転職の面接時間の長さで、次に進めるか?採用されるか?関係はあるのか

転職活動において、履歴書、職務経歴書で応募して、書類選考を通過すると、企業側から面接の連絡があります。転職において、企業側との面接は重要なポイントになります。企業側との面接で、一次面接、二次面接など、状況によって異なると思いますが、一般的に面接時間は採用、不採用に関係しているのでしょうか?転職者にとっては気になる所です。

2018年10月最新! ▼当サイトで申込みが多いプログラミングスクール・教室はこちら!

【1位】ギークジョブ【20ヶ月連続1位!】 就職・転職成功率95%!上場企業へ内定

【2位】WebCamp PRO (ウェブキャンププロ)【就職転職保証・返金保証・年収300万上がる】

【3位】WebCamp(ウェブキャンプ)【5ヶ月連続!3位】

ほかにも多くのプログラミングスクールがありますが、現役エンジニアが利用して間違いないスクールを厳選しています。

実際にWebCampに通って上場企業へ転職、年収が上がったエンジニアの話 → プログラミング未経験からエンジニアへ

転職活動において、面接時間は一般的にどれくらいかかっているのでしょう?

rawpixel-711102-unsplash

転職活動の面接時間の長さは、一般的には平均30分〜1時間とされています。短い場合は、10分という短いケースもあれば、2時間ぐらいかかっている場合もあります。30分では短い印象がありますが、一次面接や二次面接、最終面接など状況によって、面接時間も異なってきます。

面接人数によっても異なる

例えば応募者が多く、企業側が面接で会う人数が多いなど、状況によって変わってきます。面接官の立場や人数によっても面接時間は変わってきます。企業側の姿勢で、応募者多数でも一次面接でよりたくさんの人たちと会うケースでは、1人あたりそんなに時間はかけられないので、30分でも短いとは言い切れないでしょう。

質問内容と一人にかける時間で異なる

もし、応募者が少なく、企業側がそれ程多くの人と会う予定がない場合、挨拶と自己紹介だけで10分〜20分ぐらいかかりますので、30分で面接が終わると短いと言えるでしょう。キャリアが長い、転職歴が多いなど、職務経歴に沿って話をすることになると、時間はかかってしまいますので、面接時間が長くなることは考えられます。

一次面接と二次面接、企業の規模や職種、応募者のキャリアなどによって面接時間の平均も変わってくることでしょう。

転職において面接時間が短いのは、不採用のサイン?

pexels-photo-70292

転職者や企業側の状況によっても変わってきますので、一概に面接時間が短いからダメだった、長いからうまくいったと一概に言い切れない側面はあります。

面接時間が短い場合

短い場合、企業側が応募者の自己紹介を受け、応募者に興味を持てなかった、採用の意思がない場合、時間を切ってしまうということも考えれますので、その場合、短い面接はよい傾向とは言えないでしょう。

面接時間が長い場合

面接時間が長い場合、企業側が応募者に興味があり、もっと話を聞きたいと時間が長くなることは考えられます。ただし、面接官の人数が多くいろいろ質問されると長くなりますし、面接の進め方などによっても時間は変わってくることもありますので、面接時間が長いから必ずしもいいとは言い切れないとは言えます。

面接官が応募者に興味があるケース

しかし、一般的に採用側や面接官が応募者に興味がある、採用するためにその人の人となりや働いてもらうことを前提とした場合のシミュレーション、企業側が応募者に入社してほしい場合は会社の魅力を伝えることもあります。

面接に時間がかかる場合、採用プロセスのポジティブな多くの要素が組み込まれ、面接時間が予定より長いと採用に至る可能性は高いことは否定できないでしょう。

転職活動の面接を受ける時、時間指定された場合はどうすれば?

pexels-photo-277390

転職活動の面接で、企業側から面接の時間を指定された場合、時間指定に面接に行けるようであれば問題はありません。

日程調整できるか確認する

まだ会社に在籍し、転職活動をしていて勤務時間中に面接時間を指定された場合、休暇を取得することは可能であるし、取っても面接に臨みたいと思えば、そのように進めていくのもいいでしょうが、在職中ということで日時調整してもらえるかどうか、尋ねてみてもいいでしょう。

18時や19時頃であれば、調整してもらえるケースは多い

企業側も応募者が在職中であることを理解していれば、仕事が終わる時間帯、18時や19時頃であれば、調整してもらえるケースは多いです。企業側から日程調整は難しいという回答があった場合、企業側としては調整をしてまでその応募者に興味を持っていないケースも考えれますし、企業としては、どうしてもその日程の間に済ませたいという企業側の事情も考えられます。

調整も仕事のスキルの1つ

転職者が、その企業に入社したいたという希望があり、自身で調整をして、やはり面接に臨みたいと思えば、そのように進めていのもいいでしょう。転職を進めていきたい意思が強くあれば、応募する企業に対して、応募職種や内容など、よく考慮した上で悔いの残らない判断が、転職には大事なことです。

転職活動での面接、予定されていた時間を調整したい

glass-time-watch-business

特に在職中の場合、業務が多忙であったり、急な出張が入ったりなど、現職の事情はあるでしょう。その場合、転職活動に時間的な制限があります。面接の時間調整を尋ねてみてもいいでしょう。

早い段階での時間調整を尋ねることは大切

可能な限り、早い段階での時間調整を尋ねることは大切です。企業側も応募者のために、その時間を調整していてくれているので、直前に連絡をして変えて欲しいと希望を伝えるのは、企業側に対してもよくないですし、時間管理や自己管理がうまくできない人と思われる可能性も高く、採用側にあまりいい印象を持たれない可能性も高くなります。

離職後、転職活動をしている場合、企業側との面接調整の時点で、採用側の予定と応募者自身の予定とで調整を図って決めることでしょう。その場合、できるだけ応募者側から日時変更の依頼をしない前提できちんと予定を決めていくことがいいでしょう。もし事情で変更をお願いしたい場合は、できるだけ早急に尋ねる、お願いすることが大切です。

自己管理も大切

企業側も面接のために、忙しい中、日時調整をしてくれていることを忘れないことを前提に伝える大事です。当日、体調が悪くて行けなくなってしまったという理由は企業側に対してよくないので、自己管理の上、進めることは大切です。

転職活動の面接日程や時間を取るのが、普段の仕事が忙しくて難しい場合はどうすれば?

time-calendar-saturday-weekend-60032

在職中で転職活動をしている場合、平日昼間の時間帯は時間ない、時間が取れない、仕事や業務で時間的な制限があります。企業側もそのことは理解してくれている場合は多いでしょう。職務経歴書を見れば、在職中であることはわかりますし、その上で応募者に面接に来てもらいたいということは、企業側としても、応募者に興味があり、話をしたいという意思表示であるとも言えます。

遅い時間でなければ、例えば、18時、19時ぐらいであれば、企業側も調整してくれる場合も多いので、夕方や夜の時間帯でお願いできるかどうか尋ねてみるのはいいでしょう。企業側がそのことに了承してくれれば、必ず行けそうな日時をいくつか候補として、企業側と連絡を取りながら、調整を図ってみるのはいいでしょう。

在職中に転職するなら調整を

応募者が面接への日時調整が難しいようであれば、在職中には転職は難しいかもしれないですし、もしどうしても転職したいという意思があるのであれば、可能な限り、自身で調整を考え、進めていくことは大切なことです。

ここで、考えることは、今転職したいのか、どういうタイミングで転職したいのか、転職について、転職活動について、自身の将来のビジョンを踏まえた上で、考え進めていくことも大切です。

転職活動において、面接の重要性を認識し戦略が必要

pexels-photo-261470

転職活動においてはプロセスがあります。シンプルに考えると次のようになります。転職についてまず考える、次に転職情報を集める。自身の経歴を洗い出して応募書類を作成する。選考が通過すると次には面接がある。

面接が終わると最終的な選考結果として、合否が決定する。このように考えていくと、採用に至る最終的なキーポイントは面接になり、採用プロセスの上で、とても重要な部分になります。

アピールするためにスキルや経歴を棚卸ししよう

企業側に呼ばれて面接に臨む場合、企業側に自信をアピールするために自身の経歴の洗い出し、自身の強みなどをよく考えて臨むこと、応募企業や応募職種についてよく理解した上で面接に臨むことが重要です。

面接で不明点をクリアにしよう

企業側や一緒に働く人たち、仕事内容など、応募者自身も選択する権利もあるので、お互いをよく知り、双方にとって、よりよい判断が下せるよう、自身をアピールするだけでなく、企業側や募集職など、不明な点は質問をしてクリアにするなど、転職活動をよい実り多いものにしていくために、面接の場を可能な限り最大限に使うことはとても大切なことです。

転職時のビジョンは大切

転職することで、1年後、5年後、10年後など、将来まで含めた自身のビジョン、展望を含め、考え、頭の中でよくまとめておくこと。企業側、採用側としても、知りたいことでもあるので、質問としてよく聞かれることでもあります。よく考え、まとめた上で、面接に臨むことが大切です。

rplay.me/11419

転職サイトに2、3個登録し、自分の市場価値を確かめることをお勧めします

2018年8月最新 ▼当サイトで申込みが多い転職サービスはこちら

【1位】BIZREACH(ビズリーチ)【10ヶ月連続1位】年収600万円以上の求人多数!

【2位】DODA(デューダ)【2位・非公開求人多数】・人気急上昇中

【3位】リクナビネクスト 【【未経験でも転職成功・適職無料診断】】

多くの求人サイトがありますが、人事採用担当者・転職エージェントの経験がある筆者が厳選しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Rplayの最新情報をお届けします

TwitterでRplayをフォローする