不動産営業の仕事内容・やりがいとは?求人情報一覧

シェアする

本

不動産営業の仕事内容は、基本的には空き地を探してその情報を元に法務局で所有者を探します。

所有者が分かったら次は電話帳など電話番号を調べて、「土地を売りませんか?」と言うような電話を掛けます。

売りたい方がいた場合は再度現地を確認して、金額を算出します。その金額で満足頂ければ次に媒介契約を結びます。その後、今度は販売活動を始めます。物件資料を作成してホームページや業者内でしか閲覧出来ないサイトに載っけます。

又、近所のアパートなどにチラシをくばります。買手が見つかれば売主に買手が見つかった旨報告し、契約書の作成を行って契約をします。これが不動産営業の流れです。

やはり、やりがいを感じるときは自分が仕入れた土地や家が売れると高額な歩合給が入ります。そうすると月収が百万円近くになることもあります。それが一番のやりがいです。

不動産営業の未経験、就職、転職求人の例

有限会社ハウスエージェントの不動産賃貸営業※反響営業がメインです (a.未経験者 b.2年以上の経験者)と株式会社8withの不動産営業とピタットハウス松山北久米店の【休日充実・飛び込みなし】20代でもガンガン稼げる不動産営業(賃貸)※未経験可となどの人気の求人情報が掲載されています。Rplayでは未経験、初心者、高収入、土日休み、各都道府県ごとの地域、職種ごとの求人情報を多数掲載しています。

職種別求人一覧

各業種の職種別の求人が検索できます。給料がもっと欲しい・高収入、残業したくない、定時で帰れる、土日勤務なし、などの様々な条件から求人を検索して見ましょう。