Anアンの特徴と掲載料金、口コミ・評判、運営企業について紹介

アルバイトなどの求人が掲載されたサイトは数多くあります。求人広告を掲載したいと考えている人の中には、どのサイトを選べばよいか迷っている人もいるでしょう。数ある求人情報サイトの中でおすすめなのは、アンです。では、求人媒体のアンとはどういうものなのでしょうか。アンの特徴や掲載料金、運営企業などについて紹介していきます。

2018年8月最新! ▼当サイトで登録が多い人事・採用担当者の方向けサービス

【1位】「indeed(インディード)【10ヶ月連続1位】 無料で・優秀な人がすぐ見つかる

アンとは

photo-1434030216411-0b793f4b4173

インターネットで「アルバイト」と検索すると、多くの求人媒体のサイトが出てきます。その中のひとつにアンがあります。アンは、1967年に求人雑誌として創刊されました。

当初は情報誌がメインでしたが、インターネットの普及に伴い、アルバイト情報サイト「アン」による求人情報の掲載が増えてきました。

高い認知度とブランド!

アンはアルバイトやパート、正社員などの求人情報を数多く提供し続け、高い認知度を誇る求人ブランドに成長していきました。

アンは定期的にテレビCMや交通広告・オンライン広告などを出稿し、若年層のユーザーを多く獲得しています。実際、アンの利用者の大半は20代の若者です。また、利用者は男性よりも女性が多いので、若い女性を採用したいと考える企業はアンに求人広告を出すことがおすすめです。

アンの特徴

photo-1511847628852-980ec678a438

求人媒体のアンには、どのような特徴があるのでしょうか。アンでは、アルバイトなどを探す人のニーズに合わせて、条件を細かく絞り込んで検索できるようにしています。例えば、業界や職種、勤務日、待遇など数多くの検索項目があります。

こだわり条件検索ができる

こだわり条件検索という機能もあり、「直前のシフト交換対応可能」などの細かい条件を追加して仕事を探すことができます

そのような工夫をすることで、企業と求職者とのマッチング率を向上させているのです。

LINEバイトに自動広告が表示される

また、アンに求人広告を掲載すれば、スマートフォンアプリ「LINEバイト」に自動的に広告が転載される仕組みになっています。

追加料金などはなく、アンとLINEバイトという2つのサイトに求人広告が同時掲載されるのです。LINEバイトサービスには数多くの人が登録しているので、幅広い層からの応募が期待できます。

「安い料金のサイズだと、会社や仕事の魅力を求職者に十分に伝えられないのではないか」という不安を持つ人は多くいます。アンでは全タイプ共通の原稿フォーマットを採用しているので、掲載料金の違いによって文字数や画像数が多くなったり少なくなったりすることはありません。

1原稿あたり最大1,300文字を入力することができ、写真は最大5枚掲載することができます。これらのことにより、会社や仕事の情報を求職者にしっかりと伝えることができ、情報不足によるミスマッチを防ぐことが可能です。

アンの強み / 若年層のユーザーが多いこと

アンの強みは、若年層のユーザーが多いことです。とくに大学生とフリーアルバイターのユーザーが多く、ユーザー全体の約半分を占めます。

20代・30代の若者を雇用したいのであれば、アンに求人広告を掲載するとよいです。また、若年層のユーザーには短期の仕事が人気で、アンでも1日のみの仕事や1ヶ月以内の仕事には多くの応募が来ます。短期の仕事の求人広告を出したい人にも、アンはおすすめです。

アン掲載料金

office-pen-calculator-computation-163032

アンに求人情報を載せる場合、掲載料金はいくらなのでしょうか。掲載料金は、10,800円からとなっています。アンでは、採用人数や難易度によって掲載期間や掲載タイプを選ぶことができます。掲載タイプはプレミア、アドバンス、ベーシック、ライトの4種類です。

原稿フォーマットは、どのタイプでも同じです。違いは、検索一覧画面での表示順位とLINEバイトオファー送信数です。例えば、プレミアでは検索表示順位が1で、バイトオファー送信数は400通です。ライトは検索表示順位が4で、バイトオファー送信数は100通となります。

掲載順位が上になるほどユーザーの目にとまる機会が増えますし、バイトオファー送信数が多いほど応募が多くなります。タイプによって掲載料金も異なります。

細かいプラン

1週間の掲載料金はアドバンスは35,000円から50,000円、ベーシックは21,000円から30,000円、ライトは12,000円から18,000円です。

2週間の掲載料金はアドバンスは63,000円から90,000円、ベーシックは35,000円から50,000円、ライトは21,000円から30,000円です。

4週間の掲載料金はアドバンスは105,000円から150,000円、ベーシックは63,000円から90,000円、ライトは35,000円から50,000円です。

追加のオプションサービスも

プレミアは1週間掲載のみで、250,000円から400,000円です。その他に、追加のオプションサービスもあります。例えば、写真つきバナーやビジュアルバナーの追加があり、料金は100,000円からとなっています。

他にも色々なオプションサービスがあり、利用する場合は追加料金がかかります。オプションサービスを利用することで、多くのユーザーに広告を見てもらえる機会が増えます。

アン口コミ・評判

image06

アンを利用すると様々な条件から仕事を探すことができるので、ユーザーからの評判はよいです。駅名や学校名から検索できるツールは、若い世代のユーザーから支持されています。

実際にアンに対する口コミの中には、勤務日数や職種などから検索することができてよかったというものが多くあります。アンに掲載されている求人には、様々な勤務形態のアルバイトがあります。

自分に合った仕事を見つけることができる

そのため、自分に合った仕事を見つけることができるのです。口コミの中には、週一回の仕事を探すことができてよかったというものもあります。希望条件を登録するとメールで求人広告が届いて便利だったという口コミもあり、アンの機能が評価されていることが分かります。

広告が同時掲載されるLINEバイトに対する口コミもあります。一度登録すると色々な企業に応募できて楽だった、LINE上で質問ができてよかったなどの口コミがあり、評判は良いです。

アン運営企業

パーソルキャリア

アンの運営企業はパーソナルキャリアという会社です。パーソナルキャリアは転職支援、人材派遣、求人情報、アウトソーシングなどを手がける総合人材会社です。元々はインテリジェンスという社名でしたが、2017年にパーソナルキャリアに社名変更しました。

創業して60年以上の歴史がある企業で、本社は東京にあり、全国の主要都市に30の拠点を持っています。従業員は4,000人以上で、資本金は約11億円、売り上げは5,000億円以上です。

パーソナルキャリアとは

パーソナルキャリアが行っているサービスには色々なものがあります。アンもそのひとつで、サイトから全国のアルバイトやパートの求人を検索することができます。

LINEアプリ上で全国の求人情報を検索できるLINEバイトというサービスも行っています。オファー機能を使うと、マッチするバイト先からオファーが届くようになっています。パーソナルキャリアでは、転職支援サイトDODAも運営しています。

DODAでは、新着求人に関するメールマガジンが届く

DODAでは、会員登録すると新着求人に関するメールマガジンが届きます。アンやDODA以外にも様々な転職支援サービスを行っています。グループ企業には、パーソナルホールディングス株式会社やパーソナルテンプスタッフ株式会社、パーソナルプロセス&テクノロジー株式会社などがあります。

パーソナルキャリアはグループの規模が大きく、安定した会社といえるでしょう。グループ企業間の業務の連携も多く、それぞれの強みを生かしながら事業の拡大を図っています。

採用担当者必見!無料で求人掲載できるindeedで効率的に採用しよう!

世界最大の求人検索エンジンであるindeedは、各企業の採用担当者の方が有料のオプションを設定しなければ、無料で求人を掲載できます。今回は無料で求人掲載可能なindeedについてご紹介します。

インディードで実際に採用して見てコストがいくらかかったのか?

indeedで無料で求人を掲載する

採用担当者必見:indeedで求人を無料で掲載・優秀人材獲得のテクニック

バイト・アルバイト・新卒採用・中途採用・派遣・業務委託などの採用活動でお困りの方、無料で求人を掲載できる世界最大の求人サイト「indeed(インディード)」を !「indeed(インディード)」は2、3分で求人情報を作成して、「いつまでも無料で」採用活動を開始できる画期的なサービスです。

他の求人サイトでは掲載するのに料金がかかりますが、indeedは一切かかりません。
有料プランも「自分で広告費を決めることができる」ので、余計な金額はかからないのが特徴です!

無料の求人広告で、他社の採用活動よりも一歩先に掲載して採用に勝ちましょう!

採用を「無料」ではじめる

indeed 求人掲載方法・効果について

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Rplayの最新情報をお届けします

TwitterでRplayをフォローする