由、例・失敗談まとめ

転職の面接時の自己紹介の質問

150415211966_TP_V

転職での面接時に基本的には自己紹介から始まります。転職エージェントを利用している場合は、履歴書や職務経歴書を企業側の担当者が持っています。

企業側も履歴書や職務経歴書を持っていますが、自分で「自己紹介をしてください」と言われます。自己紹介を終わった後に、面接官から履歴書や職務経歴書を元に、経歴で気になったこと、実績などについて細かく聞かれていきます。

そもそも転職の時の面接の前に準備できていないという方は、こちらの服装・持ち物編もチェックしてみてくださいね。

転職の面接で必要な服装・質問・メールなど面接対策まとめ

転職時に聞かれる質問内容・個数

転職時に面接は欠かせません。書類選考で良くても、面接であっていないと判断されてしまうと落ちてしまいます。しかし、面接は準備をすればどうとでもなります。面接で落ちてしまうということは準備ができていないということでもあります。

企業は、面接でどのようなことが気になっているのか、それに対して自分の答えが用意されているのか、ここが一番大切です。企業がどのようなことを聞いてくるのか、に対して返答が用意できていないということは確実に怠慢です。

転職を絶対に成功させたいという方はしっかり準備しておきましょう。

ビジネス

よく聞かれる質問内容

  • なぜ今転職するのでしょうか
  • 転職を考える理由
  • 今の企業でできない、合わないと考える理由
  • 転職先でどういうことをやりたいか
  • 転職先で活かせるスキルは何か
  • 自分の強みと弱みは何か
  • いつから転職できるのか

このほかは業務に関する専門的な質問がされることが多いです。
エンジニアであれば、エンジニアの質問。営業やマネージャーであればどのようにマネジメントしてきたのか、改善してきたのか、など。

転職の成功・失敗事例・体験談まとめ 

転職の際に履歴書や職務経歴書、面接でどういうことを聞かれるのか、どう答えたらいいのかわからないという方は転職エージェントを利用することをオススメします。

オススメの転職エージェントをこちらで詳しく紹介しています。

絶対に転職したい方に転職経験者がおすすめするスカウトメールが多い転職サイト3選

転職の面接時の未経験への質問内容とは

tsuch160130520i9a6560_tp_v-1

履歴書や職務経歴書を元に質問がされますが、実績以外の部分も聞かれることがあります。

どういう場合かというと、実績があまりない場合や、未経験の場合は「どういう考え方で転職を選択しようとしているか」をみられているケースです。

実績で判断できないので、方向性で判断します。その時に、「その人がどのような方向で仕事をしていくのか」がわからなければ、採用しても違う方向に進んで行ってしまう場合があります。

なので、どういう考え方で転職しようとしているのか、この企業を選択しようとしているのかを聞かれます。

絶対に転職したい方に転職経験者がおすすめするスカウトメールが多い転職サイト3選

転職の面接の給料に関する質問

yuka0i9a7452_tp_v

転職の面接時に給料に関する話にもほぼ絶対になります。今の給料と、今後の給料はどうなっていくのかという話です。給料だけでなく、ベンチャー企業・スタートアップだとストックオプションという株の話になる場合もあります。

給料に関する質問には自分の考えていることを素直に伝えるのが一番良いでしょう。給料が明らかに低い場合であれば、その企業に入った後にどうなっていくのか、給与体系や評価制度を聞いていくと、自分の頑張りがどのように評価されて、給料につながっていくのかが想定できます。

給料の話が難しいなら評価制度をきく

評価制度があまりできていなく、どのような人が評価されているのかわからないのに給料を下げてしまうと自分の生活が苦しくなっていくこともありますので、そこは誠実に聞くと良いでしょう。

ただし、あまりお金の話をしすぎると給料だけの人と思われる可能性もありますので、そこは上記で述べているように評価制度の話などを細かくしておくと良いでしょう。

転職の面接時の 質問する・すべきこと

転職の面接時に質問しておくと良いこと、すべきことがあります。サイトを検索してわかっていることでも今はどうなっているのか、継続しているのか、福利厚生が充実している会社でもしっかり利用されているのかなど様々なことがあります。

サイトや何かの取材やインタビューで聞かれていることを聞いたらダメということではありません。そこは素直に気になることを聞いておくようにしましょう。

逆に質問が何もないという人は、本当に興味があるのかわからないというのが面接をする側の立場ですので、面接の中でクリアしていない、話していないような内容は素直に質問しましょう。

質問内容の例

  • 福利厚生はどのように使われているのか
  • みなさん何時くらいに帰っているのか
  • 自分が入る組織の人数は何人くらいでやっているのか
  • それぞれの人の役割はどうなっているのか
  • 企業の文化はどのような文化になっているのか
  • チームや企業が仲良くなるための仕組みみたいなものはあるのか
  • 社員から見る社長はどういう人なのか

これは質問の一例ですが、企業に入るときに迷うことを全て聞いておくというのが良いです。わからない状態で入るのは、企業側にとっても転職者側にとっても良くないです。

しっかり悩みを解決して、転職をするようにしましょう。そうすることで仕事にも集中できますし、それによって評価されますからね。仕事で集中するためにもしっかり聞いておきましょう。

転職を成功させるために、効率的に転職活動をするなら転職エージェントを利用するのは必須です。転職エージェントを経由すると、質問をしてくれますし、お金の調整もしてくれます。転職エージェントを並行していくつか使うという手もありますので、ぜひこちらも。

絶対に転職したい方に転職経験者がおすすめするスカウトメールが多い転職サイト3選

関連記事

転職時期は4・6月いつが最適なタイミングなの? 

転職は市場価値を知るべき。高める方法・診断方法とは

転職失敗には原因が!失敗の理由、例・失敗談まとめ

シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Rplayの最新情報をお届けします

TwitterでRplayをフォローする