キャリア採用での成功方法とは。面接、キャリア求人情報の集め方

シェアする

採用担当者・人事としては、キャリア採用はしっかり採用活動をしなければ効果が出ません。採用の広告費を無駄にかけてしまうのはもったいないことで、効果が出なければ最悪です。逆に応募者側はキャリア採用は面接の準備をしなければ落ちてしまいます。

キャリア採用とは

PAK145152451_TP_V

キャリア採用とは転職、中途採用のことです。中途採用、転職は即戦力採用と呼ばれており、当然ですが、企業側はすぐに仕事で成果を出してくれる即戦力になる人を求めています。

キャリア採用は履歴書、面接対策を!

中途採用、転職は応募者側は書類選考、面接はしっかり準備しなければ落ちてしまいます。面接の時に採用担当者にその準備をしているかどうかはわかってしまいます。

キャリア採用の際には、しっかり履歴書、職務経歴書を準備するようにしましょう。

キャリア採用で広告費をかけたくない!

キャリア採用を無料で行いたい、求人を試してみたいという採用担当者、人事担当者の方は世界最大の求人検索サイトである、indeedをオススメします。

中小企業、ベンチャー企業であれば広告費をかけにくいですよね。そういう時にはindeedで募集してみましょう。

キャリアは採用人数が決まっている

ビジネス

キャリア採用は採用人数が企業、時期、事業の成長度合いによって決まっています。

新卒採用でもそうですが、中途採用でも採用される人数の枠が決まっているのでチャンスがあれば申し込んでみるということが大事です。

採用者側から考えれば採用人数は予算、良い応募者をどうやって集めるかが大切ですね。良い応募者はもちろん、そもそも応募数を増やす必要があります。

チャネルごとに採用できる人が異なる

応募数を増やすためには、様々なチャネルを使って求人を募集しておくのが定石です。チャネルごとに採用できる人が異なるので、チャネルやサイトの使い方を理解しておきましょう。

就職や転職でも利用する求人サイトは異なりますが、今回は就職・転職のための求人広告、採用をできる方法やサイトの方法をまとめております。

キャリア情報の集め方

企業によってはキャリア採用でしか入社できない企業もあります。

そういう企業が採用情報を出しているのが短いこともありますし、自分の入りたい企業であるならしっかり求人情報をみておく必要があります。

求人情報は、企業の採用サイトやリクルート、ツイッターのアカウント、求人サイトなど幅広くあります。特に最近ではSNSを活用して採用者を集める企業が増えているので、企業アアクアントをフォローしておくのは情報収集として大切ですね。

最初は企業の採用をしているかみてみて、そのあと求人サイトや、転職エージェントをみてみることをオススメします。

気になる企業は転職エージェントにきく

転職エージェントは企業が採用サイトに載せていない情報を持っていることがありますので、転職エージェントに聞いてもらうというのも1つの手段です。

キャリア採用では面接が大事

tsuch160130520i9a6560_tp_v-1

キャリア採用では書類選考も大事ですが、その先の面接の方が大きなウェイトをしめています。

企業によっては3、4回面接することもありますし、色々な職種の人、取締役、自分が転職で入社する予定の職種の人数人など様々です。

人によって質問も異なりますので、どの角度から質問が来てもある程度質問に答えられるようにならない面接対策はできていないことになります。

しっかり面接対策をして何回面接があっても通るようにしっかり準備しましょう。

キャリア採用の時のメールなどの連絡対応

キャリア採用ではスーツでいいのか、カジュアルでもいいのかというところで悩んでしまうところがあります。スーツの場合はストライプなど目立ちすぎることがなければ問題ありません。

カジュアルなスタイルでも職種によっては全く問題ありませんが、あまりにも不潔だったり、見た目的におかしいということがなければ大丈夫です。

それでもスーツか私服かで迷ってしまうという方、服装がきになるという方はこちらをどうぞ。

キャリア採用の時の最終面接突破対策

キャリア採用の際に最終面接で落ちてしまう。という方は意外なほど多いです。最後に取締役や人事部長などの判断できる人が面接官で出て来ます。

取締役がどういう視点なのか、なぜ落ちてしまうのかを知って、その対策をしましょう。

キャリア採用で英語の求人を出したい時

本

キャリア採用で英語で求人を出したい時があります。日本にいる外国人にリーチすることができますし、日本の求人サイトでは英語の求人をだすところはありません。

日本にある求人サイトで唯一と言っていい求人検索サイトはindeedです。indeedの細かいメリットや効果を知りたいという方はこちらをチェックしてみてください。

indeedの求人情報を掲載するときの方法を知りたい採用担当者、人事の方はこちらを詳しくみてみてください。

シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Rplayの最新情報をお届けします

TwitterでRplayをフォローする