京都府のウェブ(WEB)ディレクターの求人情報

京都市、宇治市、亀岡市、舞鶴市、長岡京市、福知山市、城陽市などのウェブ(WEB)ディレクターの求人情報ならRplay。ウェブ(WEB)ディレクターの人気求人が満載!株式会社KADOKAWAのWEBサイト「ザテレビジョン」のWEBディレクター/特集企画制作担当と株式会社 World Wide SystemのWEBディレクターとなどの求人情報が掲載されています。面接対策等のお役立ち情報で、あなたの求人情報探しを全力サポート!

詳細なエリアからさがす

忙しくて転職活動ができない、書類の書き方や職務経歴書のコツが知りたいという方はこちらのサイトがオススメです。

▼当サイトで申込みが多い転職サイト・転職エージェント

【1位】 リクナビネクスト 【知名度No.1・案件業界最多クラス】

【2位】 【WORKPORT】 【IT・インターネット・ゲーム業界に転職したいなら】

【3位】 MIIDAS(ミーダス) 【業界大手インテリジェンス30万人が使う】

このページの目次

京都府のウェブ(WEB)ディレクターに関連する求人情報

リプレイでは求人をすぐに応募できるように書く求人サイトの広告を掲載しております。自分の働き方の条件に応じて選択して見ましょう!

求人をもっとみる

求人検索 by indeed

ウェブ(WEB)ディレクター仕事内容の口コミ

ウェブディレクターとして10年ほど働いています。仕事内容としては、ウェブの製作会社での仕事がほぼ10年です。クライアントとしては電通、博報堂などの大手の広告代理店からのお仕事だったり、直接大手クライアントのコンペで勝ち取ってシステムやランディングページ、キャンペーンページを納品・公開するという形です。大手のクライアントと仕事ができることは自分にとって非常にやりがいですし、時には難しい内容だったり予算が厳しい時もありますがそれをまとめるというのがウェブディレクターの仕事ですし、やりがいです。時にはデザイナーやエンジニアがうまく動いてくれないこともありますし、外注の会社や人を使うときは自分の求めているものではないものが上がってくることもあるので非常に大変です。しかし、これらの進捗・クオリティ管理をして全部をまとめていくことが大事です。ワイヤーフレームや構成を書くということもありますし、営業的な動きをすることもあります。これは会社の規模やどういう事業をやっているかにもよりますので、一概には言えませんが、ウェブディレクターは面白い職種ですね。

ウェブ(WEB)ディレクターの給料・月収・年収

ウェブディレクターは、様々な作業を必要とされますが、30歳前後で700万前後の年収が妥当なラインでしょう。上場企業であれば上記の数字くらいになりますが、製作会社などですとあまり給料が上がりにくいので500万前後になってしまいます。利益率の高い会社で、給料を分配している企業というのは上場企業であれば見つけることができるので、よく見ておくと良いでしょう。新卒や入社2、3年目であれば300−450万程度が年収のラインになってくるでしょう。

ウェブ(WEB)ディレクターの必要資格・かかるお金

ウェブディレクターに特に資格は必要ありません。新卒からでもなれますし、未経験の転職者でもなることができます。スケジュール管理、予算管理、進捗管理、クオリティ管理、デザイナー、イラストレーター、エンジニアなどのディレクション業務、顧客折衝などが主な業務内容になります。資格はないですし、スキルを可視化するのは難しいですが、優秀なウェブディレクターは、自分で手を動かすことができて相手の気持ちになって仕事を振ることができる人です。資格は特にいりませんが、プログラミングスクールやデザインスクールに通っておくと、デザイナーやエンジニアの気持ちがわかるのでオススメですね。

ウェブ(WEB)ディレクターは未経験でなれるの?求人は?

ウェブディレクターは未経験からでもなることはできます。資格なども特にありません。ウェブディレクターと言っても他の職種や業種でもあるディレクターと同じような業務で、一緒にチームを組む人の管理、予算管理などディレクションという作業になります。未経験でも求人案件は結構ありますので、これからウェブ業界に飛び込んで見たい人、これまでデザイナーやエンジニアだったけどチャレンジして見たいという人にはぴったりです。

京都府のウェブ(WEB)ディレクターの求人事情は?

京都府の中でも京都市は近畿地方でも大阪府大阪市、兵庫県神戸市に続く人口の多さを誇る大都市です。しかし他の都道府県と違って、都市部のそれも中心にい くほど観光スポットが多くなっているということもあり、繁華街でもデパートやショッピングモールといった大型商業施設はそれほど作られていません。製造業 を中心に有名メーカーの工場もありますが、工業地帯を形成している周辺の府県ほどは多くないようです。ただ、京都府は人口あたりの大学数が多い、つまり学 生の人口が多いせいなのか、「雇用者数に占めるアルバイト率」が全国有数の高さとなっています。学生のアルバイト人口が多いということは、さまざまな条件 のアルバイトが短期間で流動しやすいはずですから、ある意味「アルバイトを探しやすい」環境といえそうです。

京都府のウェブ(WEB)ディレクターの働く環境・街の雰囲気

京都府で人気のアルバイトといえば、なんといっても観光業に関するものが挙げられるでしょう。観光関連にも、ツアーガイドや施設スタッフのような専門的な 仕事から、観光客向けの飲食スタッフや販売スタッフ、宿泊サービスや接客サービスまでさまざまなアルバイトがあります。せっかく京都府でアルバイトをする のですから、古都ならではの伝統文化や和のテイストを感じられるアルバイトを探してみるのもいいかもしれません。

京都府のウェブ(WEB)ディレクターの有効求人倍率

京都府のウェブ(WEB)ディレクターの2016年11月の有効求人倍率は1.32。新卒・転職したいという方の求職者数に対して、求人数が1.32個あります。

※有効求人倍率:公共職業安定所(ハローワーク)を通じた求人・求職に限られ、新規学卒者に関する求人・求職は含まれません。

職種別求人一覧

各業種の職種別の求人が検索できます。給料がもっと欲しい・高収入、残業したくない、定時で帰れる、土日勤務なし、などの様々な条件から求人を検索して見ましょう。

京都府のウェブ(WEB)ディレクターの人気のキーワード

人気ワード歯科衛生士・歯科技工士 看護師(看護士)・准看護師 カフェ・喫茶店 保育士・幼稚園教諭 短期