葬祭ディレクター、プランナーの仕事内容とは?求人情報一覧

シェアする

AL204_uwamedukai20140830153709_TP_V

葬祭ディレクター、プランナーの仕事内容は、 電話でまず最初に亡くなった知らせを受けます。

ご遺体が病院なら、自宅か葬儀場にご遺体を運び打ち合わせ。ご遺族と、どのような式にするか、日にち、時間、食事の準備、返礼品等細かく決めてゆく。通夜、葬儀の準備。宗派による、式場の飾り付け、お供え物の用意、葬儀場て式を行う場合は親族が寝泊まりする部屋の準備等を行います。

通夜、葬儀の始まる時間になれば、式典の進行(司会や会葬者の誘導、寺院等の接待など)を行います。

会社にもよりますが、通夜葬儀を行う以外に、墓石販売、生花販売(お供え花の他にアレンジも)、法要対応(式典の進行、食事の準備)、散骨のお手伝い等、をする会社が多いようです。

地域密着のしごとなので、地域のひとと仲良くなります。世の中には、たくさんの宗教、今まで知り得ることのなかった新興宗教のお式を対応させていただくこともあります。宗教に対する偏見が無くなります。

亡くなられるのは、幼い子供さん、若い方。自殺された方、心中など。様々です。遺族のかたをサポートし、滞りなく、お式をすすめ、故人を尊重し、遺族の悲しみに寄り添うのが仕事です。

葬祭ディレクター、プランナーの未経験、就職、転職求人の例

株式会社ワークデザインの葬祭ディレクター・プランナーと株式会社ワークデザインの葬祭ディレクター・プランナーと株式会社 神奈川こすもすの葬祭ディレクターとなどの人気の求人情報が掲載されています。Rplayでは未経験、初心者、高収入、土日休み、各都道府県ごとの地域、職種ごとの求人情報を多数掲載しています。

葬祭ディレクターの口コミ

お亡くなりになった人のご家族のかたの、悲しみを思いやって、最後のお別れを悔いなく、おこなっていただけるように、ご相談して、計画立案するお仕事です。

時間的には夜遅くなったり、朝早くから起きなくてはいけない場合もあり、お客さんの気が動転している状態から、対応を慎重にしなければいけないので大変な職業です。セレモニーなので、故人を思い出し、こういった感じのいい人でした。

といういい思い出ばかりが、でてくるので、争うごとや、もめ事が多い生きている人間同士の間におこることは、お葬式の間には出てきません。そういう意味で、ハプニングとかは少なく、スムースにことが運ぶことがおおい職業だと思います。あまり笑うことが少ないしごとなので、落ち着いた感じでしゃべることが、多く表情筋がおとろえてくるのが、すこし、老け顔になる傾向が、あります。

職種別求人一覧

各業種の職種別の求人が検索できます。給料がもっと欲しい・高収入、残業したくない、定時で帰れる、土日勤務なし、などの様々な条件から求人を検索して見ましょう。