転職時の職種選び・変更は慎重に。業種・職種診断など職種選びに気をつけることまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

転職の際に職種を変更をする人は迷いますよね。元々の職種ではある程度スキルや実績があるのに、そこから0になるということですから。職種を変更をする時にオススメの職種、自分に合った職種は何かという診断もあわせて職種選びの際に気をつけるべきことをまとめておきます。

関連記事

転職は市場価値を知るべき。高める方法・診断方法とは

転職の成功・失敗事例・体験談まとめ 

転職の準備期間・勉強はどうする?準備不足で落ちないための面接・スキルまとめ

転職時に職種を変えること・変更すること

Green19_taisyoku20141123133801_TP_V

職種を変更するのは大変です。職種を変更したとしても活躍できなければ辛いですからね。職種選びは慎重に行うべきです。しかし、辛いことばかりではありません。自分のライフスタイルや働き方によって変更することはあるべきです。

職種変更はネガティブな部分だけではない

自分がやってきた職種が全てではありません。あわないと思ったら早めに方向転換することも必要ですし、将来的にやりたいと思ってきたことではない所に新卒で配属されたので、あとあと職種を変更するということもあります。

決してネガティブな職種変更だけではありませんよ。

職種変更の際は理想から選ぶ

職種を変更するということはネガティブな部分だけではありませんので、自分の目的や目標、理想をまずは考えましょう。

バリバリ働いていたけど落ち着きたいという人も職種変更することもありますからね。自分の働き方やライフスタイルに合わせて職種を選びましょう。

転職 職種選びに迷う方は職種診断を

転職

結婚・出産などで職種が変わるパターン

まず転職をする時に職種を変更するという人には、自分の理想を描くところから始めるということをご紹介しました。年齢を経ていくとライフイベントによって働き方が変わることはよくあることです。男性はあまり変わらないかもしれませんが、女性は特に変化が大きいです。

産休して、産休明けでも同じ職種に戻るケースもあります。本人の意向によってどの職種で再度働き始めるか異なります。

自分に向いていないと思うならすぐに職種診断

結果を残せないからやめてしまうという訳ではなく、本当に職種が合っていない場合もあります。上司や周りがその人の役割を確認して適職を与えていくものですが、それも難しい場合はどんどん成果が出せずに苦しくなって行きます。

逃げという訳ではありませんが、職種を診断してみるのも1つの手段です。ゆっくり物事を進めたい人が、不動産業界などの営業ゴリゴリの職種になってしまったら辛いでしょう。

転職は市場価値を知るべき。高める方法・診断方法とは

自分の強みを知りたいなら無料でできるリクナビネクスト「グッドポイント診断」をやってみましょう

転職時の業種・職種のおすすめは?

Green12_fax20141123134902_TP_V

エンジニア・デザイナなどの技術職はおすすめ

エンジニアやデザイナーは今後の時代に合っている職種です。長期的になくならない職種で、かつスキルをつけると蓄積していくことができる職種が一番です。

エンジニアとデザイナーは今までは専門的な職業の人しかなれないと考えられていましたが、プログラミングやデザインスクールが増えてきたことによって、一般の人でもなる人が増えてきています。

小学生でもプログラミングを勉強して、エンジニアとして活躍している人も増えてきています。小学生でもできることであれば、社会人ならできますよね。50歳、60歳でもプログラミングをできるようになってきています。

初心者がスマートフォンアプリ開発をする言語・学習方法・会社求人 

エンジニア・デザイナーのメリット

  • 長期的に働ける
  • 給料も高い水準
  • 自分の家でもインターネットとパソコンがあれば働ける
  • 子育てなどをしながら家でもできる
  • 海外でもインターネットだけで十分

これを満たす他の職種は少ないです。

例えば営業であれば、自分が動く以外に働くこと・給料を得る方法はありません。自分の体が資本でダメになってしまったらもうどうしようもありません。もし家族がいるのであれば、非常に辛いことになります。

サイトやアプリ作りは資産になる

エンジニアとデザイナーは自分のサイトやアプリを作ることによって、収益を得ることもできますし、資産として活用することができます。自分が働かなくても、サイトやアプリは動き続けていますからね。

広告や課金で収益化することによって働いてくれます。もし、1つ作ってダメだったとしてもどんどん新しいものを作ることもできます。チャレンジする機会が多く、ほぼコストがかからないというのがエンジニアやデザイナーのメリットです。

就職や転職で働いていたとしても、食いっぱぐれがない職業です。もし転職で職種に悩んでいる方は、ぜひデザイナーやエンジニアに挑戦してみてください。小学生でもできていますからね。

iPhone・iOSアプリ開発学習・勉強方法、プログラミングスクールまとめ 

ウェブデザイナーを目指す初心者向けPhotoshop使い方・本・動画まとめ

関連記事

転職は市場価値を知るべき。高める方法・診断方法とは

転職の成功・失敗事例・体験談まとめ 

転職の準備期間・勉強はどうする?準備不足で落ちないための面接・スキルまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Rplayの最新情報をお届けします

TwitterでRplayをフォローする

カテゴリー一覧