【短編コラム】はじめの一歩は早ければ早いほどいい。チャンスを掴む人が持っている1つの価値観。

シェアする

はじめの一歩は早ければ早いほどいい。

運を逃すのは、遅刻するからだ。

厳密には時間ギリギリというのは遅刻と同じだ。

締め切りというのは、その時点までにパーフェクトの状態で仕上げて欲しいという意味であって、間に合わせれば合格という意味ではない。

遅刻する人の共通点は、いつも取りかかるのが遅いことだ。

取りかかるのが遅いから、間に合わなくなって遅刻するのだ。

チャンスを掴んで次々に夢を実現させていく人は、「はじめの一歩」が猛烈に早い。

人生においてスポーツ以外は、すべてフライングするつもりでいこう。

3月1日から解禁になった就職活動。何も準備できていない、インターンシップができてない、自分の強みがわからないという方のために、

就活で大手内定強者・ホルダーが利用したサービスを厳選して紹介しています。

▼当サイトで申込みが多い就活サービス

【1位】MeetsCompany 【参加者内定率96%・サイバーエージェント等上場・優良企業早期内定・残席10席程度】

【2位】GEEK JOB【武器や学歴がない、不安な人の為のプログラミングの”無料”研修塾、上場企業へ内定】

【3位】ビズリーチ・キャンパス 【無料利用・大学のOBOGと気軽に繋がり、質問し、ほかと差をつけよう!】

ニクリーチ 【企業人事と焼肉を食べながら就活相談!】

就活サービスは多くありますが、現役人事担当者・企業経営者が厳選しています。本気で内定を欲しい、不安な方、自信がない方、効率的に就職活動を進めたい方は、3つとも登録することをお勧めします。

シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Rplayの最新情報をお届けします

TwitterでRplayをフォローする