求職者の目を引きつけるデザインの、求人広告の作り方

求人広告を作成するのに1番おすすめなサービスは「インディードの公式サイトへ」です。
CMでも話題ですが、求人を無料で作成することができて、人事採用担当者だけでなく誰でも気軽に使えるのが特徴です。
インディードの公式サイトへ

求人広告を作る際に参考となるデザインの例について

photo-1515222410484-613a51c43721

「人を採用したい」と考えた時に大事なのは、いい求人広告をデザインすることです。
ですが「いい求人広告」にしたくても、どんな広告のデザインがいい求人広告なのか判断するのは難しいもの。

他企業が掲載している求人広告を参考に

そういう時には、他企業が掲載している求人広告を参考にしてみましょう。
インターネット上では、日々、様々な企業が数多くの求人広告を掲載しています。業種や募集する人材は違えど「人材を採用したい」という考えは同じですので、求人広告のデザインを考える際にはとても参考になります

例えばどういう風に情報を配置しているのか、キャッチコピーはどのようなものを掲載しているのか、広告に使用する写真やイラスト、そしてフォントやカラーはどうしているのか、企業の求人広告には、デザインをする上で必要な情報が詰まっています。

全く同じデザインや内容で作るのはいけませんが、何もない状態で作り始めるよりも「こういう風にしたい」という例があれば、デザインは格段に考えやすくなります

競合企業とは違う訴求もできる

他の企業の求人内容や広告を見ておくことは、競合企業との差別化の為にも必要です。当然同じような広告を作ったところで真新しさなどはないので、求職者側も惹かれません。

ですから、他の企業とは違う、「どういう人が欲しいのか、どういう人に来て欲しいのか、どういう会社なのか」などクリアに分析してから作成することをオススメします。

企業のWebサイトで掲載している求人情報を参考にする際のポイント

企業のWebサイトで掲載している求人情報を参考にする際のポイントをまとめると、

  • どういう風に情報を選び配置しているのか
  • どのようなキャッチコピーを掲載しているのか
  • 広告に使用している写真やイラストはどんなものか
  • フォントやカラーはどういったものを使っているのか
  • その求人広告を見た時に、どこに目を引かれたか

という5つが重要です。

「どこに目を引かれたか」というのは大事

特に5つ目の「どこに目を引かれたか」というのは大事です。いい求人広告とは「求職者に読まれる広告」を指します。
どんなに素敵なデザインであっても、いかに素晴らしいキャッチコピーを考えたとしても、求職者に読んで貰えなければ何の意味もありません。

ではどうすれば求職者に読んで貰えるかと言うと、それは求人広告に目を止めてもらう事から始まります。
キャッチコピーに心を惹かれたとか、見た時のデザインが印象的であったとか、目を止る理由は求職者によっても違います

ですが、そのどれかによって求職者が、求人広告の目の前で足を止めてくれているのです。目を引くこと、求職者の心を引きとめること、それこそが「いい求人広告」への第一歩なのです。

「これは!」と目を引かれたものをメモする

それを踏まえて、企業がWebサイトなどで掲載している求人広告を見て、目を引かれたものを探してみましょう。そして良かった点をメモで抜き出してみましょう。求人広告を見た時に「これは!」と目を引かれたもの、それこそが「いい求人広告」のポイントなのです。

そう言った、目を引かれたポイントを例にしながら、これから作る求人広告のデザインの参考にしてみる事をオススメします。

採用を「無料」ではじめる

求人広告のデザインのコツは、目の前の相手に向けて語りかける事

photo-1511847628852-980ec678a438

まず1つ目に大切なことは、適切な情報を載せること

求人広告のデザインのコツは、適切な情報を載せることです。
人材を集める際に、どういうスキルを持った人を求めているかという情報は、企業としては出来るだけ多く、細かく載せたいものです。優秀な人材を採用したいと言っても、あれもこれもと情報を詰めこんでしまうと、なかなか応募が来ないという事にもなりかねません。

読み飛ばし防止の工夫を入れること

説明書などを読む時に、それが大事なものだとは分かっていても、読み飛ばしてしまったり、読むのを止めてしまった、なんて事もあります。求人広告に記載する情報も同じで、あまりにたくさんの情報が詰め込まれていると、求職者が読みにくく感じてしまいます。

あまりに情報を詰めこみすぎると、必要としているスキルが足りないと思われ、求職者が応募を踏みとどまってしまう可能性もあります。

基本的な業務内容などは必須

もちろん求職者も、募集している人材の内容や業務内容や、企業が掲げる理念、社風や環境、給与や勤務時間といった待遇などについての情報を求めています。そして求職者の中には必ず、企業が必要としている人材がいます。そういった必要な人材であっても、まず求人広告を読まれず、応募してもらえなければ、採用する事も出来ません。

求人広告とは「求職者に読んでもらうためのもの」

求人広告とは「求職者に読んでもらうためのもの」です。
優秀な人材を採用したいという気持ちはもちろん大事ですが、いかに求める人材であっても、まず求人広告を読んで貰えなければ始まりません。

では、どんな求人広告のデザインならば読んで貰えるかと言いますと、それは読んでもらう求人者のターゲッティグが重要となります。誰に読んで貰うために作ったものなのか、それを明確にする事が大事です。

不特定多数の相手に見られるものという意識をもつこと

求人広告とは、不特定多数の相手に見られるものです。ですが求めている人材とは、不特定多数の相手ではありません。求人広告とは必要としている人材、優秀な人材を採用するために作り、掲載しているものです。

「目の前にいるたった一人の求職者に向けて話しかけている」という事が大事

不特定多数の相手ではなく、必要としている人材に読んで貰うためには「目の前にいるたった一人の求職者に向けて話しかけている」という事が大事です。たった一人の求職者に向けて「必要としている」という事を企業が伝えるためにあるのが求人広告なのです。
不特定多数の大勢に向かって話しかけられているより、自分だけに向かって話かけてくれている方が興味を持つ事がでいますし、話しに集中も出来るでしょう。

求人広告の伝えるメッセージのポイント

  • 情報を詰めこみ過ぎないこと
  • ターゲッティングを明確にすること
  • 不特定多数ではなく、目の前の求職者に向けて語りかけること

この3点を念頭において、載せる情報をや文章、そしてキャッチコピーを考える事が求人広告をデザインする際のコツとなります。
まず「読まれる」こと、そして「読ませること」が求人広告のデザインにおいて重要な要素となります。

初めて求人広告を作る時には、テンプレートの利用がオススメ

photo-1466699514193-d2327ed2cccb

求人広告に載せる情報が決まって、いいキャッチコピーも浮かんで、いざチラシを作ろうと考えた際に頭を悩ませるのがデザインです。

必要な人材を得るためにいい求人広告を作ろうとしても、どんなデザインにすれば「いい求人広告」なのか判断するのは難しいものです。だからと言って、求人情報や企業の写真、イラストなどを適当に配置してみても、なかなか納得のいくデザインにはなりません。
そんな時に役に立つのが、インターネット上のWebサイトで公開されているデザインのテンプレートの活用です。

インターネット上では、求人や募集で利用出来るテンプレートを公開しているWebサイトが数多く存在します。

プロが作ったテンプレートを使うことも一つのアイデア

その中には無料で利用できるテンプレートや、プロのデザイナーがデザインした有料のテンプレートなどもあり、そのデザインも様々です。

業種の違いに関係なく利用出来るデザインのテンプレートも公開されていますし、細かく条件をつけて探していけば、これから作ろうとしている求人広告の理想となるデザインを見つける事も出来るでしょう。

Webサイトで公開されているこれらのテンプレートは、エクセルやワード、パワーポイントといったソフトで編集をする事が出来ます。これらのテンプレートを活用すれば、中に入っている文章を差し替えるだけで、配置やカラーなどのデザインに頭を悩ませる事なく簡単に求人広告を作る事が出来ます。

テンプレートのダウンロードに注意!

これらのテンプレートがどういったソフトで編集できるかは、利用するものによっても違うので、ダウンロードをする前にあらかじめ確認をしておきましょう。

また、テンプレートに著作権がある場合もありますので確認しておくと良いでしょう。

Webサイトで公開されているテンプレートは、どんなデザインにしたら良いか悩んだ時は、これから求人広告を作りたい時にとても役に立ちます。載せる情報は浮かんでも、全体のデザインが浮かばない、そういった時にぜひ活用してみてください。

また一から自分で求人広告をデザインしたいという際にも参考になりますので、一度見てみる事をオススメします。

求人広告の作成をするのにおすすめのサービス

求人広告を作成するのに一番おすすめなサービスは「インディードの公式サイトへ」です。
CMでも話題ですが、求人を無料で作成することができて、人事採用担当者だけでなく誰でも気軽に使えるのが特徴です。

インディードの公式サイトへ

採用担当者必見!無料で求人掲載できるindeedで効率的に採用しよう!

世界最大の求人検索エンジンであるindeedは、各企業の採用担当者の方が有料のオプションを設定しなければ、無料で求人を掲載できます。今回は無料で求人掲載可能なindeedについてご紹介します。

インディードで実際に採用して見てコストがいくらかかったのか?

indeedで無料で求人を掲載する

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Rplayの最新情報をお届けします

TwitterでRplayをフォローする