ジョブカンを使えばWEB上で勤怠管理や求人管理が簡単にできる

勤怠管理や求人管理は、毎日行うこともあるため、面倒に感じている担当者もたくさんいます。そこで、これらの管理をもっと楽にして、負担を減らすことができる、ジョブカンについて説明します。ジョブカンは、手軽に勤怠管理やシフト管理をするための機能が満載です。しかし、初めて利用するので不安に感じている方もいるはずです。そこで、実際にどんな機能が付いているのか、料金体系も合わせて紹介します。

勤怠管理のジョブカンとは

ジョブカンは、株式会社Donutが運営している、Web上で勤怠管理ができるサービスのことです。株式会社Donutは、WEBサービス事業を中心に、ASP事業やモバイルゲーム事業を行っています。

ジョブカンについては、勤怠管理を簡単に行うことができて、コストの削減をサポートすることができるクラウドシステムです。

ジョブカンを利用するメリット

このジョブカンを利用している企業は、ITや飲食関係、医療関係まで、様々な業種で取り入れられているシステムです。ジョブカンを利用するメリットは、何よりも従業員の出退勤の管理が楽になることです。例えば、出勤管理で、どの従業員が勤務中なのか、または休憩中なのか、遅刻はどれくらいなのかを、リアルタイムでチェックすることができます。

また、出勤や退出時間の打刻は、ICカードや指静脈、PC/タブレットでの直接打刻に対応しています。さらに、得意先や出向先からの直行直帰には、モバイル端末でGPSと連動して打刻することもできます。

飲食業などのサービス業が多い

他にも、アルバイトを多く抱えている、飲食業などのサービス業のために、従業員のシフト管理にも対応しています。

一日に必要な人員数に合わせて、自動でシフト作成してくれる機能があったり、従業員から申請された希望シフトが自動的に反映されて、それを元にシフトを作成できます。他にも様々な管理機能が付いているため、勤怠管理の手間を少なくすることができます。

ジョブカンのログインの仕方

photo-1511847628852-980ec678a438

管理者がジョブカンに本登録をすると、登録したメールアドレスにアカウント情報が添付されます。その情報を元にしてジョブカンにログインします。ただし、パスワードは個人情報のためセキュリティの観点から、メールにも記載されません。仮登録時に入力したパスワードを覚えておく必要があります。

専用ログインページからログインする

実際にログインする方法は、専用ログインページから、「勤怠会社ID」「グループ管理者ログインID」「パスワード」を入力します。また、管理者とは別に、スタッフ(従業員)のためのログインページもあります。こちらは、「勤怠会社ID」「メールアドレスまたはスタッフコード」「パスワード」の入力が必要になります。

ログイン方法でよくある、IDとパスワードの2つだけでログインする方法とは違い、ジョブカンの場合は、3つの入力項目があるため、セキュリティ対策もしっかりとしています。

ジョブカンのアプリ

photo-1491336440196-6d4fee45a05e

ジョブカンは、スマホやタブレットからの打刻にも対応していて、専用のアプリで利用することができます。アプリは、ジョブカンのアプリ専用ダウンロードページがあるので、そこからダウンロードすることができます。また、アップルストアやグーグルプレイなどの、アプリストアで検索してダウンロードする方法もあります。

アプリのデザインやアイコンは?

検索画面でジョブカンと入力すると、検索結果に表示される「J」というアイコンの、「ジョブカンワークフロー/経費精算」というアプリをダウンロードします。PC用の打刻アプリのTOP画面は、「勤務状況」「ログ表示」「各種設定」「夜勤モード」「打刻場所」「マイページ」の6つとシンプルになっています。利用する場合は、これや6つのボタンから専用ページへ移動します。

アプリを使うメリット

アプリを使うメリットは、例えば今までネットの環境が整っていない、土木建築や工場といった場合、アナログ形式のタイムカードで管理するしかありませんでしたが、スマートフォンが広まり、そういった端末からも、管理ができる新機能としてアプリを開発しました。これにより、ネット回線がない環境でも、勤怠管理が自動化できるようになりました。

ジョブカンの利用料金:無料でも利用できる

photo-1515222410484-613a51c43721

ジョブカンは、初期費用やサポート費用が無料で利用することができますが、無料の場合は、利用できる機能に制限があります。

無料プランを利用する場合

まず、無料プランを利用する場合は、「30日間の無料トライアル期間」を使って登録をします。このときは利用制限がないため、すべての機能を使うことができます。その後、無料トライアル期間終了までに、有料プランの申し込みをしないと、自動的に無料プランへと移行されます。

4つの機能に制限

そして、4つの機能に制限がかかります。具体的な利用制限は、「登録人数が10名まで」「データ保持1ヶ月」「チャット機能利用不可」「一部の印刷・データダウンロード機能の制限」などです。制限があるとはいえ、それなりに機能が使えるため、小規模のお店や会社であれば、それほど不便に感じることはありません。

ジョブカンの料金詳細は?

ジョブカンの料金とは ジョブカンを利用するときにかかる料金は、利用する人数やオプションによって変わっていきます。まずは「ユーザー1名につき月額200円」で出勤管理ができます。出勤管理は、打刻や出勤簿の労働時間の集計などが行えます。また、出勤管理とは別に、様々なオプションが付いています。

オプション金額

このオプションは、「それぞれ月額100円」になります。例えば、シフトの募集や申請、作成出勤簿との連携ができる「シフト管理」、残業や休暇、休日の出勤申請などができる「休暇/申請管理」、プロジェクトごとの工数が把握できて、データの分析も可能な「工数管理」など、便利な機能がオプションとして用意されています。また、ジョブカンの月額最低利用料金は、2000円となっています。

ジョブカンの口コミ

ジョブカンは、今まで従業員の勤務状況を管理していた、中小企業の社長や経営者、個人営業のお店の店長など、小さなお店から大きな会社まで、幅広い事業者で利用されています。

スケジュールの管理を効率的にできる

今までは、スケジュールの管理が面倒で、ひとりずつ管理をして調整する必要がありました。しかし、ジョブカンを利用することで、面倒な作業が楽になり、時間をかけずに管理ができるようになります。

集計業務の効率化ができる

ジョブカンを利用している人の口コミでも、「集計業務が大幅に削減することができた」や「勤怠状況をリアルタイムで知ることができるので、労働生産性を把握できるようになった」など、利用者の満足度が高い口コミがたくさんあります。

エクセル管理など面倒もない

また、ジョブカン導入前は、アナログ管理をしていたため、「従業員が増えていき、紙やエクセルファイルの管理が限界だった」や、「自社の就業規則が複雑なため、管理が大変だった」など、以前の管理に手間がかかっていましたが、ジョブカンを利用することで、「集計時間が半分以下になった」や、「勤怠を可視化することで管理者と従業員の意識改革することができた」など、様々なメリットがあります。

経費削減になる

何より使い勝手が良いため、簡単な設定で始めることができて、導入もそれほど手間がいりません。そのため、ITに詳しくなくても、スムーズに利用することができて、導入後は管理もしやすくなります。費用に関してもそれほど高額ではないため、「ジョブカンを導入したら経費削減になった」などの口コミもあります。

残業時間の大幅削減

その結果、ジョブカンの口コミをまとめると、今までの勤怠管理に不満や限界を感じていたなら、ジョブカンを利用することで、今までかかっていた時間を減らすことができます。さらに、従業員の勤務状況が簡単に把握できるだけでなく、無駄な労働時間も目で見て把握できるようになるため、残業時間の削減にも成功することができます。

採用担当者必見!無料で求人掲載できるindeedで効率的に採用しよう!

世界最大の求人検索エンジンであるindeedは、各企業の採用担当者の方が有料のオプションを設定しなければ、無料で求人を掲載できます。今回は無料で求人掲載可能なindeedについてご紹介します。

インディードで実際に採用して見てコストがいくらかかったのか?

indeedで無料で求人を掲載する

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Rplayの最新情報をお届けします

TwitterでRplayをフォローする