Rplay [リプレイ] https://rplay.me 最高の人生・キャリアを選択できる就職・転職メディア Wed, 06 Mar 2019 08:29:41 +0000 ja hourly 1 https://wordpress.org/?v=4.6.14 https://rplay.me/wp-content/uploads/2016/11/cropped-logo-3-32x32.png Rplay [リプレイ] https://rplay.me 32 32 CODEAL(コデアル)の資料・特徴・料金・口コミ評判・運営会社 https://rplay.me/12181 https://rplay.me/12181#respond Tue, 26 Feb 2019 01:20:20 +0000 http://rplay.me/?p=12181 「高いスキルを持ったエンジニアをすぐに採用したい」「なるべくコストを抑えた採用活動を行いたい」と考えているのであれば、即戦力複業プラットフォームであるCODEAL(コデアル)を利用するのが最適です。今回はCODEAL(コデアル)の料金や利用しているユーザー、社数、特徴や評判などについて紹介しますので参考にしてみて下さい。

CODEAL(コデアル)とは

CODEAL(コデアル)

CODEAL(コデアル)とはエンジニアを中心に高いスキルを持った人材が多く登録している即戦力複業プラットフォームです。対等(CO)な取引(DEAL)ができるという意味を込めてCODEAL(コデアル)という名前がついています。

即戦力人材を最短7日で採用できる

即戦力人材を最短7日で実働することができ、仲介手数料はないのでコストを抑えて採用活動をすることができます。いきなり正社員として採用するシステムではないので、お互いが納得してから採用することができるというメリットがあります。

CODEAL(コデアル)の料金

CODEAL(コデアル)の料金について、初期費用や月額料金、その他の費用に分けて紹介します。

初期費用

CODEAL(コデアル)では広告掲載料を収入源としており求職者と企業が直契約を結ぶスタイルになっているので、初期費用は発生しません。

月額料金

初期費用と同様に、求職者と企業が直契約を結ぶスタイルになっているCODEAL(コデアル)では、月額料金なども特にありません。これらの料金が発生しない代わりに、エージェントが一緒に商談に参加するなどといったサービスがない合理的なシステムになっています。

その他の費用

年収800万円の採用の時の費用例では、1人あたり192,000円

求人代行作成やスカウト代行から応募した応募者にメッセージを送るための費用が必要です。CODEAL(コデアル)を利用するのに仲介手数料などは特にかかりませんが、年収800万円の人材を採用する費用例として、一人あたり192,000円が挙げられています。

料金の詳しい内容は、資料の請求や問い合わせなどをして確認してみて下さい。

CODEAL(コデアル)を利用しているユーザー・会社の社数

CODEAL(コデアル)を利用しているユーザーや会社の社数について紹介します。

ユーザーの人数

エンジニアを中心に7000人以上

CODEAL(コデアル)を利用しているユーザーの人数は、エンジニアを中心に7,000人を突破しています。エンジニア以外にもデザイナーやマーケッター、セールスなどの分野の人材も登録しており、さまざまな分野の人材にアプローチすることができます。

さらに経営・事業企画、広報・PR、カスタマーサポート、人事・総務などの管理部門のプロフェッショナルも登録しているので、会社全体の人材に利用することも可能です。経験豊富な20代後半~30代前半がメインユーザーになっています。

利用している社数

CODEAL(コデアル)には東証一部上場企業からスタートアップまで、600社を超える導入実績があります。主な導入企業はマイナビウーマンやスマートHR、グノシーやヌーラボなどです。

他にもベルフェイスやイベントレジスト、クラウドファンディングのキャンプファイヤーなどの会社が導入しています。

CODEAL(コデアル)の特徴

CODEAL(コデアル)の特徴を3つに分けて紹介します。

即戦力が3日で見つかる

CODEAL(コデアル)の即戦力複業プラットフォームを利用すれば、即戦力になる人材を3日で見つけることができます。

即戦力複業プラットフォームを利用する方法は、まず求人代行の作成やスカウト代行を行い応募状況を確認します。

応募書類にメッセージを送るには掲載課金への移行が必要になるので、課金するかしないかの判断をしっかり行うことが大切です。

応募から受け入れまで最短7日で実働可能

CODEAL(コデアル)は応募から受け入れまで最短7日で実働可能なので、即戦力にすぐに働いてもらえることができるという特徴があります。なぜそのようなことができるのかというと、いきなり正社員として採用するのではなく、まず複業から一緒に働くというスタイルになっているからです。

一般的に採用から実働までには、有給消化などの転職準備があるので、約3ヶ月ほどかかってしまうのではないでしょうか。CODEAL(コデアル)では副業から一緒に働くというスタイルをとることによって、通常受入までにかかる時間を約1/10にまで短縮することができます。

仲介手数料がかからない

CODEAL(コデアル)は仲介手数料なしの直契約になっているので、コストを抑えて採用活動を行うことができます。

例えば年収800万円の人材を採用して1年間働かせた場合、正社員だと報酬の800万円以外に採用費用が2,100,000円、交通費が182,040円、社会保険が1,040,000円かかり、トータルで11,322,040円程かかります。

派遣社員の場合だと、年収800万円の人材であっても派遣会社に支払う報酬額は10,800,005円にもなります。アルバイトや契約社員の場合は報酬の800万円以外に、採用費用が300,000円、交通費が182,040円、社会保険が1,040,000円かかり、これらを合計すると9,522,040円です。

一方、CODEAL(コデアル)を利用すれば、報酬の800万円以外に採用費用の192,000円がかかるだけなので、トータルしてみると8,192,000円で済むことになります。一番費用のかかる正社員とCODEAL(コデアル)の費用の差は3,130,040円にもなるので、CODEAL(コデアル)を利用することは採用コストを抑えるのにも役立ちます。

CODEAL(コデアル)の口コミ・評判

CODEAL(コデアル)を導入した企業の口コミは、「スキルの高いパラレルワーカーと切磋琢磨できている」「業務委託でスタートすることで稼働開始までの時間を縮めることができた」など評判も上々です。他にも「スキルの高いエンジニアを簡単に見つけられる」「大量のエンジニアをすぐに採用できた」などの口コミもあります。

このような口コミや評判から、CODEAL(コデアル)を利用するとスキルの高いエンジニアをすぐに採用できるということがわかります。また「人材紹介や人材派遣では解決できなかった即戦力人材をCODEAL(コデアル)で解決できた」などの口コミから、レアな人材にも対応可能であるということを知ることができます。

企業がCODEAL(コデアル)を利用したいと考えている背景には、事業の成長スピードを上げたいという考えや一緒に働いてお互いにマッチングしてから採用したいという考えがあるようです。スキル要件にマッチしたエンジニアが探しにくいという悩みを持った企業が多く利用していることが、口コミや評判でわかります。

またCODEAL(コデアル)を導入することによって、フリーランス採用の選択肢が増えたと評価している企業もあります。

CODEAL(コデアル)の運営会社

コデアル株式会社が運営

CODEAL(コデアル)の運営会社であるコデアル株式会社は、ボードメンバー2名とチームメンバー4名で運営しています。他に経営アドバイザリーや顧問など多彩な協力者の助言を得ながら運営を行っています。

コデアル株式会社が行っている事業内容は、対等な取引ができる即戦力複業プラットフォームとリモートワーク・複業導入支援サービスです。即戦力複業プラットフォームでは、高いスキルを持つフリーランスとコストを抑えて効率的な業務を行いたい企業を結び付けることを目的としています。

即戦力人材であるユーザー7000人の登録があり、東証一部上場企業からスタートアップまで600社を超える導入実績を誇っています。リモートワーク・複業導入支援サービスでは、人口減少による人手不足が問題となっている日本企業にリモートワークや複業導入支援サービスを提供しています。

CODEAL(コデアル)のリモートワーク・複業導入支援サービスを導入することによって、離れた場所で仕事をしていたとしても同じに場所にいるように感じる職場環境を実現することができます。他にも社内での副業許可申請フロー導入支援や社内Wifiネットワーク環境・セキュリティに関する導入支援を受けることが可能です。

コデアル株式会社ではこれらのサービスを提供して、「働くをもっと自由に」というビジョンを実現することを目指しています。さらにコデアル株式会社は世の中のあらゆる物事をシンプルにすることに取り組んでおり、これまでなかった最高の体験を世界中のユーザーに届け続けることをミッションとしています。

コデアル株式会社 / CODEAL Corporationの会社情報・概要

運営会社コデアル株式会社 / CODEAL Corporation
事業内容
代表取締役CEO 愛宕 翔太
資本金-
従業員数-
会社URL

副業・クラウドソーシングに関連するサービス

副業サービス一覧

]]>
https://rplay.me/12181/feed 0
Taimee(タイミー)の資料・特徴・料金・口コミ評判・運営会社 https://rplay.me/12178 https://rplay.me/12178#respond Tue, 26 Feb 2019 01:20:20 +0000 http://rplay.me/?p=12178 かつて日本では本業以外に何らかの仕事をし、収入を得ることはタブーとされてきました。しかしながら現在はその考え方が大きくかありつつあります。特に政府側が北行に対して条件付きで容認する方向性を打ち出したことは企業側が副業を容認していくことも大きな追い風となっています。現在さまざまな副業がありますが、ここでは特に近年注目されているTaimee(タイミー)について詳しく解説します。

Taimee(タイミー)とは

Taimee(タイミー)

Taimee(タイミー)は簡単に言えばワークシェアサービスを提供しているコンテンツです。Taimee(タイミー)には空いた時間で仕事をし、収入を得たいと考えている働き手と限定された時間にだけ人手が欲しいと思っている企業側がそれぞれ登録しています。

飲食店のアルバイトサービス

働きたいと考えている人は登録している企業がいつ働いてほしいのかを検索し、自分が働きたいと思った時間に働き手を募集している企業が見つかればコンタクトを取って実際に仕事をすることができるサービスです。

飲食業界ではホールスタッフや調理スタッフなど人手は必要不可欠であり、アルバイトは飲食業界にとって重要な戦力となっています。

ところが近年はアルバイトとして働いているメインの年齢層である若年層の人口が減少していることもあって、どの飲食店も深刻な人手不足に陥っています。

シフト制などで急病がでた人などの人員の補填もできる

更にアルバイトの場合はシフト制で働いてもらうこととなるのですが、急に病気などで休まれたため欠員が生じたりすることもありますし、飲食店の場合は特に団体での予約が急に入り、その時の人数ではとてもお店を回せないというケースもあります。

そういったときにTaimee(タイミー)を利用すれば雇用しているアルバイトだけではなく、その時点で仕事を探している若者を全て戦力に加えることができます。今までにない独自のビジネスモデルということもあり、飲食業界からはとても注目を集めている副業アプリの1つです。

Taimee(タイミー)の料金

Taimee(タイミー)を利用する際に料金はどれくらいかかるのか、公式サイトなどの資料を見ながらチェックしてみましょう。

初期費用

Taimee(タイミー)を利用しては働きたいと考えている人にもTaimee(タイミー)を利用して働き手を募集したいと考えている企業側にも登録の際にお金は一切かかりません。

月額料金

Taimee(タイミー)で働きたいと考えている人に対しての月額料金は徴収していませんし。働き手を募集したいと考えている企業側へも月額料金を徴収していません。

その他の費用

企業側がTaimee(タイミー)を利用したシステム料として、働いてくれた人に支払う日当報酬の30パーセント分の金額を支払う必要があります。働く側は報酬を企業から直接受け取ることになっているため、手数料などを徴収されることはありません。

Taimee(タイミー)を利用しているユーザー・会社の社数

Taimee(タイミー)はどれくらいのユーザーが利用し、どれくらいの企業が登録しているのでしょうか。

ユーザーの人数

現在Taimee(タイミー)に登録していて、仕事を探している「タイミーワーカー」は東京都内を中心に現在約35,000人いると言われています。

利用している社数

Taimee(タイミー)を利用している会社の数は現在約450社となっていて、「木村屋本店」や「サイバーエージェント」など世間的にも著名度の高い企業がTaimee(タイミー)を積極的に利用し、人材を確保しています。今後も企業数は増え続けていくでしょう。

Taimee(タイミー)の特徴

Taimee(タイミー)は2018年のサービス開始以来、急速にユーザー数を伸ばしています。Taimee(タイミー)の特徴や、利用することによって得られるメリットをチェックしてみましょう。

面接も履歴書も必要ありません

アルバイトをしてみようと考えてもすぐに働けるわけではありません。アルバイトとして働くためには面接を受ける必要があります。そして面接を受ける前の下準備として履歴書を提出しなければいけません。

履歴書を作成した経験のある人ならばわかるでしょうが、間違いがないようにしかも丁寧に文字を書くというのは時間がかかりますし精神的にも疲労します。さらには顔写真も必要となるため、証明写真を撮りにいかなければいけないという手間もかかります。

しかしTaimee(タイミー)では履歴書を企業に提出する必要も、面接を受けることもありません。自分が働きたいと考えている時間に人手を募集している企業が見つかりさえすればすぐに働くことができます。

履歴書や面接が必要なくなるというメリットの恩恵を受けるのは働く側だけではありません。人手を募集している企業側も面接を実施したり、履歴書を確認するといった採用に関する負担を大幅に軽減することができます。

Taimee(タイミー)を利用している企業のメインジャンルは飲食業界ですが、飲食業界が人手不足に悩んでいるときは特にとにかく1分1秒でもすぐに仕事をさせたいと考えています。

また働く側もお金を稼ぎたいときは面倒な手続きをせずにすぐに仕事が出来たらいいなと考えているものです。Taimee(タイミー)は働く側の要望にも働き手を探している企業側の要望にもマッチングしているとても画期的なサービスといえるでしょう。

日雇い労働なのでいろいろな人が来るため優秀な人材を発掘しやすい

Taimee(タイミー)での働き方は簡単に言えば日雇い労働みたいなものです。

その現場で働くのはその時だけで翌日からそこへ通う事はありません。長期的にアルバイトとして雇用する場合も長期雇用のための手続きや準備など、いろいろと手間がかかりますが、Taimee(タイミー)を利用して雇用した人員はその日だけしか仕事をしません。

ですからその日一日だけの準備をすればいいだけなので実際に働いてもらうための準備もそれほど必要ないでしょう。そして毎日代わる代わる色々な人が働きにやってきます。その中にはとても優秀な人材も居るでしょう。Taimee(タイミー)を利用することで、優秀な人材を見つけることができるかもしれません。

人手不足の解消

Taimee(タイミー)は先ほども書いた通り雇用する際の煩わしい手続きが必要ないので、働きたいと思ったらいつでも働くことができます。

例えば友達と遊ぶ約束をしていたのに、友達から急に当日遊べなくなったと言われ、その日一日何もすることが無くなった、という経験を誰もが一度はしたことがあるのではないでしょうか。

そういったときでもTaimee(タイミー)をチェックし、家の近所で人手を募集しているお店があれば面接なしですぐに働けます。Taimee(タイミー)を利用することによって時間を有効活用できるだけではなく収入を得ることができるのです。

人手が欲しい時にすぐに人員を補充できるTaimee(タイミー)のシステムを利用することによって、お店の近所に住んでいる人たちを即戦力として利用できます。

今後日本は少子高齢化が進むこともあって、今まで以上に人手不足になる可能性はとても高いです。Taimee(タイミー)はそんな将来迎えることになる深刻な人手不足を解消してくれる画期的なシステムと言えるでしょう。

Taimee(タイミー)の口コミ・評判

Taimee(タイミー)の利用者側の評判を見てみると、やはり履歴書や面接なしで働けるというシステムはとても好評で、順調にユーザー数を伸ばしている大きな要因の1つと言えるでしょう。

また働いたお金がすぐに振り込まれる点も高評価を受けています。いっぽう現在Taimee(タイミー)のサービスが東京都内に限定されているという点が指摘されていますが、Taimee(タイミー)はまだ発足して1年にもなっていません。

今後更にサービスが広がっていけば近い将来全国展開していくことでしょう。

Taimee(タイミー)の運営会社

株式会社タイミーが運営

Taimee(タイミー)を運営している会社は「株式会社タイミー (Taimee, Inc.)」です。特に注目すべきは代表取締役である小川嶺氏で、彼は現在まだ立教大学の現役学生です。

Taimee(タイミー)の資金調達について

Taimee(タイミー)はさまざまな企業に注目されています。
2018年8月10日の発表で、ジェネシア・ベンチャーズ、サイバーエージェント・ベンチャーズ、コロプラネクスト3号ファンド、F Ventures、複数の個人投資家らから総額5600万円を調達しています。

また、2019年1月10日に、サイバーエージェント、エン・ジャパン、オリエントコーポレーション、セブン銀行、西武しんきんキャピタル、名称非公開の上場会社ならびに個人投資家2名から3億円を調達に成功し、トータルで3億5600万円の資金調達をしています。

業界に必要とされるサービスを展開していることもあり、これからますます発展していくサービスと言えるでしょう。

株式会社タイミー (Taimee, Inc.)の会社情報・概要

運営会社株式会社タイミー (Taimee, Inc.)
事業内容インターネットメディア及びアプリケーションの企画・開発・運営、マーケティング、ブランディング、各種コンテンツの企画・制作
代表取締役小川 嶺
資本金80,000 千円 (資本準備金含む)
従業員数30人
会社URL

副業・マッチングサービスに関連するサービス

副業サービス一覧

]]>
https://rplay.me/12178/feed 0
Saleshub(セールスハブ)の資料・特徴・料金・口コミ評判・運営会社 https://rplay.me/12179 https://rplay.me/12179#respond Tue, 26 Feb 2019 01:20:20 +0000 http://rplay.me/?p=12179 「アポがなかなかとれない」「営業マンの精神的負担が大きい」など新規開拓営業に悩みを抱えていませんか。今回はそのような悩みを解決することができるSaleshub(セールスハブ)について紹介します。Saleshub(セールスハブ)の料金や利用しているユーザー・会社の社数、特徴や評判などについて紹介しますので、参考にしてみて下さい。

Saleshub(セールスハブ)とは

Saleshub(セールスハブ)

Saleshub(セールスハブ)とは、お客を紹介して欲しい企業とお客を紹介できる個人をつなげるマッチングサービスです。自社の事業に共感したサポーターにお客を紹介してもらえる完全成果報酬のリファラル営業サービスとなっており、知人からの商談アポのセッティングなので、テレアポや飛び込みと比べて成果が出やすく営業代行と比べて料金が安いという特徴があります。

Saleshub(セールスハブ)のサービスの流れは、まず企業側が紹介してもらいたい人の内容や事業内容を投稿します。紹介依頼の掲載は無料で行うことができます。

その投稿を見たサポーターの中で企業が求める商談相手に心当たりがあれば、紹介をお願いすることが可能です。

実際に紹介先の企業担当者とアポをセッティングする前に、サポーターと掲載企業担当者で事前打ち合わせすることもできます。事前打ち合わせすることによって、サポーターの事業に対する理解が深まったり、担当者と一度顔合わせすることによって紹介までのハードルが下がったりするなどのメリットがあります。

実際に足を運ぶことが難しくて事前打ち合わせができない場合は、ビデオミーティングなどで顔合わせをするようになります。協力金の仮払いはアポ日が確定してからです。

その後、サポーターに紹介してもらった相手との商談アポが終わったら、サポーターに協力金を支払います。Saleshub(セールスハブ)を利用するサポーターのメリットは、仕事として協力金がもらえる点です。

反対に企業側にはお客を紹介してもらえるメリットがあるので、サポーターと企業側の双方にメリットがあるサービスになっています。またSaleshub(セールスハブ)を企業が取り入れることによって、人事採用担当者が営業パーソンを採用する手間が省けるというメリットもあります。

Saleshub(セールスハブ)の料金

Saleshub(セールスハブ)の料金について、初期費用や月額費用、その他の費用に分けて紹介します。

初期費用

一般的な営業代行の会社に依頼すると数十万円の初期費用がかかりますが、Saleshub(セールスハブ)は完全成果報酬なので初期費用はかかりません。

月額料金

初期費用と同様に月額料金も完全成果報酬なのでかかりません。Saleshub(セールスハブ)ではノーリスクで新規顧客開拓ができます。

その他の費用

Saleshub(セールスハブ)の協力金には、アポのセッティングとビジネスの成約の2種類があります。アポのセッティングは必ず支払わなければならない協力金です。

アポのセッティングの料金は10,000円からで、それに別途35%(+消費税)の手数料がかかります。ただし、手数料の別途35%が10,000円を満たない場合は、10,000円(+消費税)が最低手数料として適用されます。

例えば協力金を10,000円に設定した場合は、協力金10,000円と手数料10,000円+消費税がかかり、総額は20,800円です。同様に協力金を20,000円に設定した場合は、協力金20,000円の他に手数料10,000円+消費税がかかるので、総額は30,800円となります。

協力金を30,000円に設定した場合は、手数料35%が10,000円を超えるので、協力金30,000円と手数料10,500円+消費税となり、総額 41,340円です。アポのセッティングに対する協力金の支払時期は、クレジットカードの場合だとアポ日決定後、3営業日以内に決済されます。

銀行振込の場合は、紹介先とのアポ日決定後、3営業日以内の振込みです。ビジネスの成約金は、サポーターから紹介してもらった方とビジネスが成約した際に発生する任意の協力金です。

ビジネスの成約金はアポのセッティングと同様に、協力金の別途35%(+消費税)が手数料として適用されますが、料金は企業のビジネスモデルに応じて自由に設定することができます。ビジネスの成約金に対する協力金の支払時期は、クレジットカードの場合だと紹介先との取引成約後、3営業日以内に決済され、銀行振込なら紹介先との取引成約後、3営業日以内に振込みされます。

詳しい料金の内容は、Saleshub(セールスハブ)に資料のダウンロードを依頼してみてください。

Saleshub(セールスハブ)を利用しているユーザー・会社の社数

Saleshub(セールスハブ)を利用しているユーザーや会社の社数について紹介します。

ユーザーの人数

Saleshub(セールスハブ)では業種や年齢問わず、11,000人以上のサポーターと呼ばれるユーザーが活躍しています。ITや人材、飲食や美容、コンサルなど業種を問わず、本業をしながら活躍しているサポーターが多いです。

利用している社数

Saleshub(セールスハブ)は、リクルートやエン・ジャパン、アトラエやウォンテッドリーなど1,400社以上の企業が活用しています。他にも活用している会社は、動画制作や映像作成を行っているクレボや日本初のAIヘッドハンティングサービスを展開しているスカウティなどがあります。

Saleshub(セールスハブ)の特徴

Saleshub(セールスハブ)の特徴を3つに分けて紹介します。

テレアポ件数を削減できる

Saleshub(セールスハブ)を利用すると営業活動を会社内で行うことが少なくなるので、テレアポ件数を削減することができます。テレアポを行わなくてもサポーターからお客を紹介してもらうことができるので、本業に専念できるというメリットがあります。

また飛び込みやテレアポなど、精神的に辛い営業から解放されることができます。

営業をほぼリファラルだけにすることができる

Saleshub(セールスハブ)を活用すれば営業をほぼリファラルだけにすることも可能です。リファラルという形なので精神的にもストレスになることはなく、費用を抑えながら営業活動を行うことができます。

これまで関わっていなかった業界のリードを獲得することができる

Saleshub(セールスハブ)を利用して成約をとることは、リード獲得にも役立ちます。さまざまなサポーターから紹介が来るSaleshub(セールスハブ)では、これまでのやり方ではタッチできなかった業界や業種のニーズを拾い出すこともでき、業界のリードを獲得することも可能です。

Saleshub(セールスハブ)の口コミ・評判

Saleshub(セールスハブ)の口コミの中には「利害だけでなく相手への貢献をしたいと考えているサポーターが多くいるので、利用していて安心」「飛び込み営業をしなくていいので、精神的にもストレスにならない」などの意見が多くあり評判も上々です。

他にも「サポーターにもアポに同行してもらうことによって商談が成立しやすくなる」などサービスの使いやすさにも定評があります。

Saleshub(セールスハブ)の運営会社

株式会社Saleshubが運営

Saleshub(セールスハブ)の運営会社である株式会社Saleshubは、2014年8月に設立した資本金9,700万円の会社です。これからはBtoB営業も共感の時代と考え、事業に共感した方にその事業に合う知り合いの企業を紹介してもらうことによって、より早く良い事業が広まる社会を目指しています。

株式会社Saleshubでは、Saleshub(セールスハブ)の使い方がいまいちわからない方や副業を検討している方に向けて、掲載企業のピッチや交流会などを楽しむことができるリアルイベントを定期的に無料で開催しています。また話題性のあるSaleshub(セールスハブ)というサービスを取り扱っている企業として、アスキーや日刊ゲンダイなど数々のメディアに取り上げられています。

他にも株式会社Saleshubで展開している事業の中には、Saleshub(セールスハブ)に掲載されている500以上のBtoB商材を自社で取り扱うことができる企業サポーター制度があります。企業サポーター制度では掲載中のすべての商材を自社の提案力の一部とすることができるので、課題を抱えたクライアントへ様々な提案が可能になります。

それによってお互いの信頼関係を強めながら、利益の向上につながります。

株式会社Saleshubの会社情報・概要

運営会社株式会社Saleshub
事業内容営業ツール「Saleshub」の運営
代表取締役江田 学
資本金(資本準備金含む) 9,700万円
従業員数-
会社URL

副業・マッチングサービスに関連するサービス

副業サービス一覧

]]>
https://rplay.me/12179/feed 0
シューマツワーカーの資料・特徴・料金・口コミ評判・運営会社 https://rplay.me/12180 https://rplay.me/12180#respond Tue, 26 Feb 2019 01:20:20 +0000 http://rplay.me/?p=12180 「人手が足りないけど、フルタイムではいらない」「優秀なIT人材が欲しい」このような悩みを持っていませんか。今回はこのような問題を解決することができるシューマツワーカーについて紹介します。シューマツワーカーの料金や利用しているユーザー・会社の社数、特徴や評判などについて紹介しますので、参考にしてみて下さい。

シューマツワーカーとは

シューマツワーカー

シューマツワーカーとは、プロフェッショナルな副業社員と人材不足の課題を抱えている企業をマッチングさせるサービスです。人材不足を解消させる方法は、外注に依頼したり正社員を採用したりする方法がありますが、それらの方法は問題点も多いです。

まず外注に依頼すると、依頼時の単価が高く、事前のやり取りに時間がかかってしまいます。また決められたサービス内容に限られてしまうという特徴があります。

正社員を採用する場合の特徴

正社員を採用する場合の特徴として、採用コストが高く採用までに時間がかかることが挙げられます。個人の業務領域に限られているので、仕事が増えたらさらに採用しなければなりません。

実働期間でコストが決まる

それに対してシューマツワーカーは、実働期間でコストが決まるので、外注への依頼や新たに人材を採用するよりも安いコストで利用することができます。マッチング後すぐに仕事を開始してもらえるので時間のロスもなく、様々な業務領域に対応できるというメリットがあります。

シューマツワーカーの利用方法は、まずWebで専用フォームから無料申込みを行いシューマツワーカーの担当者からメールか電話で連絡が来るのを待ちます。依頼した仕事内容とマッチングする人材が見つかったら、ワーカー候補者を推薦してもらうことができます。

希望があれば面談で予め面談で適性などをチェックすることも可能です。面談などでチェックして希望に合ったワーカーが見つかったら契約となり業務開始となります。

このようにシューマツワーカーでは、簡単な手順で優秀な人材を効率よく見つけることができます。働き方改革で副業したい人が増えている今だからこそ、優秀な副業社員を確保して事業を成長させることが有効であるといえます。

シューマツワーカーの料金

シューマツワーカーの料金について、初期費用や月額費用、その他の費用に分けて紹介します。

初期費用

残念ながら初期費用についての情報を見つけることができませんでした。詳しくはシューマツワーカーに問い合わせをして資料などで確認してみて下さい。

月額料金

初期費用と同様に月額料金の情報も見つけることができませんでした。シューマツワーカーに問い合わせをして確認してみて下さい。

その他の費用

その他の費用などもホームページで確認することができなかったので、資料請求などをして確認するのがいいでしょう。

シューマツワーカーを利用しているユーザー・会社の社数

シューマツワーカーを利用しているユーザーや会社の社数について紹介します。

ユーザーの人数

シューマツワーカーでは5,000人以上の様々なスキルを持った副業社員が、人手不足の企業の要望に対応しています。対応できる主な職種は、Webエンジニアやアプリエンジニア、Webデザイナーやマーケターなどです。

Webエンジニアの分野では、フロントエンドエンジニアやバックエンドエンジニアが新規Webサービスや新規機能の開発などを取り扱っています。RubyやPHP、Pythonなどのプログラミング言語に対応可能です。

アプリエンジンアでは、アプリ開発の専門スキルを持ったエンジニアが、開発プロジェクトや機能改修などを選任することができます。SwiftやJava、Kotlinなどのプログラミング言語に対応しています。

Webデザイナーの場合は、Webサービスやコーポレートサイト、クリエイティブ広告のグラフィックデザインやブランディングを制作することができます。UI/UXデザインやPhotoShop、Illustratarなどに対応可能です。

マーケターではWebマーケティングに効果的な広告運用や企業課題のプランニングを行っています。戦略設計やSNS広告運用、Web広告運用やSEOコンテンツマーケティングなどに対応することができます。

Webエンジニアやアプリエンジニア、Webデザイナーやマーケターなどの職種以外にも、経理や人事、広報PRや法務対応など様々な分野のプロフェッショナルが、ユーザーとして登録しています。

利用している社数

シューマツワーカーを導入している企業は、インフルエンサーマーケティングを展開しているVAZや動画とテクノロジーを軸にマーケティング事業やメディア事業を展開しているopen8など170社以上です。

他にもSaaS支援プラットフォームやメディアプラットフォームの事業を行っているスマートキャンプや理系採用のプロフェッショナル集団であるPOLもシューマツワーカーを利用しています。

シューマツワーカーの特徴

シューマツワーカーの特徴について、3つに分けて紹介します。

必要な時間だけ依頼できるのでコストを抑えることが可能

シューマツワーカーでは週10時間からの仕事を優秀な副業人材に依頼することができるので、低予算でリソース確保が可能となっています。

フルタイムで働くIT人材の報酬は大きな支出になってしまいますが、副業人材を活用すればコストを抑えて必要な時に必要な量だけ仕事を依頼することができます。

このようにシューマツワーカーを上手く活用すれば、企業の人材不足を解消できる上に、コストを抑えて仕事が依頼することが可能です。

幅広いスキルの即戦力人材をすぐに見つけることができる

シューマツワーカーには、約5,000人以上の人材が登録されているので、大企業や有名ベンチャーなどに勤めている幅広いスキルの即戦力人材をすぐに見つけることもできます。ITやWEB分野以外にも、人事や広報など幅広い分野の即戦力副業人材を取り扱っています。

万全のサポート体制が整っている

シューマツワーカーには、これまでに300件以上もの案件を手がけてきたノウハウや実績があります。このノウハウや実績を活用して、仕事を紹介した後も、企業と副業社員をサポートしてくれるので安心して利用することができます。

シューマツワーカーでは、企業と副業社員双方がより効率的に業務をこなせるような万全なサポート体制を整えています。

シューマツワーカーの口コミ・評判

シューマツワーカーの口コミでは「幅広くエンジニアを紹介してもらうことができる」「すぐに取りかからなければならない案件の仕事にも、優秀な人材をすぐに見つけてくれた」などの意見があり、評判も上々です。

他にも「エンジニアリング以外の業務にも対応してもらえて助かる」や「優秀なエンジニアがフレキシブルに動いてくれるのでありがたい」などの口コミもあります。

また「登録している副業ワーカーは優秀な方が多いので不便に感じることがない」などの意見も多く、利用している企業の満足度が高いことが口コミや評判から知ることができます。優秀なエンジニアが時間給でフレキシブルに働いてくれるので、特に正社員を雇うのは敷居が高いスタートアップ程度の規模感の会社にシューマツワーカーは使い勝手が良いようです。

他にもシューマツワーカーは料金の面だけでなく、採用する時間を短縮できるというメリットも評判が高い理由の一つとなっています。「お金をもらいながらスキルアップできる」など利用しているユーザーの評判も高いです。

シューマツワーカーの運営会社

シューマツワーカーの運営会社である株式会社シューマツワーカーは、2016年9月に設立した社員数32名の会社です。株式会社シューマツワーカーでは、働き方がどんどん変化している現代において副業したい人達と企業を繋げるサービスを提供しています。

良質なプラットフォームを提供する以外にも、定期的に座談会や相談会などをイベントを行って、エンジニア採用の課題に悩んでいる企業の良きアドバイザーとなっています。

またシューマツワーカーは新しい働き方を提供する会社として、SankeiBizやマイナビニュースなど多数のメディアに取り上げられています。

株式会社シューマツワーカーの会社情報・概要

運営会社株式会社シューマツワーカー
事業内容週末や平日夜などの空いてる時間に働ける企業様をご紹介する『シューマツワーカー』を運営
代表取締役CEO 松村 幸弥
資本金非公開
従業員数32人(業務委託、副業、インターン含む)
会社URL

副業・マッチングサービスに関連するサービス

副業サービス一覧

]]>
https://rplay.me/12180/feed 0
SPACEMARKET(スペースマーケット)の資料・特徴・料金・口コミ評判・運営会社 https://rplay.me/12186 https://rplay.me/12186#respond Tue, 26 Feb 2019 01:20:20 +0000 http://rplay.me/?p=12186 これからの日本は少子高齢化や経済の不安定さなどもあって先が見えない状態となっています。そのためこれから自分が今のままの収入で生活していけるのかについて不安を抱えている人も多く、副業を始めたり興味を持ったりする人が増えています。ネット利用が一般的になったこともあり、現在は今までにないような種類の副業がどんどん生まれています。SPACEMARKET(スペースマーケット)もそんな新しい副業の形として注目されています。

SPACEMARKET(スペースマーケット)とは

spacemarket

SPACEMARKET(スペースマーケット)とは、簡単に言えば「自分が所有するスペースを、そのスペースが利用したい人に向けて貸し出す」サービスを展開しているコンテンツです。例を挙げると現在外国人旅行者が増加していることもあって、民泊ビジネスがとても伸びてきています。

もし自分の家の中で全く使われていない一室があり、その部屋を近辺を観光する外国人旅行者に貸し出したいという場合にSPACEMARKET(スペースマーケット)を利用することによって利用者から利用料を受け取ることができます。

そのほかビルを所有していてなかなかテナントが入らなくて悩んでいる人でも登録し、部屋の貸し出しを募集することで企業側が会議や講義をおこなう際に利用してくれるなど、使われない部屋を活用するためにはとても便利なサービスと言えるでしょう。

SPACEMARKET(スペースマーケット)の料金

SPACEMARKET(スペースマーケット)を利用する際に何らかの料金が必要なのか、資料などを見ながらチェックしていきましょう。

初期費用

SPACEMARKET(スペースマーケット)に空きスペースを掲載する場合は一切費用はかかりません。

月額料金

SPACEMARKET(スペースマーケット)では月額の料金も一切発生しません。掲載するだけなら何ヵ月掲載しても無料です。

その他の費用

SPACEMARKET(スペースマーケット)では掲載したスペースが実際に利用され、使用料が利用者から支払われた場合にのみ手数料が発生します。手数料の内訳としては1日レンタルされた場合は支払われた料金の30パーセントが手数料として差し引かれます。

時間レンタルの場合でも同様に支払われた料金のうち30パーセントが手数料として差し引かれます。最後に民泊として利用された場合、差し引かれる手数料は売り上げのうち10パーセントだけです。

SPACEMARKET(スペースマーケット)を利用しているユーザー・会社の社数

SPACEMARKET(スペースマーケット)を現在利用しているユーザーの数や会社の数についてチェックしましょう。

ユーザーの人数

SPACEMARKET(スペースマーケット)のユーザー数は会社のサイトにも掲載されていないため判明しませんが、取り扱いスペースは12,000件を超えていて、利用しているユーザー数も2016年度と2017年度とを比較すると300パーセント増加しているなど利用者数は爆発的に増え続けています。

利用している社数

SPACEMARKET(スペースマーケット)を利用している会社の数も判明していませんが、サイバーエージェントやANA、マイナビなどといった名だたる企業がすでにこのサービスを有効活用しています。

SPACEMARKET(スペースマーケット)の特徴

ここではSPACEMARKET(スペースマーケット)の特徴や利用することによって得られるメリットについて解説していきます。

時間単位でスペースを貸し出しできる

SPACEMARKET(スペースマーケット)の大きな特徴の1つに「部屋を時間単位で貸し出しできる」というのがあります。例えばほかの民泊サイトなどでは一日ごとの貸し出ししか出来ないものが多かったりしますが、SPACEMARKET(スペースマーケット)では1時間あたりで部屋をレンタルすることが可能です。

時間単位で部屋を貸し出したり借りたりできるというのは借りる側にも貸し出しをする側にもとてもメリットが大きいと言えるでしょう。例えば普段は自分部屋を利用しているが、平日は会社や学校などに行っていて利用しないという人がたくさんいるのではないでしょうか。

そういった場合に滞在するスペースとして自分の部屋を貸し出すといった事が時間単位で利用できると可能になります。

また借りる側にとってもたとえば旅行の観光に来ていて宿泊はしないが次の場所に移動するまでの空き時間の間滞在するのに利用したいという場合でもSPACEMARKET(スペースマーケット)を調べれば時間単位でレンタルしている部屋を見つけることができます。

予約や売り上げの管理ができるツールがまとまっている

空き室をレンタルスペースとして貸し出す側としては予約や売り上げの管理は必ず行わなければいけない業務です。SPACEMARKET(スペースマーケット)には予約や売り上げの管理がスムーズにおこなえるツールがまとまっているため、利用者側としてはとても使いやすい印象を受けるでしょう。

例えばSPACEMARKET(スペースマーケット)のサイト上にはカレンダーのツールがあり、自分が登録した部屋を誰かが利用するとすぐにカレンダー上に反映されます。いちいち個別にメモを取らなくてもSPACEMARKET(スペースマーケット)のサイトをチェックするだけで予約の管理が可能になります。

また予約や問い合わせがあった顧客の情報は自動的に登録されるシステムになっていて、利用者の名前や当日の連絡先なども顧客情報を調べることによってすぐにチェックが可能です。更に月ごとの売り上げもワンクリックでチェックする事ができる上に自動でグラフ化されるので過去の実績と比較することも簡単です。

過去の実績と減殺の売り上げとを比較することによって問題点や改善点が浮き彫りになり、さらなる業績アップにつなげることができます。

プランごとの料金設定を自由におこなえる

SPACEMARKET(スペースマーケット)では登録した部屋は色々な用途に使われます。例えばパーティーなどに利用する場合、運営側はその準備にいろいろと手間をかけることになります。

そういった場合にSPACEMARKET(スペースマーケット)では通常よりも料金を割り増しにするなど、用途に応じて部屋を提供する側がさまざまな料金プランを設定することができます。

また使用する目的だけではなく、使用する日時によっても利用料金を設定することが可能なので顧客と提供者との間で自由な取引が行える点も大きなメリットと言えるでしょう。

SPACEMARKET(スペースマーケット)の口コミ・評判

SPACEMARKET(スペースマーケット)の今までになかったビジネスモデルは日本中で大絶賛されています。例えば堀江貴文氏は自身のツイッターのつぶやきに「これは素晴らしいアイデア。俺もやりたかった」とその先鋭的なビジネスモデルを高く評価しています。

では実際に利用している人からの評判はどうなのか、口コミをチェックしてみると、良い口コミと悪い口コミの両方が確認できます。

良い口コミ

良い口コミを見てみると、例えば会議室として空いたスペースを探すためにSPACEMARKET(スペースマーケット)をチェックしてみると、ほかのサイトにはない非日常を感じる場所を提供してもらえたりするので新たなアイデアが湧いてくる、といった意見が見られました。

これはSPACEMARKET(スペースマーケット)に登録されている空きスペースの件数が多いからこそなせる業だと言えるでしょう。また、空きスペースがなかなか見つからなくてツイッターでつぶやいていたらSPACEMARKET(スペースマーケット)から直接ツイートが来て部屋をレンタルできた、という声も寄せられています。

つぶやいた本人は軽い気持ちだったのでビックリしたのかもしれませんが、こういったきめ細かなサービスをしてもらえると利用する側としては嬉しいものです。スペース探しに迷っていたらSNSで呟いてみるとSPACEMARKET(スペースマーケット)から良い物件の提案があるかもしれません。

悪い口コミ

一方、悪い口コミでは主にサイトやアプリの不具合によるものが大多数でした。これらは後々運営側が改善していくことによって解消されていくでしょう。

SPACEMARKET(スペースマーケット)の運営会社

株式会社スペースマーケットが運営

SPACEMARKET(スペースマーケット)を運営している会社は「株式会社スペースマーケット」です。本社は東京都新宿区にあります。

会社の設立は2014年1月と比較的新しいのですが、その今までになかったビジネス体系から前述した通り急激に利用者が増加していることもあって、現在は資本金12億円を超えているとても大きな会社です。

株式会社スペースマーケットの会社情報・概要

運営会社株式会社スペースマーケット
事業内容スペースシェアリングプラットフォーム「スペースマーケット」の運営
代表取締役代表取締役 重松 大輔
資本金1,240,585,800円(資本準備金含む)
従業員数50人
会社URL

副業・シェアリングエコノミーに関連するサービス

副業サービス一覧

]]>
https://rplay.me/12186/feed 0
BizGROWTH(ビズグロース)の資料・特徴・料金・口コミ評判・運営会社 https://rplay.me/12182 https://rplay.me/12182#respond Tue, 26 Feb 2019 01:20:20 +0000 http://rplay.me/?p=12182 従業員に副業を許可する企業が増え、副業を行うことが珍しいことではなくなっています。社内に不足している専門的なスキルを持った人材を求める企業と、副業をしたいと考えている人とをマッチングさせるサービスが増えてきていますが、数あるサービスの中からここではBizGROWTHを紹介します。特徴や料金について詳しく見ていきましょう。

BizGROWTH(ビズグロース)とは

BizGROWTH

BizGROWTHは、企業と副業をしたい人とをマッチングさせるクラウドソーシングです。依頼者は法人に限定されており、副業をしたい受注者側のワーカーは大手企業を中心とした現役会社員のスペシャリストです。

依頼者が利用するには、まず会員登録を行い、プロフィール登録をします。そして、BizGROWTHが予め用意しているジョブカタログから依頼したい内容を選択し、ワーカーの募集を行います。

この際、応募者を待つだけではなく、ワーカーのプロフィールを確認して、応募してもらいたい人材にオファーを出すこともできます。応募があると、仕事内容と料金の擦り合わせを行うための事前相談に進みます。

依頼者と受注者の双方で仕事内容と料金の合意が得られた時点で仕事が開始します。両者間で契約書を交わす必要はありません。

仕事が開始した時点で発注者は料金の仮払いをBizGROWTHに行っておきます。受注者から発注者への納品が行われ、納品物の検収が終了すると、案件が完了となり、受注者に報酬が支払われる仕組みになっています。

BizGROWTH(ビズグロース)の料金

発注者が会員登録を行っただけでは料金は発生しません。また、仕事の依頼後に応募してきた応募者との間での事前相談を行うときはBizGROWTHが日程調整を行いますが、調整を行ってもらうことによる料金も発生しません。

受注者と合意した料金のみが支払い対象です。料金の支払いは依頼を行った仕事単位で、システム上で完結させる仕組みになっています。

初期費用

一切かかりません。

月額料金

一切かかりません。

その他の費用

受注者と合意した料金を支払う必要があります。BizGROWTHはシステムを利用するための料金として受注者から報酬金額の30%を徴収しますが、依頼者からはシステム利用料を徴収していません。

BizGROWTH(ビズグロース)を利用しているユーザー・会社の社数

利用しているユーザー数も会社の社数も公表していません。

ユーザーの人数

ユーザー数は公表していないため不明です。

利用している社数

利用している社数は公表していないため不明です。ただ、BizGROWTHのサイトに掲載されている「実施事例紹介」欄からは「アパレル企業」、「EC運営会社」が、「ご利用された方の声」欄からは「IT企業」が依頼企業の業態として含まれていることがわかります。

BizGROWTH(ビズグロース)の特徴

一般的に仕事を依頼する際は、依頼書という受注者に渡す資料が必要ですが、BizGROWTHは、ジョブカタログという依頼書を用意しています。ジョブカタログには、「依頼の概要」、「受注者との事前相談の際に発注者が用意すべき資料の一覧」、「納品物」、「仕事の進め方」、「予算の目安」、「納期の目安」が記述されています。

2019年2月時点で、ジョブカタログは17の領域で91件用意されています。具体的には、「SEO対策」に7件、「リスティング広告」に7件、「アフィリエイト」に5件、「SNS広告」に6件、「リマーケティング広告」に3件、「ウェブ集客」に3件、「EC」に3件、「インバウンド集客」に8件、「アクセス解析」に5件、「広告」に10件、「システム開発」に7件、「業務システム化」に2件、「UIUX」に3件、「営業・営業企画」に6件、「人事・採用」に6件、「経理・財務」に6件、「経営企画」に4件です。

依頼したい仕事がジョブカタログに無い場合は、BizGROWTHにジョブカタログの追加をリクエストすることにより、随時ジョブカタログが追加されます。依頼者はジョブカタログを選択して、募集を行います。

受注者側は応募に際して、ジョブカタログの確認ができます。業務内容が事前にわかり、最低報酬額である予算の目安が示されていますので、応募しやすくなります。

また、BizGROWTHは受注者側がプロフィールを登録する際に、身に付けているスキルと経歴をできるだけ詳細に記述するように求めています。良い書き方の例も示していますので、示された例に沿って記述することにより、依頼者の目に留まりやすくなります。

続いて、BizGROWTHの特徴と、その特徴による依頼者側のメリットを説明します。

ジョブカタログが用意されている

特徴の1つ目は、仕事の依頼書に相当するジョブカタログが用意されていることです。依頼書を用意せずに、募集する仕事の概要だけを提示して募集を行っても応募者が集まらない場合があります。

自ら依頼書を作成するとしても、依頼書の作成に慣れていない場合は抜け漏れが生じる可能性があります。抜け漏れがあると、応募者がいたとしても、応募者のスキルとのミスマッチが発生したり、仕事の事前調整に時間がかかってしまったりすることがあります。

また、事前に報酬額を示しておかないと、応募者が集まらない場合があります。応募者がいたとしても依頼者の考える報酬額と応募者の考える報酬額とに相当な開きがあった場合は話がまとまらずに、応募者を再度募る必要が生じます。

ジョブカタログが用意されていることによるメリットは4点あります。1点目は、自ら依頼書を作成する必要が無くなることです。

2点目は、既に完成されたジョブカタログを利用してスムーズに依頼を行えることです。3点目は、業務範囲が明確にされているジョブカタログを元に応募者と相談ができるため、期待する納品物が納期内に得られやすいことです。

4点目は、応募者が報酬額の目安を理解した上で応募するため、報酬額の交渉を行う際に揉める可能性が低いことです。

料金体系が分かりやすい

特徴の2つ目は、シンプルでわかりやすい料金体系です。初めて仕事を依頼する依頼者にとっては、どのような成果が得られるか不明なのにも関わらず、システムへの登録料や月々の費用が発生する料金体系になっていると、予算が立てにくくなります。

しかし、そのような費用は発生せず、ジョブカタログに示されている予算の目安を基準にして応募者と報酬額を話し合い、合意した報酬額の支払いが唯一発生する費用です。この料金体系によるメリットは予算が立てやすくなることです。

現役のスペシャリストに仕事の依頼ができる

特徴の3つ目は、大手企業に勤めている現役会社員のスペシャリストに仕事の依頼ができることです。依頼者は、応募者のスキルと経歴を見て受注者を選定しますが、大手企業に勤めて経験を積んでいる人ばかりなので、安心して発注できます。

この特徴によるメリットは、依頼者の期待する能力のミスマッチが起こりにくく、期待する納品物を得られることです。

BizGROWTH(ビズグロース)の口コミ・評判

ジョブカタログが用意されているため依頼しやすい

仕事を依頼したことのある依頼者からは良い評判を得ています。「ジョブカタログが用意されているため、依頼がしやすい。

また、業務範囲が明確にされているため、依頼内容をまとめる必要が無く、準備の工数がほとんどかかっていない。加えて、現役のプロが対応するため、安心して依頼することができた。受注者は大手企業に勤めており、スキルが高かったので、こちらへの指示が的確で安心してお任せできた。今後も継続して依頼したい。」という口コミがあります。

また、「アフィリエイトエキスパートレビューと採用改善を依頼した。顕在的な課題だけでなく、手法さえ知らなかった採用改善も依頼できた。

応募者は業界では有名な企業に勤めている人ばかりのため、安心感があった。得られたアウトプットは、具体的な施策を一覧にまとめたものであり、そのまま実行すればよいレベルだったため、実行するイメージがわき、すぐに活用できる。業務メニューが増えたら、また依頼したい。」という口コミもあります。

BizGROWTH(ビズグロース)の運営会社

株式会社リクルートが運営

1960年3月に創業し、東京都千代田区に本社を置く株式会社リクルートです。

組織人事・キャリア・労働市場に関する調査・研究や政策提言、人工知能・機械学習・サンサーなどの新技術の研究開発、ベンチャー企業への投資、中小企業の経営者を対象にした経営と金融のサポートを主なサービスとして展開しています。

株式会社リクルートホールディングスのグループ企業です。

株式会社リクルートホールディングスの会社情報・概要

運営会社株式会社リクルートホールディングス
事業内容BizGROWTHの運営
代表取締役代表取締役社長 兼 CEO 峰岸真澄
資本金100億円
従業員数609名
会社URL

副業・クラウドソーシングに関連するサービス

副業サービス一覧

]]>
https://rplay.me/12182/feed 0
Bizlinkの資料・特徴・料金・口コミ評判・運営会社 https://rplay.me/12183 https://rplay.me/12183#respond Tue, 26 Feb 2019 01:20:20 +0000 http://rplay.me/?p=12183 「自社の集客や売上向上を目指しているけど、良きアドバイザーが見つからない」「まだ立ち上げたばかり会社なので、優秀な人材を採用できない」などの悩みを持っていませんか。そんな時はBizlinkを利用するのが最適です。今回はBizlinkについて、料金や利用しているユーザー・会社の社数、特徴や評判について紹介しますので参考にしてみて下さい。

Bizlinkとは

Bizlink

「ビジネスとビジネスがLinkする」というキャッチフレーズを持つBizlinkは、フリーランスや副業者が時間や場所、箱にとらわれない新しい働き方を実現できるハイエンド特化型のフリーランス・副業者マッチングサービスです。

登録しているユーザーは、常駐エキスパート、トップエキスパート、Bizlinkerとランクが分かれているので、費用や依頼したい案件の内容によって選ぶことができます。

Bizlinkで依頼できる案件は、主にECサイト開発エンジニアなどのフロントエンドエンジニアや新規サービスサイト開発エンジニアなどのバックエンドエンジニア、受託及び事業会社での制作ディレクターなどです。フルタイム常駐からリモート案件まで、様々な案件を取り扱っています。

Bizlinkとは、経営の課題に合った独立専門家がクラウド上で見つかり、具体的な相談や解決依頼ができる専門家のシェアリングサービスなので、ビジネス上の悩みについて最適なエキスパートの相談にのることができます。

さらに集客や売上向上を目的としたブランディングやマーケティング、広告運用やECなどを採用する以外にも、完全紹介制で厳選した独立専門家(20代後半〜40代前半)を月1回や週1回の業務委託契約で活用することも可能なので、経営に専門家の知見やノウハウ、経験を取り入れられます。

Bizlinkの料金

Bizlinkの料金について、初期費用や月額料金、その他の費用に分けて紹介します。

初期費用

Bizlinkの初期費用に関する情報は公開されていません。

月額料金

初期費用と同様に月額料金の情報も公開されていません。

その他の費用

料金に関して詳しい情報を知りたい場合は、Bizlinkに直接問い合わせをして資料などを請求してみて下さい。

Bizlinkを利用しているユーザー・会社の社数

Bizlinkを利用しているユーザーや会社の社数について紹介します。

ユーザーの人数

Bizlinkに登録しているユーザー数は、公式サイトから知ることはできませんでした。しかしブランディングやマーケティング、広告運用やEC、アプリ開発等の企画やディレクションのできる人材が多く登録されているようです。

利用している社数

利用している社数も公式サイトから知ることができませんでした。社数はわかりませんが、ビジョンの高い成長途上の企業が多く利用しているようです。

Bizlinkの特徴

Bizlinkの特徴を3つに分けて紹介します。

ハンズオン型支援でハイクオリティな人材がフレキシビリティに確保できる

Bizlinkはハンズオン型支援になっているので、成果が見えやすく事業成長に貢献することができるという特徴があります。アドバイスだけの従来の顧問契約ではなく、実際のクライアントとの商談に同席することも可能です。

また提案資料作成やアナリティクス解析等も行っているので、社内で生じる課題解決や新たなビジネスの際に役立ちます。急成長したベンチャー企業にかかわった経験のある専門性の高い優秀な人材を厳選し登録したのがBizlink expertです。

このBizlink expertに依頼すれば短時間の契約でも高いパフォーマンスを発揮することができます。このようにBizlinkは優秀なその道の専門家を必要に応じて活用することが可能です。

さらにBizlinkでは最短翌日からのスタートも可能です。契約頻度も月1回から選ぶことができるので、優秀な人材を必要な時に必要なだけ利用できるという特徴があります。

WEBやIT、デジタル会社出身独立エキスパートに特化しているBizlinkでは、ベンチャー出身の20代〜40代前半の評判の高いエキスパートのみに限定していますが、人脈を必要とする営業や経営コンサル領域は50代〜60代のシニア顧問チームが対応しています。

人工アルゴリズムによるレコメンドマッチング機能を利用

Bizlinkの個人と法人のマッチング方法は、一般的なクラウドソーシングサービスが採用している応募制とは異なり、悩みに合った最適なエキスパートを人工知能の独自アルゴリズムと独自選定基準に則って抽出しています。人工アルゴリズムによるレコメンドマッチング機能を利用して、候補者を最大3名選ぶシステムになっています。

さらに、Bizlinkではチャット相談を通じて課題を抽出し、優秀な人材である登録エキスパートが様々な機能を駆使して解決に導いてくれることができるため、専門外の領域でも安心して利用することができます。

Bizlinkの活用シーン

Bizlinkを活用すれば、事業会社なら外注先への丸投げ体質を改善させることができます。元々外注サイドで経験を積んだその道のプロが相談にのってくれるので、自社で機能を持たずにパートナー会社へ外注してきた丸投げの体制を改善させることにつながります。

自社運用するべくインハウス化を図る際のサポートを行っています。WEB制作会社なら専門的なスキルやノウハウ、知見を一時利用ができます。

専門性が高く複雑な要求に対して、各分野の専門家が登録しているBizlinkを活用することができるという特徴があります。BizlinkにはSEOやリスティング、データベースなどの専門家が登録しているからです。

これらをピンポイントで活用することによって、自社のリソースではカバーしきれないシーンなどで活用することができます。中小・ベンチャー企業では、プロジェクト型人材活用が最適です。突然の人材不足や事業拡大を図るための人材が必要な中小・ベンチャー企業に対して、一定の期間や週1、2回などの頻度で活用することもでき、フレキシブルに活用することも可能です。

Bizlinkはフルタイムで長期雇用の必要性のある正社員採用ではなく、ピンポイントに活用できる人材も取り扱っています。したがって中小企業やベンチャー企業などの資金力が少ない企業でも気軽に利用でき、人材不足で事業を停滞させることなく、自社を成長させることができます。

Bizlinkの口コミ・評判

Bizlinkを利用している会社の口コミや評判は公式サイトで知ることができませんでしたが、ユーザーの評判を知ることができました。ユーザーの評判では「マーケティングやメディアの立ち上げに参画するなど案件の幅が広がった」「新しいWEBサービスの開発企画を任されるまでにステップアップできた」など満足感が高いです。

Bizlinkの運営会社

株式会社Growtherが運営

Bizlinkの運営会社である株式会社Growtherは、2015年5月に創業し、独立専門家による経営コンサルティングやキュレーションメディア運営、組織・人事コンサルティングやクラウドソーシング事業などを展開している会社です。「本当の成長(幸福)」を問い続ける経営理念とし、クライアントにとって本当の成長(幸福)とは何かを日々追求することを使命としています。

株式会社Growtherにとってのクライアントとは「想いのある経営者」です。大義を掲げた想いのある経営者には、人手や情報はいくらあっても足りないものではないでしょうか。

そのような会社のサポートを株式会社Growtherは行っています。労働力人口が減少している日本社会では、優秀な人材を正社員で採用するのはハードルが高くなっています。

崇高なビジョンはあるけど出逢う機会に恵まれず結果的にヒト不足で倒産してしまうような会社を救うことが、株式会社Growtherの活動目的としている所です。この活動目的を実現させるために、株式会社Growtherは優秀な人材を資本(キャピタル)と捉え、それらを「流通」させることによって「機会の不均衡」をなくす努力をしています。

具体的にはプロジェクトのゴールに合わせて時間や場所、箱に捉われない最適な社会を創ることです。これらの事業を展開させることによって、志しを達成する企業を増やし、成長(Growth)に関わっている集団が、株式会社Growtherであるといえます。

エヌ・ティ・ティ・ビズリンク株式会社の会社情報・概要

運営会社エヌ・ティ・ティ・ビズリンク株式会社
事業内容Bizlinkの運営
代表取締役代表取締役社長大井 貴
資本金1億円
従業員数263名
会社URL

副業・マッチングサービスに関連するサービス

副業サービス一覧

]]>
https://rplay.me/12183/feed 0
WORKSHIP(ワークシップ)の資料・特徴・料金・口コミ評判・運営会社 https://rplay.me/12184 https://rplay.me/12184#respond Tue, 26 Feb 2019 01:20:20 +0000 http://rplay.me/?p=12184 WORKSHIPはハイスキルのパラレルワーカー、フリーランスの人材を、課題を抱える企業とマッチングさせる新しい採用サービスです。人手が足りないけれど、どのように募集したら良いのか分からない、必要なスキルを持った人材を採用したい、といった企業の問題を解決してくれます。ここではWORKSHIPの料金や特徴、利用しているユーザーや企業の数などについて紹介していきます。

WORKSHIP(ワークシップ)とは

workship

WORKSHIPとはデジタル業界に特化したスキルシェアサービス、採用支援サービスです。WORKSHIPで取り扱っているのはデザイナーやエンジニア、マーケター、さらに人事や広報といった、需要はあるものの採用が難しい職種が多いです。

WORKSHIPにはこうした職種でパラレルワーカー、フリーランスの人材が多く在籍しています。独立だったり収入を増やす目的で登録している人材を企業へ紹介・採用支援をしているので、企業側から見ても高いスキルを持った人材の確保が難しい部門において人員を補えるので、メリットが大きいサービスです。

また、ユーザーにとっても報酬の交渉を企業と直接行えたり、週一での就業やリモートワークなど働き方を選べるので、複業に向いています。デジタル業界に特化しているため、自分のスキルを磨いたり試す場としてもぴったりです。

WORKSHIP(ワークシップ)の料金

WORKSHIPがユーザーにとっても企業にとってもメリットのあるサービスですが、利用する際の費用がいくらになるのか気になりますよね。以下で採用企業側から見たWORKSHIPの初期費用、月額料金、その他の費用について説明します。

初期費用

WORKSHIPを利用するための初期費用は、2019年8月末まで無料となっています。2017年に始まった比較的新しいサービスで、認知度を上げるためにスタートアップキャンペーンを行っているからです。

登録料金が必要なサービスもありますが、WORKSHIPは上記の期間中なら完全無料で利用できるので、スキルシェアサービスを試してみたい場合は早めに登録するのがおすすめです。

月額料金

初期費用同様、2019年の8月末までは月額料金もかかりません。雇用の際の報酬や給与についてはユーザーと直接やり取りするため、仲介料や採用をスムーズにするためのサポート料金などもかかることはありせん。

期間中なら企業は徹底的にコストを削減しながら、通常の求人募集では集まらないようなハイスペックな人材を確保することができます。また、掲載期限や掲載求人数も無制限なので、長期的に募集したいプロジェクトだったり、必要な人材を採用できるまでずっと掲載しておくことも可能です。

その他の費用

期間限定で企業完全無料キャンペーンを行っているため、初期費用、月額料金に加え、通常15万円するマッチングの成果報酬も無料となっています。その他にも募集プロジェクトの作成、写真素材作成、電話フォローなど、通常有料で行っているオプションも完全無料で利用できます。

期間中なら企業にとって必要なスキルを持った人材を余計な費用や手間をかけずに採用することができます。また、一から採用しようとすると広告費や人件費などがかかりますが、WORKSHIPを使えば出来る限りコストを抑えて必要な人材を採用することが可能です。

WORKSHIP(ワークシップ)を利用しているユーザー・会社の社数

WORKSHIPを利用して優秀な人材を採用してみたいけれど、どのくらいのユーザーが利用しているのか、また利用している企業は何社あるのか気になりますよね。以下で実際に利用しているユーザー数や社数はどのくらいなのか見ていきましょう。

ユーザーの人数

2018年の資料を見てみると、ユーザーは3,000人を突破しているようです。デジタル業界に特化していることや、ハイスペックな人材だけ、という点でもかなり限定されるので、これだけの人数が登録しているというのは特筆すべき点でしょう。

副業が解禁されたばかりなのでまだ様子見の人も多いですが、すでにフリーランスで働いている人や一部のエンジニアなどはWワークを行っていることも多いです。WORKSHIPでは高額案件を取り扱っているので、高いスキルは求められますがこれからも登録する人は増えていくでしょう。

利用している社数

WORKSHIPを利用している社数については詳しい資料は見つかりませんが、フリーランスのエンジニアやマーケター、他企業に勤める優秀な人材が多く集まっていることから、多くの企業が利用しているようです。

ホームページで取引企業を見てみると、大手航空会社や人材サービス、IT企業などが名を連ねていて、信頼度が高いことが分かります。特にWEB関係でディレクターやマーケター、デザイナーなど様々な職種の人材を提供しているため、業界問わず利用している企業は多いようです。

働き方が柔軟性のあるものに変わってきている昨今、利用する企業はもっと増えることが予想されます。

WORKSHIP(ワークシップ)の特徴

WORKSHIPには利用する企業側から見ると、プロフェッショナルな人材が多く在籍していること、雇用期間を自由に設定できること、ユーザーと直接交渉できることなどのメリットや特徴があります。以下ではこの3点について詳しく見ていきます。

デジタル業界に特化

WORKSHIPの運営元である株式会社GIGは、創業者の経験から特にデジタル業界に強みを持っています。そのため、WORKSHIPもデジタル業界に特化した人材や案件が集まっています。

シェアスキルサイトには様々なものがありますが、業界を絞ることでより優秀な人材を集めやすく、案件も揃えやすいというメリットがあります。そのため、WORKSHIPにも他の企業が欲しがるハイスペックな人材が多いのが特徴として挙げられます。

柔軟な雇用体制

WORKSHIPでは多種多様な働き方ができるようになっています。企業にとっても短期間で終わるのではなく、一つのプロジェクトが終わるまで、週一回の会議への参加、など雇用期間を自由に設定できるのが特徴です。

ユーザーにとっても他企業で働きながらWORKSHIPを利用する場合、隔週や月一など、無理のない範囲で働くことができます。双方にとって柔軟な雇用体制が選べることは、業務を遂行する上で大きなメリットになります。

報酬は直接交渉

WORKSHIPでは成功型報酬で、報酬額は案件元の企業とユーザーとの直接交渉によって決められるのが特徴です。チャットを利用して決めるためWORKSHIPは介入せず、企業やユーザーの裁量に委ねられています。

さらに作業の進捗状況の確認などもチャットを通じてリアルタイムに知ることができるので、企業としても安心して利用することができます。

WORKSHIP(ワークシップ)の口コミ・評判

WORKSHIPを利用しているユーザーの口コミには「高収入案件が多く、収入を増やすことができる」「月一や週一など働き方が自由で、Wワークでもオーバーワークにならない」「仕事が見つかるのは一都三県だけだったが、リモートワークが可能」などの評判があります。基本的にWORKSHIPでは時給4,000円以上の案件を取り扱っていて、高いスキルが求められています。

一方、利用する企業の口コミでは「デジタル業界に特化していて、他では見つからないような優秀な人材を紹介してもらえる」「一定期間だけ、人が足りないチームの一員として働いてもらえるなど、柔軟な人員補充ができる」などの評判があります。また、雇用や報酬などの条件は直接交渉となるため、仲介料など余計な費用もかからず企業にとってメリットは大きいようです。

WORKSHIP(ワークシップ)の運営会社

株式会社GIGが運営

WORKSHIPを運営しているのは株式会社GIGという会社です。2017年4月に設立された比較的新しい企業です。

代表取締役は学生時代からモバイルマーケティングやITベンチャー企業数社に参加していて、在学中から投資業務やコンサルティング業務に従事していました。現在の会社を立ち上げる以前に株式会社LIGを創業、代表取締役に就いています。

システム開発やデザイン制作、シェアオフィス事業など、在学中に培ったノウハウにより展開し会社を100人規模に成長させています。これらの経験から株式会社GIGを立ち上げ、WORKSHIPというサービスを中心に運営しています。

株式会社GIG (GIG inc.)の会社情報・概要

運営会社株式会社GIG (GIG inc.)
事業内容フリーランスプラットフォーム「WORKSHIP」運営
代表取締役代表取締役 岩上貴洋
資本金-
従業員数60人
会社URL

副業・マッチングサービスに関連するサービス

副業サービス一覧

]]>
https://rplay.me/12184/feed 0
サグーワークスの資料・特徴・料金・口コミ評判・運営会社 https://rplay.me/12185 https://rplay.me/12185#respond Tue, 26 Feb 2019 01:20:20 +0000 http://rplay.me/?p=12185 ホームページやブログのアクセス向上のためには、優れたコンテンツの掲載が必要不可欠となります。魅力的な記事を手軽に入手したい場合には、記事作成サービスの活用が便利でおすすめです。記事作成サービス会社のひとつであるサグーワークスについて、その特徴や料金や評判などを資料に基づいて詳しく確認してみましょう。

サグーワークスとは

サグーワークス

日本最大級の記事作成代行サービス

サグーワークスは日本最大級の記事作成代行サービスです。受託型の記事作成サービスとなっており、説明文や体験談やコラムやハウツーなど、様々なジャンルにわたる記事のニーズに対応します。

ライター側は在宅ライティングサービス

記事作成を担当するライターとのやりとりは全て任せることができますし、記事の品質や納期はしっかりと担保されます。高品質な記事の作成を、オンラインで手軽に依頼することができるのです。

サグーワークスの料金

サグーワークスの料金は、「1文字あたりの料金×文字数」により決定されます。1文字あたりの料金は記事作成を担当するライターのグレードにより異なり、グレードの高いライターに依頼する場合には料金が高く設定されるのです。

最もグレードの高いプラチナライターに専属形式で記事作成を依頼する場合には、1文字あたりの料金は6.7円からとなっています。タスク形式で記事作成を依頼する場合の1文字あたりの料金は、プラチナライターは4.5円から、ゴールドライターは2.3円から、レギュラーライターは1.2円からとなります。

初期費用

サグーワークスには初期費用の設定はありません。料金は1契約ごとに前払いまたは後払いのいずれかになります。

クライアントはオンライン発注と、オーダーメイド発注がある

サグーワークスにオンライン発注プランで記事作成を依頼する場合には、料金の前払いが条件となります。ホームページの「ご発注フォーム」から申し込みのページを開いて、必要な事項を入力して申し込んでください。

1記事からの発注が可能ですが、合計金額が5,000円未満の場合には別途事務手数料の支払いが必要になります。料金の支払い方法については、銀行振込・クレジットカード払い・コンビニ払いのいずれかを選ぶことができます。

月額料金

サグーワークスには月額料金の設定もありません。大量の記事を必要とする場合や、継続的なサービスの利用を希望する場合には、オーダーメイドプランの活用を検討してみてください。

オーダーメイドプランは請求書で後払い

サグーワークスにオーダーメイドプランで記事作成を依頼する場合には、料金は後払いでOKとなっています。まずはホームページの「ご相談フォーム」から問い合わせをして、その後は専属の記事作成ディレクターと相談しながら作業を進めることになります。

オーダーメイドプランの発注条件は、予算20万円以上からとなっています。記事の納品後に請求書が送られ、料金の支払い方法は銀行振込のみとなります。

その他の費用

記事作成を依頼する場合にはオプションで、記事に合わせた画像を発注することができます。画像は写真素材サイトから選定されたものとなり、1記事に1枚の画像が添付され料金は1,000円になります。

その他にはライターによるURL投稿や、ライターが撮影した写真の投稿、弊社編集者によるコンテンツ企画などのサービスをオプションで利用することができます。さらに通常の記事作成とは料金体系が異なる、特殊コンテンツの募集にも対応します。

サグーワークスを利用している利用しているユーザー・会社の社数

実際に記事作成サービス会社を選ぶ際には、利用しているユーザーや会社の数などが参考になります。登録するライターの数が多ければスピーディーで高品質な記事の納品が期待できますし、利用する企業の数が多ければ信頼性が高いと判断できるのです。

具体的な資料に基づいて、サグーワークスを利用しているユーザーや会社について確認してみましょう。

ユーザーの人数

サグーワークスに登録するユーザー(ライター)の数は、20万人以上となっています。ライターは独自の基準により3つのランクに分類されており、利用目的や予算などに合わせて自由に選ぶことができます。

最もランクの高いプラチナライターは、テストに合格したスキルの高いライターのみとなっています。プロライターと同等の高品質の記事を、プロライターよりも安価な料金で作成できるというメリットがあります。

ゴールドライターは一定以上のレベルを備えたライターであり、厳しいルールに基づいた記事に対応することができます。レギュラーライターは通常のライターですが、厳しい基準で行われるチェックに合格した記事のみが納品されるため、低料金で十分な品質を確保することが可能です。

利用している社数

サグーワークスを利用している社数は、累計で2600社以上となっています。サグーワークスは幅広い業種の企業からの、様々な依頼に対応しているのです。

実際にサービスを利用する企業については原則非公開となっていますが、公式ホームページ上の「お客様の声」でその一部を知ることができます。

インターネット企業の株式会社グリーや、メガネのe-コマースサイトを運営するオーマイグラス株式会社、情報メディア企業の株式会社リクルートマーケティングパートナーズ、各種メディアを展開する株式会社キュービックなどが紹介されています。

サグーワークスの特徴

高い効果と品質を兼ね備えた記事を提供することが、サグーワークスの特徴です。SEOを意識した記事作成に特化することで、訴求力の高いハイクオリティーなコンテンツを実現します。

さらにライターとの面倒なやり取りが不要になることや、厳しいチェックによる品質管理なども、サグーワークスの特徴となっています。それぞれのメリットについて、さらに詳しく確認してみましょう。

SEOに強い記事を提供

まずは検索エンジンの上位に表示されることが、多くのユーザーを集めるための重要なポイントになります。優れた内容の充実したコンテンツであっても、ユーザーの目に触れなければ意味がないのです。

サグーワークスは元々はSEOを専門としていた会社であり、10年以上の経験で培った様々なノウハウを有しています。検索エンジンの上位に表示される高品質な記事を提供することで、集客率の大幅な向上を実現します。

ライターとの面倒なやり取りが不要に

一般的なクラウドソーシングサービスでは、記事作成を依頼する際にライターと様々なやり取りを行うことになります。良質な記事を入手するためには企業が求めるイメージを正確に伝えることや、さらに納期や報酬などの様々な課題を解決することが必要です。

サグーワークスは受託型の記事作成サービスであり、ディレクションや納品管理は全てサグーワークスが行います。ライターとのやり取りを一括して任せることで、企業の担当者はコンテンツ作成などの本来の業務に専念することができるのです。

厳しいチェック体制で品質管理も万全

記事の品質を確保することは、優れたコンテンツを作成するための重要な条件だといえるでしょう。文章の無断盗用や重複はコンテンツの品質を下げるだけでなく、SEO対策にも様々な不具合を及ぼすことになります。

サグーワークスでは独自のシステムによるコピーコンテンツのチェックを行い、記事がオリジナルであることを確認しています。さらに20名以上のチェッカーが目視検査を行うことで、文章の言い回しや誤字脱字などシステムでのチェックが難しい部分を確認し、高品質の記事の納品を可能としているのです。

サグーワークスの口コミ・評判

メディアの運営を自社で行ってきたのですが、良質な記事を確保するために苦労してきました。クラウドソーシングサービスを活用して記事を募集したこともありますが、ライターとのやり取りなどに手間がかかる一方で、高品質の記事を入手することは難しいと感じました。

サグーワークスを選んだのは、ライターとのやり取りを一括して任せられると聞いたことがきっかけです。実際に試してみると記事の品質は良好で、読者からの評判も良くPV数も向上しました。現在はオーダーメイド発注を活用して、担当ディレクターのアドバイスをコンテンツ企画の参考にしています。

サグーワークスの運営会社

サグーワークスの運営会社は、株式会社ウィルゲートです。主にコンテンツマーケティング事業や、メディア事業などを手掛けています。

株式会社ウィルゲートの経営理念は、価値あるヒトやモノ・サービスが評価される社会を実現し、コンテンツの作り手を変えることでwebの世界を変えることです。本社は東京都の渋谷区にあり、設立は2006年で従業員数は約150名となっています。

株式会社ウィルゲートの会社情報・概要

運営会社株式会社ウィルゲート
事業内容クラウドソーシング「サグーワークス」の運営
代表取締役代表取締役CEO 小島 梨揮
資本金6,000万円
従業員数149名
会社URL

副業・クラウドソーシングに関連するサービス

副業サービス一覧

]]>
https://rplay.me/12185/feed 0
副業・複業サービス「Offers(オファーズ)」の口コミ・評判・料金・運営会社 https://rplay.me/12167 https://rplay.me/12167#respond Mon, 25 Feb 2019 10:57:54 +0000 http://rplay.me/?p=12167 「隙間時間・土日・仕事の後に稼ぎたい」「面白いサービスや事業に本業以外でも関わりたい」という人が利用する副業・複業サービスは増えています。今回はハイクラスのエンジニア・デザイナーに特化したマッチングサービス「Offers」のメリット・口コミなどについてご紹介します。

Offers(オファーズ)とは

Offers

Offers(オファーズ)とは、新しくリリースされた副業・複業をしたいハイクラスのエンジニア・デザイナーと副業・複業人材を受け入れたい企業のマッチングサービスです。

企業側は、ハイクラスのエンジニア・デザイナーと繋がれる

サイバーエージェント、AbemaTV、DeNA、メルカリ・メルペイ、Gunosy、ミクシィといった大手IT企業に所属しているエンジニアやデザイナーと繋がることができるので事業やサービスに対してのアドバイス、実際に手を動かしてもらうことができます。

大手IT企業で経験と実力のある、ハイクラス人材を活用することで自社のエンジニア・デザイナーの教育やスキルアップにも繋げることができたり、事業を効率的に進めることができるのが大きな特徴です。

ワーカー側はワンタップで登録し、オファーを待つだけ

副業や転職サービスにありがちな煩雑な履歴書登録などが不要で、Linkedin、Github、Qiita、dribbleなどのソーシャルサービス・スキルサービスを活用することでログインすることができ、非常に簡単に始めることができます。

Offers(オファーズ)の利用料金・費用

学生団体

初期費用

企業とワーカー側の利用の入口がありますが、マッチングサービスであるためワーカー側は初期費用はかかりません。企業側は利用についてはお問い合わせより問い合わせてみてください。

月額料金

企業とワーカー側の利用の入口がありますが、ワーカー側は月額の利用料金はかかりません。企業側は利用についてはお問い合わせより問い合わせてみてください。

その他の費用

特に利用料金はかかりません。

Offersの利用をしている従業員・社員の利用者数と利用している会社の社数

swot

従業員の人数

利用されている企業は公開されていませんが、副業・複業マッチングサービスとなっていますので、利用する会社の従業員の数は特に限定されておりません。

副業・複業人材の受け入れをしている企業であれば、問題なく利用することができます。

利用している社数

利用している企業社数は公開されていません。

Offers(オファーズ)の特徴とメリット

photo-1527153818091-1a9638521e2a

優秀なエンジニア・デザイナーに絞り込んで検索できる

優秀なエンジニアやデザイナーは確保することが非常に難しくなってきています。転職エージェント、転職サイトなど複数ありますがどこも人材獲得のために広告費を多くかけています。

しかし、中々採用できないという声がある中で、Offersでは直接優秀な人材を検索できる仕組みになっています。

リファラルリクルーティングが可能!

offers

企業の採用担当者の繋がりを生かしたリファラルリクルーティングが可能です。「こんな人いない?」という問題を解決して、自社との繋がりがある方を採用できる可能性があります。

タレントプールとなる機能

タレントプールとは人材を確保しておいて、自分たちのサービスや事業に必要なタイミングで声をかけたり、採用する事を言います。

Offersでは採用担当者のコメントなどを残すことによって採用タイミングを逃さずに、良い人の採用へと繋げることができます。

Offers(オファーズ)の口コミ・評判

photo-1513506003901-1e6a229e2d15

Offersの口コミや評判はまだありませんが、副業サービスとして新しくリリースされています。

また、Offersの運営元が、副業・複業に活用できるウェブサイトを公開しているので、副業を始めたい人、副業人材を活用したい企業はぜひ参考にしてみてください。

Offers(オファーズ)の運営会社

ビジネス

株式会社overflowが運営

株式会社overflowは2017年6月に創業された企業です。代表取締役は、鈴木裕斗・田中慎となっています。株式会社overflowは、「時間をふやす」というビジョンの元、金融メディアやコンテンツマーケティング事業を展開している企業です。

世の中の非効率を解決するというミッションの元、サービスや事業を開発・提供しています。

株式会社overflowの会社情報・概要

運営会社株式会社overflow
事業内容メディア事業、コンテンツマーケティング事業
代表取締役代表取締役鈴木裕斗・田中慎
資本金
従業員数22人(業務委託・インターン含む)
会社URL

副業・マッチングサービスに関連するサービス

副業サービス一覧

]]>
https://rplay.me/12167/feed 0