人事・採用担当者の仕事内容とは?求人情報の掲載一覧

シェアする

本

人事と採用担当者は別々の仕事として職種が分けられている会社と、どちらも一人で行う会社があります。また、採用の中でも新卒採用なのか中途採用なのかによっても異なります。

人事・採用担当者の未経験、就職、転職求人の例

消費者庁の内閣府事務官(消費者庁総務課)と文化庁の平成30年度文化庁事務と株式会社カワタの企業内保健師となどの人気の求人情報が掲載されています。Rplayでは未経験、初心者、高収入、土日休み、各都道府県ごとの地域、職種ごとの求人情報を多数掲載しています。

人事の基本的な仕事内容

YUSEI_9V9A5412_TP_V

人事の基本的な仕事内容は、現在働いている社員のモチベーション管理、ポジションが最適かどうか、キャリアなどの相談、人材管理系を主な仕事内容としています。

人によっては将来でやりたい仕事が決まっていたり、仕事をしている中で徐々に力をつけて変わって行くケースがあります。

人事はいちはやく人のキャリアや趣味趣向を察知して他のポジションや事業に配置するというのが仕事です。

人事の仕事の魅力

  • 会社を人事という立場からコントロールすることができる
  • 人事の人材の最適配置によって事業や数字が変わることがよくある
  • 人のキャリアや人生の選択という重みのある課題に向き合える
  • 人とコミュニケーションをとれる

人事の仕事は、人とコミュニケーションをとって、経営を人材側からコントロールして事業や数字を作って行くというところになります。

人事がダメな会社は数字も上がりにくいですし、人も定着しなかったり会社の仕組みの部分で「人」はかなり大きなフェートを占めています。

ですから非常に重要な役割を担っているのが人事の仕事の魅力です。

人事に必要なスキル

  • コミュニケーション能力
  • 会社の成長理解や、会社の事業構造の理解力
  • 人を思いやることができる

採用担当者の基本的な仕事内容

採用担当者は、会社に新しい人を入れるために自社での採用説明会を企画運営したり、マイナビやリクナビなどの大きな説明会に出展したり、求人サイトへの出稿するというのが仕事です。

新卒採用、中途採用によっても出稿するメディアやチャネルが異なりますので、採用したい人によって使い分ける必要があります。この使い分けや良い人材を採用できるかどうかが、採用担当者の役割です。

採用担当者に必要なスキル

  • 人のキャリアや教育というところに興味がある
  • コミュニケーション能力が高い
  • エンジニア、デザイナーなどの経験があり相手の気持ちがわかる

人事・採用担当者の仕事は楽ではないが魅力がたっぷり!

人事、採用担当者は営業や、デザイナー、エンジニア、マーケターなどと違って事業の数字に直接的にコミットするわけではありません。

しかし「人」という会社の資産を作ったり、使ってより効率的に事業を回すようにサポートして、数字を作って行くということが最大の魅力です。

これは他の職種にはできないことですし、誰もができることではありません。

人事という職種に興味がある方はぜひ探してみてくださいね!

人事でも仕事ができない・しない人の特徴

人に興味がない人

経営にコミットする気がない人

人が最適なポジションになった時の仕事の成果を考えてない人

と大きく3つあります。人事で成果を残している人は、経営にコミットのある人事です。人事は誰でもできる仕事ではありますし、資格も特にありません。

つまり、人事の仕事の魅力・役割は自分で価値を作って行くことが最大の仕事のポイントです。

人事で仕事がつまらないという方

人事で仕事が面白くない、つまらないという方は、上記してきた人事の仕事の魅力を自分で演ってみたか、やっていないのであれば自分がどのような仕事をしてきたか一度振り返ることをオススメします。

人事の仕事で成果を残したのか確認

魅力となるような部分をやっていない方は、成果を残していない可能性がありますし、人事として「〇〇という採用イベント、●年の採用数を●伸ばした」といった実績がないのではないでしょうか。

このような数値を残すことは、営業が売り上げ目標を作って、それを達成するようなことと同じです。仕事がつまらないという前に、実績を残したか確認してみましょう。

それでも自分には向いていないのであれば、他の職種への転職をすることをオススメします。

職種別求人一覧

各業種の職種別の求人が検索できます。給料がもっと欲しい・高収入、残業したくない、定時で帰れる、土日勤務なし、などの様々な条件から求人を検索して見ましょう。