30代での転職体験談。公務員、資格、リスク、エージェントの成功体験談まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

30代で転職をしようとすると、資格は取っておいた方がいいのか、公務員だとどうするのか、未経験でもいいのか?、リスクは高いのか、現状は厳しいのかなどかなり気になります。30代で転職に成功するために、30代で転職した方に転職体験談をお聞きしました。

30代で転職に成功するには手に職をつける

gori9V9A8414_TP_V

30代で転職をするというのは多少のリスクがあります。また、20代の時よりも年齢で採用されなくなるので、リスクが高くなります。
そうなった時に長期間に渡ってニーズがあるのは手に職のある職種です。

エンジニアや、デザイナーは手に職のお仕事なのでニーズが増えて行きます。
プログラミングやデザインは割と安い金額で勉強できるようになってきているので、
スクールを見てみてください。一度スキルを身につければ年収が高くなるので転職増える給料でスクール代は余裕で返せますよ!

30代にオススメの転職エージェント

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_s

30代にオススメの転職エージェントはスカウトが多い転職エージェントです。

転職をする時に現状が厳しいのでは、リスクが高いのでは、資格が必要なのか、客観的に第三者の意見を欲しい時があります。

そういう時に転職エージェントに確認するというのが転職を成功させるためには1つのきっかけとなります。

スカウトの多い転職エージェントはこちらにまとめてありますので、転職を成功させるために参考にしてみてください。

30代からの転職体験談、リスク・厳しさとは

150415211966_TP_V

30歳で派遣やハローワークを利用

男性 32 株式会社アベ工機
とにかくハローワークや派遣会社の紹介予定派遣を使いました。毎日毎日、汗垂らしてやってれば絶対に成功すると思っています。あとは、自分をアピールすることです。私は、自閉症を患っている為にコミュニケーションに問題がありますが、なんとかなっています。

それを打開するには、面接時にこの病気を患っていますと伝えることです。あまり、コン詰めたことは難しいですが、社会に貢献できるように頑張っていきますといえば良いです。。

俺にとって、自閉症という病気を持つと何をして良いかわからず、なんでこうなったのなんて聞かれたら詰まって言葉が出なくなってしまいます。

面接時には、すいませんとしか言いようがなくなってしまいます。圧迫面接だったら、星野仙一さんみたいに暴言男になるなと考えていますね。同じような境遇のみなさんには頑張ってほしいです。

30代の転職で、介護業界から通信関係で求人はだいぶ減っていた

女性 39歳

わたしは36歳と39歳で転職をしましたが、やはり、35歳を超えてからの求人数はずいぶんと減ります。
そこへみて、資格が介護関係のものしかないとすれば、ほんとうに狭き門です。
ことごとく面接で落とされてしまい、やはり介護関係に就職するしかないのか?と考えました。
自分には何があるのか、なにが向いているのか…など、色々考えたり、周りの人たちに聞いてみたりしました。
そこで、いったんなにがわたしには合うのか、ということも含め、派遣会社への登録をしました。そこで紹介してもらい、通信関係に勤めています。

はじめは覚えることややることがたくさんありすぎて、ついていけるのか不安であったり、周りは若い子(20代前半)ばかりで戸惑いました。

又、指導者も皆わたしより歳下のため、今まで自分が指導者であったが故に、『その教え方では相手に伝わらない』など思うこともありましたが、いったん自分の全てを捨てました。また職場を一歩出たら、考えない事にしました。

そうすると気持ちも楽になり、乗り越えられました。
そして、今では周りからも慕われるようになり、やりやすくなってます。

freee151117071495_TP_V

携帯販売業界への転職。資格は運転免許以外も大事な時もある

女性 30歳

30代で転職も大変でしたが、販売・営業系の業種に就いたことがなく、販売という面で全くの未経験からのスタートとなるので、書類選考の時点でも何社か弾かれる状態で面接にまで辿り着くのが難しかったです。その後、面接となりましても、自分が今は未婚で子供がいない。というところから、結婚する意思があるのか。

とか、現時点でパートナーはいるのか?というところを確認されました。今、採用してくださった会社は産後の制度などに力をいれていて、「自分が出産や育児で休暇をもらう際にテストケースになってほしい。」と快くいってもらえたので安心はしましたが、そういう企業様が少ないように思います。

正社員自体の経験も少なく、資格も運転免許くらいしかないのですが、その部分でも、「○○の資格くらいはもってないと。」と言われることが多くたいへんではありました

財団法人への転職で即戦力を期待される

男性 35歳

リスクはやはり即戦力として期待されるところがあるところです。プロパーだと少々仕事ができなくても在籍させてもらえますが転職組だとすぐに退職勧告されるところも多いと思います。幸い私はありませんが、友人でも上記理由で転職を繰り返している人もいます。

また注意点ですが転職を希望する人は現状に何かしら不満(職場環境、年収、役職など)を抱えている人が多いと思います。たとえ転職でその不満が解消できても新たに別の不満が出てくる可能性が十分ありえます。私は長時間労働が嫌で転職しましたがやはり給料はかなり減ってしまいました。

今や日本でも転職は当たり前のような風潮になっていますが、実際私も含めた普通の人がそう何回も転職できるものではないと思います。

よほどスキルが高い人はキャリアアップという名目で転職を何回もできるでしょうが、ごく普通の人が転職を繰り返しても総合的に見て条件が悪くなっていくだけのような気がします。

ちなみに私は転職時はエージェントを利用しました。情報が豊富ですので転職を希望する方はエージェントは絶対利用した方が良いと思います。

ビジネス

国民健康保険団体連合会への転職

女性 34歳(転職時32歳)

大学卒業後、保険業界に就職しましたが、合併などで環境が変わることになり、どうせなら自ら変えようと30歳の時に社会保険労務士の試験に挑戦しました。残念ながら1度目は失敗してしまいましたが、社会保険に興味を持つきっかけとなりました。次の年には退職し背水の陣で臨むことにより、合格することがきました。

しかし、次の仕事は、この資格を生かしたものを、と思っても、実務経験のない私では仕事がありません。

もちろん、妥協すれば仕事がないわけでありませんが、せっかく取得した資格を利用し、なおかつ、キャリアアップするとなると中々厳しい現状でした。様々な転職サイトに登録したものの、正直「30歳未満」の条件を見るたびに、もっと早く行動しておけば良かったと後悔していました。

そのような時に見つけた求人募集が国民健康保険団体連合会でした。直接的には社会保険労務士の資格は関係ありませんでしたが、資格取得する過程で社会保険を興味を持っていたことが縁につながったのだと思います。

また、保険業界で培ったコミュニケーション能力を仕事に生かすことができ、結果的にはそれまでの経験が良い結果につながったのだと思います。

薬剤師の資格を持っていたので転職成功した

女性 33歳

化粧品 転職した当初は独身だったのですが、半年くらいして結婚し妊活のため辞めました。担当業務は薬事で薬剤師の資格を持っていました。転職時エージェントを使いました。

辞めた理由の大きなものとして、土日やお盆、年末など実店舗が稼ぎ時にヘルプでラッピング要員などで駆り出されること、社内のネットが使えなくて持ち帰り残業が多かったこと、就業規則をきちんと提示されず問い合わせるたびに違う答えが返ってくることでした。

転職時は結婚は想定していなかったのですが、結婚生活との両立が難しくなり辞めました。

特に就業規則が提示なく、問い合わせのたびに言うことが違うので妊娠、出産があった時にこの会社では続けられないと思いました。

30代の女性はライフイベントがあるので、会社を選定しよう

30代の女性はライフイベントが起こりやすいので、そういう時にどうするのか、会社として規則がしっかりしているところか確認する必要があると思います。

また、上司や人事担当がきちんと対応できない場合コンプライアンスなどがきちんと機能している会社が良いと思います。

個人的には女性が多い職場では、規則より自身の経験談を主張してくる人も多いので、会社としての規則がきちんと決まっているところの方が、無理な働き方を強要されたりやハラスメントを受けるリスクが減ると思います。

tsuch160130520i9a6560_tp_v-1

30代でハローワークで職業訓練してアパレルから転職

女性 37歳 ㈱マルショク

アパレル販売をおこなっていましたが、子育てとの両立がむずかしく、休みの土日も仕事という感じで、退職せざるを得なかったです。

30代で転職したのですが、資格も何ももっていなかったため、土日祝日休みの事務職とは、ほど遠く、最終的には近所のスーパーに張り出してあった求人をみて、ダメもとで、応募しました。

いまはサービス業でもシフトに融通をきかせてくれるところもおおく、面接の時に休み希望を話したら、そこは平日のみで、オッケーだったので即決しました。

レジうちの仕事でしたが、やりがいややりたい仕事とは、ほど遠く、しかし、待遇面はきちんとしていたので、三年続けたのち、退職し、ハローワークで、職業訓練をうけ、資格をとりました。

30代での転職は結婚や出産、育児ともかさなる時期なので資格をもってないと、両立は難しいとおもいます。

転職活動中の孤独を相談できるのはエージェント

男性 35歳

研究職専門の派遣会社

リクナビ等の転職サイトも利用しましたが、地元の自治体の運営している転職支援のエージェントの利用が最も大きかったです。

大手の転職サイトの方よりも相談員の方にアポイントをとることが用意で、転職活動中の孤独感を上手く避けることが出来ました。

転職先の検索については自分だけで選り好みせず、転職相談の方と話ながら余り変な先入観を持たずに探してみた方が良いです。

前職では研究職で入社したものの、その後会社の都合で総務課などを転々としておりそれが嫌で転職したのですが、大学生時代の研究内容について思い出すのに随分と時間がかかってしまいました。今の職種と異なるジャンルへの転職を考えている方は、事前にしっかりと資料を準備して勉強しておくべきです。

無資格でも30代で転職し、プライベートと仕事の両立に成功

女性 42 建設業

30代での転職を試みました。エージェントは使わず、無資格だったので半ば諦めていましたが、自分の仕事に対する考え方や姿勢、経験が好意的な評価を頂くきっかけになったのではないかと思います。

リスクや厳しさとみなしてよいのかわかりませんが、転職をして職場環境や、仕事とプライベートの両立としては高い満足度を得ましたが、給与の額は減りました。

また30代という若くはない年齢から、まだ新米にも関わらず、社会的な責任はそのままで、早く仕事を覚えるのと同時に、社内の内情や暗黙のルールをいち早く覚えることを求められた気がします。

自分より若い人たちにはなるべく自分の経験から得たアドバイスをするようにしていましたが、もっとガミガミと厳しく指導してほしいという経営者のご意見を聞いたときには少々驚きました。

テクノロジー系のオンリーワンの資格を取得したので転職成功した

男性 32歳

テクノプロ・エンジニアリング株式会社(IT業界)

30代で転職するときによく企業側から見られたのは、「20代はどんなスキルを勉強してきたのか」「前職はなぜ退職したのか」といった点です。

基本的な質問かと思いますが、例えば前の会社が嫌で嫌で仕方なく辞めた場合にはこれらの質問への受け答えがキツイかと思います。半ば無理やりにでもポジティブな内容で答えられるようにしないとその時点でふるい落とされます。

ネットに出ない求人は転職エージェントしかない

エージェントは使っていました。理由は、ネットに出ない求人が紹介してもらえること、面接時のアドバイスがもらえることです。エージェントはプロなので、的確なアドバイスがもらえます。

また、資格は持っていました。なので、その関連から内定がもらえました。なかなか他の人が持っていない資格を持っていると、オンリーワンとみなされて内定確率は上がります。

転職エージェントでスピーディーに転職に成功した

女性 32歳 ニュートラルカフェ

飲食店・個人経営のカフェ

転職前は、まだまだ色々探せると思っていましたが、探し始めてみると意外と年齢制限がギリギリなこともあって、驚き、焦りました。

特化した資格があるわけでも無かったので、幅広く探すことはできましたが、決め手になるポイントはなく行き詰まったこともありました。

エージェントを使うとスピーディーで安心できる会社を紹介してもらえるときいていましたが、前職に在籍しながらの活動だったので、いち早くというよりは、時分のペースで探したいと思いましたので使いませんでした。

30代での転職の年齢制限は意外と低い

年齢制限がおもいのほか低いことを知って、転職のタイミングが間違っていなかったことに自信でて、前向きに活動できたので良かったです。

転職は悪いことのように言う人もいますが、(すぐ投げ出す。忍耐力がないなど)会社に対してや働いている日々のなかで疑問を感じたら、自信をもって転職するのはいいことだと進めたいです。

TOEIC860の英語力でメディカル業界から転職

女性 33歳

派遣会社にスタッフ登録をして製薬メーカーへ派遣されました。

転職前、私はメディカル業界で契約社員として働いていました。しかし、常に残業しなければならない職場であったこと、その会社では自分がやりたいと思った業務につかせてもらえないことがわかり、転職を決めました。給料について考えると直接雇用の社員と派遣社員には大きな差があります。しかし、私は派遣社員の道を選びました。

理由は残業のない生活をしたかったからです。とにかく、長時間残業にうんざりしていたのです。

年齢の問題、将来への不安はありましたが「派遣社員として働きながら職務経験を増やして今度は正社員として転職しよう」と考えて転職しました。私にはメディカル業界での業務経験とTOEIC860の公式スコアがあったため、仕事はわりとすぐに見つかりました。「経験者」扱いだったので時給も高かったです。

私の経験から伝えられることは30代で全くの未経験の職種や業界にチャレンジすることはかなりリスクが高いということです。私のように同じ業界内への転職ならチャンスも増えると思います。

しかし、全くの未知の分野にチャレンジするなら強い気持ちを持っていたほうがいいと思います。転職活動中のお金、将来のことも含めてよく考えて、ベストな道を選んで下さい。

転職に成功するには、転職エージェントの活用がオススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Rplayの最新情報をお届けします

TwitterでRplayをフォローする

カテゴリー一覧