大阪府 大阪市西区のウェブ(WEB)ディレクターの求人情報

大阪市、堺市、東大阪市、枚方市、豊中市、高槻市、吹田市などのウェブ(WEB)ディレクターの求人情報ならRplay。ウェブ(WEB)ディレクターの人気求人が満載!株式会社ジークスのWeb/UI/UXデザイナーと株式会社サンセイのWEBデザイナーとなどの求人情報が掲載されています。面接対策等のお役立ち情報で、あなたの求人情報探しを全力サポート!

このページの目次

大阪府 大阪市西区のウェブ(WEB)ディレクターに関連する求人情報

求人をもっとみる

求人検索 by indeed

このページは、各都道府県ごとの大阪府 大阪市西区のウェブ(WEB)ディレクターやその他の職種の転職、新卒向けの求人情報を掲載しているページです。 職種ごとや、地域ごとに、オススメの求人をご紹介しています。求人情報を探したいときに利用してみてください!

忙しくて転職活動ができない、書類の書き方や職務経歴書のコツが知りたいという方はこちらのサイトがオススメです。

▼当サイトで申込みが多い転職サイト・転職エージェント

【1位】 リクナビネクスト 【知名度No.1・案件業界最多クラス】

【2位】 【WORKPORT】 【IT・インターネット・ゲーム業界に転職したいなら】

【3位】 MIIDAS(ミーダス) 【業界大手インテリジェンス30万人が使う】

おすすめの転職サイトランキング

案件数日本最大級 リクナビネクスト

▼当サイト1番人気の転職サイト

リクナビネクストの特徴

  • 大手企業リクルートが運営
  • 登録者数が数十万人規模!
  • グッドポイント診断で自分の強みがわかる!
  • 会員登録無料!
  • 未経験でも歓迎という職種・求人案件が多数掲載
  • サイト未掲載の特別求人の掲載

公式サイトへ

リクナビネクスト診断

リクナビネクストのグッドポイント診断は、自分の強み、自分の分からなかった性格など細かいところを客観的に分析できます。 転職の時に他の職種に変えたい、環境を変える時に自分を振り返りる時にオススメです。

自分の強みから、転職先としてどの業界があっているのか、どの職種があっているのかなどもわかります。 「リクナビネクスト 」にしかないグッドポイント診断で転職の前に自分を振り返りましょう!

グッドポイント診断の活用方法

リクナビネクストのグッドポイント診断の活用は自分の適職の判断にも利用できます。自分の性格ややりたいことがわかっていないと面接にいった時に違和感を感じたり、 面接官から悟られるということもあります。自分でやりたいことがなければ一度試してみることをおすすめします。 「リクナビネクスト 」で自分の適職を診断する。

公式サイトへ

リクナビネクストの診断の評判と使い方

リクナビネクストの適職診断を使ってみた結果をご紹介しています。それぞれに診断結果が異なるので、自分の適職診断を行って天職を探してみましょう!

グッドポイント診断の利用は無料

グッドポイント診断の利用は無料です。リクナビネクストが会員登録をしてくれた転職希望者のために【強み】を発見するために開発したツールだからです。 リクナビネクストは「自社のサービスを利用して、転職者が次の場所で活躍して良い人生を送ってくれること」を望んでいるからです。グッドポイント診断を利用して、 適職を見つけたいという方は、リクナビネクストの診断の使い方の記事をどうぞ。

▶️ リクナビネクストの診断使い方

ウェブ(WEB)ディレクター仕事内容の口コミ

ウェブディレクターとして10年ほど働いています。仕事内容としては、ウェブの製作会社での仕事がほぼ10年です。クライアントとしては電通、博報堂などの大手の広告代理店からのお仕事だったり、直接大手クライアントのコンペで勝ち取ってシステムやランディングページ、キャンペーンページを納品・公開するという形です。大手のクライアントと仕事ができることは自分にとって非常にやりがいですし、時には難しい内容だったり予算が厳しい時もありますがそれをまとめるというのがウェブディレクターの仕事ですし、やりがいです。時にはデザイナーやエンジニアがうまく動いてくれないこともありますし、外注の会社や人を使うときは自分の求めているものではないものが上がってくることもあるので非常に大変です。しかし、これらの進捗・クオリティ管理をして全部をまとめていくことが大事です。ワイヤーフレームや構成を書くということもありますし、営業的な動きをすることもあります。これは会社の規模やどういう事業をやっているかにもよりますので、一概には言えませんが、ウェブディレクターは面白い職種ですね。

ウェブ(WEB)ディレクターの給料・月収・年収

ウェブディレクターは、様々な作業を必要とされますが、30歳前後で700万前後の年収が妥当なラインでしょう。上場企業であれば上記の数字くらいになりますが、製作会社などですとあまり給料が上がりにくいので500万前後になってしまいます。利益率の高い会社で、給料を分配している企業というのは上場企業であれば見つけることができるので、よく見ておくと良いでしょう。新卒や入社2、3年目であれば300−450万程度が年収のラインになってくるでしょう。

ウェブ(WEB)ディレクターの必要資格・かかるお金

ウェブディレクターに特に資格は必要ありません。新卒からでもなれますし、未経験の転職者でもなることができます。スケジュール管理、予算管理、進捗管理、クオリティ管理、デザイナー、イラストレーター、エンジニアなどのディレクション業務、顧客折衝などが主な業務内容になります。資格はないですし、スキルを可視化するのは難しいですが、優秀なウェブディレクターは、自分で手を動かすことができて相手の気持ちになって仕事を振ることができる人です。資格は特にいりませんが、プログラミングスクールやデザインスクールに通っておくと、デザイナーやエンジニアの気持ちがわかるのでオススメですね。

ウェブ(WEB)ディレクターは未経験でなれるの?求人は?

ウェブディレクターは未経験からでもなることはできます。資格なども特にありません。ウェブディレクターと言っても他の職種や業種でもあるディレクターと同じような業務で、一緒にチームを組む人の管理、予算管理などディレクションという作業になります。未経験でも求人案件は結構ありますので、これからウェブ業界に飛び込んで見たい人、これまでデザイナーやエンジニアだったけどチャレンジして見たいという人にはぴったりです。

職種別求人一覧

各業種の職種別の求人が検索できます。給料がもっと欲しい・高収入、残業したくない、定時で帰れる、土日勤務なし、などの様々な条件から求人を検索して見ましょう。