職種別の就職・転職・バイト求人情報一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

メール

各職種別の求人情報を掲載しているページです。職種を選択して、都道府県から絞り込んでご自身にあった職種で就職、転職、アルバイト、派遣などを選んで見てください。

各都道府県の最新の有効求人倍率について

厚生労働省のデータでは、平成29年7月の数値をみると、有効求人倍率(季節調整値)は1.52倍となり、前月を0.01ポイント上回りました。 新規求人倍率(季節調整値)は2.27倍となり、前月を0.02ポイント上回りました。

地域ごとの求人倍率  1位は福井県

最高は福井県の2.15倍、最低は北海道の1.14倍、受理地別では、最高は福井県の2.11倍、最低は北海道の1.09倍となっています。

職種別求人一覧

各業種の職種別の求人が検索できます。給料がもっと欲しい・高収入、残業したくない、定時で帰れる、土日勤務なし、などの様々な条件から求人を検索して見ましょう。

0000175102

全国の求人倍率は2017年7月現在で、ここ1年間では右肩上がりの上昇傾向となっています。
好景気になっているとは言えますが、実体経済はそこまでという方もいらっしゃるかもしれないですね。

政府は雇用の質を高めるために正社員を増やすように企業に呼びかけており、働き方や雇用形態というのはどんどん変わりつつあります。

ただ、すぐに変わるわけではないので自分の将来をしっかり考えて職業選択していきましょう。

厚生労働省の有効求人倍率とは

1.月別の数値は季節調整値である。なお、平成28年12月以前の数値は、平成29年1月分公表時に新季節指数により改訂されている。
2.文中の正社員有効求人倍率は正社員の月間有効求人数をパートタイムを除く常用の月間有効求職者数で除して算出しているが、
パートタイムを除く常用の有効求職者には派遣労働者や契約社員を希望する者も含まれるため、厳密な意味での正社員有効求人
倍率より低い値となる。
3.文中の産業分類は、平成25年10月改定の「日本標準産業分類」に基づくもの。

出典:http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000175101.html

各ページでは、都道府県ごとの有効求人倍率なども掲載しておりますので、「どこの都道府県が良いか」、仕事はどこが多いのか、どこが少ないのか、どういう職が多いのかを判断することができます。

ご自身にあった職業で働くことで仕事を楽しくして、人生を幸せに過ごしましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加