CODEAL(コデアル)の資料・特徴・料金・口コミ評判・運営会社

「高いスキルを持ったエンジニアをすぐに採用したい」「なるべくコストを抑えた採用活動を行いたい」と考えているのであれば、即戦力複業プラットフォームであるCODEAL(コデアル)を利用するのが最適です。今回はCODEAL(コデアル)の料金や利用しているユーザー、社数、特徴や評判などについて紹介しますので参考にしてみて下さい。

2019年2月最新! ▼当サイトで登録が多い副業・複業の方向けサービス

【1位】 Offers(オファーズ) 【10ヶ月連続1位】 登録無料!エンジニア・デザイナーなら

【2位】 ギークジョブ 【就職・転職成功率95%!上場企業へ内定】

【3位】 ギークスジョブ 【大手企業へ。年収アップで急上昇中!】

CODEAL(コデアル)とは

CODEAL(コデアル)

CODEAL(コデアル)とはエンジニアを中心に高いスキルを持った人材が多く登録している即戦力複業プラットフォームです。対等(CO)な取引(DEAL)ができるという意味を込めてCODEAL(コデアル)という名前がついています。

即戦力人材を最短7日で採用できる

即戦力人材を最短7日で実働することができ、仲介手数料はないのでコストを抑えて採用活動をすることができます。いきなり正社員として採用するシステムではないので、お互いが納得してから採用することができるというメリットがあります。

CODEAL(コデアル)の料金

CODEAL(コデアル)の料金について、初期費用や月額料金、その他の費用に分けて紹介します。

初期費用

CODEAL(コデアル)では広告掲載料を収入源としており求職者と企業が直契約を結ぶスタイルになっているので、初期費用は発生しません。

月額料金

初期費用と同様に、求職者と企業が直契約を結ぶスタイルになっているCODEAL(コデアル)では、月額料金なども特にありません。これらの料金が発生しない代わりに、エージェントが一緒に商談に参加するなどといったサービスがない合理的なシステムになっています。

その他の費用

年収800万円の採用の時の費用例では、1人あたり192,000円

求人代行作成やスカウト代行から応募した応募者にメッセージを送るための費用が必要です。CODEAL(コデアル)を利用するのに仲介手数料などは特にかかりませんが、年収800万円の人材を採用する費用例として、一人あたり192,000円が挙げられています。

料金の詳しい内容は、資料の請求や問い合わせなどをして確認してみて下さい。

CODEAL(コデアル)を利用しているユーザー・会社の社数

CODEAL(コデアル)を利用しているユーザーや会社の社数について紹介します。

ユーザーの人数

エンジニアを中心に7000人以上

CODEAL(コデアル)を利用しているユーザーの人数は、エンジニアを中心に7,000人を突破しています。エンジニア以外にもデザイナーやマーケッター、セールスなどの分野の人材も登録しており、さまざまな分野の人材にアプローチすることができます。

さらに経営・事業企画、広報・PR、カスタマーサポート、人事・総務などの管理部門のプロフェッショナルも登録しているので、会社全体の人材に利用することも可能です。経験豊富な20代後半~30代前半がメインユーザーになっています。

利用している社数

CODEAL(コデアル)には東証一部上場企業からスタートアップまで、600社を超える導入実績があります。主な導入企業はマイナビウーマンやスマートHR、グノシーやヌーラボなどです。

他にもベルフェイスやイベントレジスト、クラウドファンディングのキャンプファイヤーなどの会社が導入しています。

CODEAL(コデアル)の特徴

CODEAL(コデアル)の特徴を3つに分けて紹介します。

即戦力が3日で見つかる

CODEAL(コデアル)の即戦力複業プラットフォームを利用すれば、即戦力になる人材を3日で見つけることができます。

即戦力複業プラットフォームを利用する方法は、まず求人代行の作成やスカウト代行を行い応募状況を確認します。

応募書類にメッセージを送るには掲載課金への移行が必要になるので、課金するかしないかの判断をしっかり行うことが大切です。

応募から受け入れまで最短7日で実働可能

CODEAL(コデアル)は応募から受け入れまで最短7日で実働可能なので、即戦力にすぐに働いてもらえることができるという特徴があります。なぜそのようなことができるのかというと、いきなり正社員として採用するのではなく、まず複業から一緒に働くというスタイルになっているからです。

一般的に採用から実働までには、有給消化などの転職準備があるので、約3ヶ月ほどかかってしまうのではないでしょうか。CODEAL(コデアル)では副業から一緒に働くというスタイルをとることによって、通常受入までにかかる時間を約1/10にまで短縮することができます。

仲介手数料がかからない

CODEAL(コデアル)は仲介手数料なしの直契約になっているので、コストを抑えて採用活動を行うことができます。

例えば年収800万円の人材を採用して1年間働かせた場合、正社員だと報酬の800万円以外に採用費用が2,100,000円、交通費が182,040円、社会保険が1,040,000円かかり、トータルで11,322,040円程かかります。

派遣社員の場合だと、年収800万円の人材であっても派遣会社に支払う報酬額は10,800,005円にもなります。アルバイトや契約社員の場合は報酬の800万円以外に、採用費用が300,000円、交通費が182,040円、社会保険が1,040,000円かかり、これらを合計すると9,522,040円です。

一方、CODEAL(コデアル)を利用すれば、報酬の800万円以外に採用費用の192,000円がかかるだけなので、トータルしてみると8,192,000円で済むことになります。一番費用のかかる正社員とCODEAL(コデアル)の費用の差は3,130,040円にもなるので、CODEAL(コデアル)を利用することは採用コストを抑えるのにも役立ちます。

CODEAL(コデアル)の口コミ・評判

CODEAL(コデアル)を導入した企業の口コミは、「スキルの高いパラレルワーカーと切磋琢磨できている」「業務委託でスタートすることで稼働開始までの時間を縮めることができた」など評判も上々です。他にも「スキルの高いエンジニアを簡単に見つけられる」「大量のエンジニアをすぐに採用できた」などの口コミもあります。

このような口コミや評判から、CODEAL(コデアル)を利用するとスキルの高いエンジニアをすぐに採用できるということがわかります。また「人材紹介や人材派遣では解決できなかった即戦力人材をCODEAL(コデアル)で解決できた」などの口コミから、レアな人材にも対応可能であるということを知ることができます。

企業がCODEAL(コデアル)を利用したいと考えている背景には、事業の成長スピードを上げたいという考えや一緒に働いてお互いにマッチングしてから採用したいという考えがあるようです。スキル要件にマッチしたエンジニアが探しにくいという悩みを持った企業が多く利用していることが、口コミや評判でわかります。

またCODEAL(コデアル)を導入することによって、フリーランス採用の選択肢が増えたと評価している企業もあります。

CODEAL(コデアル)の運営会社

コデアル株式会社が運営

CODEAL(コデアル)の運営会社であるコデアル株式会社は、ボードメンバー2名とチームメンバー4名で運営しています。他に経営アドバイザリーや顧問など多彩な協力者の助言を得ながら運営を行っています。

コデアル株式会社が行っている事業内容は、対等な取引ができる即戦力複業プラットフォームとリモートワーク・複業導入支援サービスです。即戦力複業プラットフォームでは、高いスキルを持つフリーランスとコストを抑えて効率的な業務を行いたい企業を結び付けることを目的としています。

即戦力人材であるユーザー7000人の登録があり、東証一部上場企業からスタートアップまで600社を超える導入実績を誇っています。リモートワーク・複業導入支援サービスでは、人口減少による人手不足が問題となっている日本企業にリモートワークや複業導入支援サービスを提供しています。

CODEAL(コデアル)のリモートワーク・複業導入支援サービスを導入することによって、離れた場所で仕事をしていたとしても同じに場所にいるように感じる職場環境を実現することができます。他にも社内での副業許可申請フロー導入支援や社内Wifiネットワーク環境・セキュリティに関する導入支援を受けることが可能です。

コデアル株式会社ではこれらのサービスを提供して、「働くをもっと自由に」というビジョンを実現することを目指しています。さらにコデアル株式会社は世の中のあらゆる物事をシンプルにすることに取り組んでおり、これまでなかった最高の体験を世界中のユーザーに届け続けることをミッションとしています。

コデアル株式会社 / CODEAL Corporationの会社情報・概要

運営会社コデアル株式会社 / CODEAL Corporation
事業内容
代表取締役CEO 愛宕 翔太
資本金-
従業員数-
会社URL

副業・クラウドソーシングに関連するサービス

副業サービス一覧

rplay.me/12181

転職サイトに2、3個登録し、自分の市場価値を確かめることをお勧めします

2018年8月最新 ▼当サイトで申込みが多い転職サービスはこちら

【1位】BIZREACH(ビズリーチ)【10ヶ月連続1位】年収600万円以上の求人多数!

【2位】DODA(デューダ)【2位・非公開求人多数】・人気急上昇中

【3位】リクナビネクスト 【【未経験でも転職成功・適職無料診断】】

多くの求人サイトがありますが、人事採用担当者・転職エージェントの経験がある筆者が厳選しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Rplayの最新情報をお届けします

TwitterでRplayをフォローする