初心者がWordPressで独自URLを用いて簡単なアプリケーションを作成する方法

時給1000円〜高収入翻訳学生バイト・インターン募集! 急募

シェアする

WordPressは単一の投稿記事、固定記事、カスタムポストなどカスタマイズすれば単純なウェブサイトだけでなく、機能性に優れたウェブアプリケーションを開発することが可能です。

CPT UIなどのプラグインを用いることによって独自のURLを作成して、通常の投稿記事のようにポスト行くという方法もありますが、より拡張性の高いウェブアプリケーションを開発するには、独自にURLを用いて特定のPHPファイルを作成していく方が良いですね。

今回は、CPT UIを使わずに独自のURLを作り、ウェブアプリケーションを開発するための第一段階として、rewrite_rules_arrayflush_rewrite_rulesadd_rewrite_endpointの使い方などをご紹介します。

▼当サイトで申込みが多いプログラミングスクール・教室はこちら!

【1位】WebCamp(ウェブキャンプ)【5ヶ月連続!】

【2位】CodeCamp(コードキャンプ)【急上昇!】

【3位】WebCamp PRO (ウェブキャンププロ)【転職保証・年収大幅アップ】

【4位】TechAcademy (テックアカデミー)

【5位】TECH::CAMP (テックキャンプ)

rewrite_rules_array、flush_rewrite_rules、add_rewrite_endpointを使って独自ページを作成

Rplayでもcompanylistというページ、company/1 , company/1/esなどのように企業の詳細情報と、企業のエントリーシートのページを独自で生成しています。これを実現しているのが、rewrite_rules_array、flush_rewrite_rules、add_rewrite_endpointの3セットです。

多くのアプリケーションで求められているURLの構造だと思います。今回は下記のようなURLを想定して、書き方や実装方法をご紹介していきます。

add_rewrite_endpointの使い方

add_rewrite_endpointを追加しなければ、ブラウザ上で表示されていてもステータスコードが404になっています。add_rewrite_endpointの追加は下記のような形で、第一引数は、追加したいURLの名前を記述、第二引数はどこで有効にするかです。

・$name – エンドポイントの名前
・$places – 下記の表を参照

名前 内容
EP_NONE なし
EP_PERMALINK 投稿のパーマリンク
EP_ATTACHMENT 投稿に添付されたファイルを表示するためのページ
EP_DATE Date アーカイブ
EP_YEAR 年別アーカイブ
EP_MONTH 月別アーカイブ
EP_DAY 日別アーカイブ
EP_ROOT ルートページ(トップページ)
EP_COMMENTS コメントページ
EP_SEARCH 検索結果ページ
EP_CATEGORIES カテゴリーアーカイブ
EP_TAGS タグアーカイブ
EP_AUTHORS 著者アーカイブ
EP_PAGES 固定ページ

WordPressでインデックスされない問題の解決

WordPressでページがGoogleにインデックスされない問題が起きることがあります。このサイトであるRplayでも独自に作ったcompanylistなどのページがインデックスされていない問題が起きていました。

Googleにインデックスされない原因の追究

Googleにページがインデックスされない理由というのはいくつか考えられます。問題の切り分けは非常に難しいですが、一つ一つ確認していくと以外と発見できるものです。

・ページの品質が低い。文字数が少ない、画像や動画ばかりのページなど
・カテゴリーページのように単一ページの集合体で重複してるコンテンツが多い

などの場合に、インデックスされないというケースがあるようです。

Rplayのcompanylistページがインデックスされていない問題は、よく見るとステータスコードが404で、Googleのウェブマスターツールで見てみると、確かに「見つかりませんでした」になっているという事が原因でした。

Google developer toolsでステータスコードの確認

Google Chromeをブラウザで使っている場合は、Google developer toolsのNetworkからステータスコードが確認できます。endpointの設定を追加したことによって、無事に200が返ってきていることがわかります。

developertools

この問題の解決のためには、「add_rewrite_endpoint」を追加してあげる必要がありました。

ページを表示するだけであれば、custom_template_includeを使って、特定のPHPファイルを呼び出してあげるだけで表示はできます。しかしページを作ってGoogleにインデックスさせなければページを作った意味がありませんよね。アプリケーションを開発していると、意図的にインデックスさせないページがあることもありますが、この場合は意図せずインデックスされていませんでした。

Googleウェブマスターツールの画面上で404の確認

Googleウェブマスターツールの画面上だとこのようになっています。ステータスのところがエラーになっていて、「見つかりませんでした」となっている場合ステータスコードが404になっているということです。

ウェブマスターツール

「add_rewrite_endpoint」を追加してあげると、無事下記のようにインデックスされていることがわかります。

ウェブマスター

ページを作ってブラウザで確認したから大丈夫ということではなく、作ったものが上手くいっているかどうか、しっかりステータスコードを確認するようにしましょう。

SEOを意識するようなブラウザのアプリケーションの場合対応は必須です。SEO担当になっていたら、インデックスされてなかったら顔面蒼白状態です。

WordPressやプログラミングの学習・課題解決方法

このようなプログラミングの悩みや問題が起きた時に、WordPressの問題やプログラミングについて聞けるサービスをこちらにまとめてありますので、こちらも合わせてどうぞ。

ちなみに今回の問題はteratailというサービスでヒントをいただきました。WordPressに精通している方が30分程度で返信をしていただき、その後に調べつつ解決。自分だけで悩むよりも、質問しながら自分でも調べるというスタイルの方が解決が早くて済みます。
特にプログラミング初心者の方にはオススメの学習方法です。

また、WordPressでウェブサイトを作りたいという方はこちらも。

参考記事

https://firegoby.jp/archives/5309
http://nskw-style.com/2014/wordpress/wordpress-app-with-rewrite-api.html

プログラミングスクール・教室のおすすめ・学生・料金が安い・オンライン・転職・評判まとめ

ビットコイン・仮想通貨取引所オススメ

本サイトは、学生・主婦・フリーランス・起業をしたい方・自由に働きたい方向けに、 の料金・カリキュラム・受講内容・どういう卒業生がいるのか、どういう会社が運営してるのかなどの情報を掲載するサイトを作成しています。

  • 「プログラミングスクール・教室って何?」
  • 「どのプログラミングスクール・教室なら安心して通えるの?」
  • 「料金っていくらくらいなの?」

などの疑問にもお答えしていきます!

プログラミングスクール・教室を利用するのが初めての方

本サイトは“プログラミングスクール・教室を利用するのが初めての方” を想定して作られており、学生・主婦・フリーランス・起業をしたい方・自由に働きたい方などプログラミングスクール・教室の利用経験がある方でも信頼できる情報を掲載しています! ※時間がなく全文の記事が読めない!という方は、当サイトで最もおすすめのプログラミングスクール・教室である 「WebCamp pro 」に登録してみましょう!(オススメ!)

絶対に失敗しない!プログラミングスクール・教室を選ぶ時の4つのポイント!

プログラミングスクール・教室を選ぶ上で重要なポイントは、以下4点になります。

  • 授業料金
  • カリキュラム・授業の内容
  • 就職・転職・起業・フリーランスに使えるかどうか
  • 運営会社がどこか

授業料金の内容

「プログラミングスクール・教室を利用する際の授業料金」は重要な点です。 ”数万ぐらい”と思うかもしれませんが、年間10万以上変わってくることもあります! 最初から、料金が安いプログラミングスクール・教室を利用していれば、“損をせず”プログラミングを覚えることができますよ。

サービス名 金額
WebCamp pro  432,000円
CodeCamp(コードキャンプ)   50,000 ~ 300,000円
techboost(テックブースト)   107,784円
  • 料金が安いのにカリキュラムが充実していて、エンジニアとして転職や就職・起業に役立つ 「techboost(テックブースト)」がおすすめです!

カリキュラム・授業内容・先生の充実度

プログラミングスクール・教室を利用するなら「カリキュラム・授業内容・先生の充実度」も大切です。 エンジニアになるために効率的でかつ実践を踏まえたプログラミング学習ができるのが重要です。 先生もマンツーマンで教えて欲しいですよね。

ほとんどのプログラミングスクール・教室は、 マンツーマンのプログラミングスクールがなく、カリキュラムもそこまで変わらないけど料金が高いこともあります。 マンツーマンで初心者だけどしっかり教えて欲しいという方はマンツーマンのプログラミングスクール・教室がおすすめです。

運営している企業の安定性

運営している企業の安定性や安心は大切です。プログラミングスクール・教室にせっかく通ったのに売り上げが伸びておらず、 倒産してしまったということになっては大変です。 上場企業のグループ会社が運営しており、無料体験レッスンがオンラインで受講できるプログラミングスクール・教室が良いです。

就職・転職・起業・フリーランスに使えるかどうか

プログラミングスクール・教室は、結局その後のキャリアをどのように構築していくかが大切です。 学生・主婦・フリーランス・起業をしたい方・自由に働きたい方が主に利用しており、プログラミングは今後必須なスキルとも言われています。 エンジニアの給料は他の職種よりも非常に高く、平均で150−200万程度高くなっています。

この先のキャリアを考えて利用するなら、就職・転職保証なり何かの保証が付いている会社は安心です。

  • 就職・転職保証付のプログラミングスクール・教室を選ぶなら「WebCamp pro

一般的にプログラミングスクール・教室の無料体験レッスンの申し込みは2~3社申し込みをするのが普通 です。 これからご紹介するプログラミングスクール・教室の中から最低でも2~3社は申し込みはしておきましょう!無料で申し込みできます!)

【厳選】プログラミングスクール・教室のおすすめランキング

業界初転職保証つきプログラミングスクール・教室 WebCamp Pro(ウェブキャンププロ)

オススメのポイント

  • 3ヶ月の学習期間と就職・転職期間を設けて確実に次のステップへ
  • 98%が自分の次のキャリアに進めている
  • 今プログラミングで必要とされているRuby on Railsの学習に集中している
  • 毎月3名に10万円の割引チャンス!
  • 受講完了後、3ヶ月以内に転職・就職できない場合は ”全額返金”

初心者におすすめしたいプログラミングスクール・教室は「WebCamp pro 」です。

登録は2分!体験レッスンの無料申し込みができます!

公式サイトへ

上場企業が運営のプログラミングスクール・教室 TechAcademy(テックアカデミー)

オススメのポイント

  • 上場企業のグループ会社が運営、安心感のある運営
  • オンラインで受講できるので、どこにいてもインターネットがあれば利用可能
  • マンツーマンレッスンなので他の人がおらず、周りの目を気にせず集中できる!
  • 受講中のサービスをポートフォリオとして登録し、就職・転職に活かせる!
  • 月々4500円から利用可能!

交通費や時間をかけずに勉強できるプログラミングスクール・教室は「TechAcademy(テックアカデミー) 」です。

登録は2分!体験レッスンの無料申し込みができます!

公式サイトへ

ブロックチェーン・AI・IoTのプログラミングスクール・教室 Tech boost(テックブースト)

オススメのポイント

  • 業界初のブロックチェーン・AI・IoTのプログラミングスクール
  • 専属のメンターがついてくれるので、アプリ開発をやりきることができる
  • 月額99,800円で業界最安値レベルの受講料金
  • 紹介割引、学生割引、友達割引も充実。さらに安く受講できます!
  • キャリアアドバイザーのキャリア相談で就職・転職に活かせる!

流行している技術をいち早く勉強したいなら、プログラミングスクール・教室は「techboost(テックブースト)」です。

登録は2分!体験レッスンの無料申し込みができます!

公式サイトへ

シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Rplayの最新情報をお届けします

TwitterでRplayをフォローする