第二新卒の既卒・就活・転職・公務員・大手企業などの求人情報一覧

シェアする

YUKA862_hisyoumun15210248_TP_V

第2新卒とは大学や高校を卒業してしまったけど、その先の進路が決まっていない、もしくは新卒から3年目くらいの社会人のことをさします。最近では新卒三年目くらいで就業経験、履歴が短い人は第二新卒扱いになるようになっています。リプレイ第二新卒では、第二新卒の方向けの転職、就職の成功方法、企業の求人情報などを掲載しています。ぜひ就職、転職を成功させていきましょう!

第2新卒の求人ってどれくらいあるの?

PAK145152451_TP_V

第二新卒の求人はみなさんが思っているほど少なくありません。上記している都道府県ごとの求人一覧、また、詳細地区の検索で見ていただいてもわかる通りかなりの数の第二新卒の求人案件があります。「第二新卒で再度就職、転職できるか不安だ」という方は、ぜひ求人一覧から探して見てくださいね。

第2新卒の求人で大手企業はあるのか?

大手企業の第二新卒の求人案件はかなりあります。大手企業でもエンジニアやデザイナーなどは引く手数多の職種となっているので、第二新卒でもスキルのレベルによって採用されます

公務員や弁護士、税理士など当たり前ですが資格を取得する必要もある職種もありますので、職種にもよります。

第2新卒の京都の求人

京都府の第二新卒の求人情報 | Rplay [リプレイ]

京都府の第二新卒の求人案件を掲載しています。
工場スタッフから、販売員、教務事務など幅広い求人情報があります。

第2新卒の福岡の求人

▼福岡県の第二新卒の求人情報 | Rplay [リプレイ] 

第二新卒の福岡県の求人情報を掲載しています。
ウェブ企業が多い福岡県なのでウェブアプリケーションエンジニアの職種から、多くの職種の第二新卒の求人案件があります。

第2新卒の鹿児島の求人

▼鹿児島県の第二新卒の求人情報 | Rplay [リプレイ] 

第二新卒の鹿児島県の求人情報を掲載しています。
事務や経理と行った一般的な企業の職と、ペットショップや飲食店などの求人まで幅広くあります。

第2新卒の愛知の求人

▼愛知県の第二新卒の求人情報 | Rplay [リプレイ] 

第二新卒の愛知県の求人情報を掲載しています。
販売営業や工場スタッフ、配送ドライバー、雑貨デザイナーなど幅広い求人情報も掲載しています。

第2新卒の大阪の求人

▼大阪府の第二新卒の求人情報 | Rplay [リプレイ] 

第二新卒の大阪府の求人情報を掲載しています。
ネットショップ、事務職、配送スタッフなど幅広い求人情報が掲載されています。

第2新卒の静岡の求人

▼静岡県の第二新卒の求人情報 | Rplay [リプレイ] 

第二新卒の静岡県の求人情報を掲載しています。
静岡県の求人情報はECサイトの運営、上場企業のウェブライター、キュレーターなど幅広い求人案件があります。詳細は上記の求人情報をどうぞ。

第2新卒のハローワークの求人情報は?

ハローワークにも第二新卒の求人情報は掲載されていますが、第二新卒の求人サイトも非常に多く、ハローワークよりも求人サイトを利用する方が便利ですね。

またハローワークよりも求人サイトの方が積極的に求人をおすすめされるので、ハローワークよりも早く就職、転職したいという方は求人サイトを利用することをおすすめします。

既卒・第二新卒の方を内定まで徹底無料サポート
書類通過率87%以上。面接対策無料【ウズキャリ第二新卒】 当サイトから20名実績!

第二新卒とは高卒の人だけ?

yuka0i9a7452_tp_v

第二新卒とは高卒の人に限りません。4年生の大学や専門学校を卒業したあとに就職活動を始める人、就職活動を継続している人のことです。また、一部の企業では新卒から3年目くらいの人のことも第二新卒枠として採用していることがあります。

これは第二新卒として採用することで転職とはまた違った枠を作っているということです。第二新卒の人にとっては、採用される枠が広がっているというのも良いポイントですね。

第二新卒でも高卒の人の枠がある企業も当然あります。詳細は上記している都道府県ごとの求人情報の一覧から探して見てください。

第二新卒とは既卒のことですか?

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_s

第二新卒の人はすでに大学・専門学校・高校を卒業してしまった人のことです。既卒採用というのは今までは第二新卒という枠で捉えられていなかったため、非常に再就職や転職活動で苦労したという過去があります。

ただ、現在では第二新卒枠、既卒枠を設けている企業が増えているため既卒の方でも割とスムーズに内定をもらって就職することができるようになってきています。

第二新卒のマイナビサイトはどう?

第二新卒のマイナビサイトは下記になります。

第二新卒を受け入れる求人サイトはかなり増えてきており、第二新卒の人でも就職・転職に成功して内定をもらって採用されているケースが増えています。

社会的にも有効求人倍率が1を超える好景気である状況なので、企業側も採用活動を必死に行なっています。もし今安定しないという方がいるのであれば、今のうちにアピールして企業に入っておくことをオススメします。

第二新卒の人、既卒の人でも割とスムーズに内定がもらえるこちらのサイトがオススメです。



既卒・第二新卒の方を内定まで徹底無料サポート
書類通過率87%以上。面接対策無料【ウズキャリ第二新卒】 当サイトから20名実績!

これから景気が悪くなって、もし自分で生活して行かなくては行けなくなったとしても生活できるように自分にスキルをつけておくことが大切です。

第二新卒の就活は厳しい?

第二新卒の肩の就職活動は厳しいの?という声をよくいただきます。確かにこれまでアルバイトやフリーターの方が正社員を目指したり、年齢が35歳以上の方で正社員で未経験の分野で採用されるのは難しいかもしれません。

なので、フリーターやアルバイトの時に手に職がつくスキルを高めておくことをオススメします。特にリプレイではプログラミングをオススメしており、プログラミングができればエンジニアになることができます。

特にIT企業はエンジニアの人材が不足しており、プログラミングができるというだけでかなり重宝されます。プログラミングは将来的にもなくてはならないものです。

ロボットに職を奪われるという話がありますが、ロボットをプログラミングするのは人間です。つまりプログラミングができれば、制御することもできロボット自体を作り出すことができるのです。

ぜひこちらの記事も参考にして見てください。

【20代必見】プログラミング未経験からエンジニア転職を目指す時に押さえておくべき5つのポイント 

第二新卒はいつまで?

150415211966_TP_V

第二新卒の定義は雇用している企業によって異なります。第二新卒として採用しているのは年齢によって分けているケースがありますし、経験として分けているケースもあります。

大学・高校3年目くらいまでの人であれば、2年くらいは他の企業などで少なくとも社会人経験があるから採用してみようといった具合に他の企業である程度基礎は学んでいる状態できて欲しいという企業もあります。

なので、第二新卒はいつまでとは厳密には決まっておりません。
もし自分の興味がある企業や分野があるのであれば、どんどんアタックしていくことをオススメします

第二新卒で公務員になりたい場合どうなるの?

公務員のメリット・デメリット

第二新卒で就職活動や・転職活動をする人で、公務員を目指される方も結構います。

公務員は、定時で上がることができますし、給料的にも安定しています。
一般企業のように時期によっては忙しくなって徹夜もある、、というようなことはありません。

ブラック企業で疲れてしまったので公務員になりたいです。公務員試験を受けるために勉強していますという方は意外といるものですよ。

公務員のメリット

・リストラの心配がない
・ボーナスや年金が豊富にもらえる
・定時に帰宅することができて、有休消化もしやすい

デメリット

・若いうちは給与が安い
・選考は基準が偏っています。学力や学歴をかなり重視
・公務員の経験から、独立、起業などをあまりしている人がいない

第二新卒者がなれる公務員とは

第二新卒の方が公務員になるためには公務員試験を受験する必要があります。

中卒の経歴でも就職できる仕事は当然あります。
しかし、どちらかというと肉体労働系になってしまい、自衛官や警察官、土木・建築作業員などです。また、職業訓練学校を卒業する必要(いわゆる:しょっくん)があります。

また、試験では高校レベルの学力が求められるため、高卒認定試験を受けておいた方が有利となります。

  • 高卒では肉体労働系の職種に加え、市役所や裁判所などに勤務する事務系の職種も目指せます。
  • 大学中退者は高卒と同じ扱いになり、高校卒業後3年以内であれば第二新卒としてエントリーすることが可能です。
  • 4年制大学を卒業している場合は、幅広いジャンルの公務員試験を受験できます。たとえば、地方上級公務員をはじめ、学校事務員や教師、キャリア組の警察官など。大卒レベルの試験となると予備校に通う人も多いですが、独学でも試験に挑戦することができます。

第二新卒でも就職・転職活動を成功できる

pak86_seisakudb20140517_tp_v
第二新卒についての求人情報や、第二新卒の基本的な情報をご紹介しましたが、第二新卒でも十分に成功することができます。

リプレイでも地方から出てきて、プログラミングを勉強したことで上場企業に転職できたという例があります。地方出身者でも年収はかなり上がりますし、長期的にも必要な職種です。エンジニア・プログラマーを目指さないというのはもったいないです。

詳しくはこちらの記事です。

プログラミング未経験から上場企業エンジニア転職、年収が100万上がった話 

ですから、「できない」ということは絶対にありません。できないというのは自分で可能性を縮めてしまっているだけです。少しやってみる、他の人と違うアピールをしてみる。頑張っている自分を褒める。客観視して自分のことを蔑まない。他の人を妬まない。

成功するまで努力を続ける

こうすれば絶対に転職も就職活動も成功できます。成功できない人、つまづいてしまう人は努力のやり方が違かったりします。そういう時は、客観的にどこが間違っているのか確かめてもらいましょう。その人がもし厳しいことをいうようであれば、それは否定ではありません。

自分がより良い自分に成長していくために必要なことです。

このような思い出リプレイ第二新卒のこのページを作成しています。ぜひ第二新卒からでも自分の満足のいく人生を描けるように共に頑張っていきましょう!