使える人を採用したい!それなら即戦力のビズリーチをご紹介

企業にとって一番大事なのは、社員の皆様ではないでしょうか。彼らの仕事で、その企業の未来が決まるといっても過言ではありません。そのためには、マッチした優秀な人材が必要ですが、実際にやろうとするとなかなか大変。募集をかけて、面接をして、チェックして・・・時間も手間もたくさん取られてしまいます。ビズリーチは、そんな企業の悩みを解決し、即戦力と企業を橋渡しする会社なのです。

ハイクラスな人材を、国内最大級の規模で抱える

ビズリーチの特色は、主に3つです。

マネジメント経験者や、日常で英会話スキル保持者が約50%

1つ目は豊富な人材データベースがあること!ビズリーチに登録している方々は、マネジメント経験者や、日常で英会話スキル保持者が約50%、高い数値を誇っています。しかも人材総数は59万人以上ですから、安心して求める人材を探すことができるでしょう。

データベースをサーチできる

2つ目はデータベースを直接検索できること!本当に欲しいのはどんな人材か。その企業に勤めている方にしか、わからない部分があります。ビズリーチなら、ご自身でデータベースをサーチできるので、このジレンマから解放されます。

専任コンサルタントが皆様をしっかりサポート

3つ目はフォロー体制が充実していること!専任コンサルタントが皆様をしっかりサポートしてくれます。採用決定のノウハウ、求職者へどう訴えかけるか。候補者の選定ポイントなど、お悩みをきめ細かにフォローアップ。ビズリーチは何事も一緒に解決してくれるのです。”

気になる価格は?初期費用

気になる価格は?初期費用はかかるのでしょうか。

ビズリーチは、初期費用がかかりません!

転職サイトによっては、多額の初期費用が必要とされるところもあります。しかし、ビズリーチは0円。これは大きな魅力です。

費用・料金

費用は、システム利用料85万円のみ。あとは入社時の成功報酬(理論年収の15%)をお支払いいただくだけです。6ヶ月の契約期間をフル活用してください。もちろん、月々に使用料を払う必要もありません。

この価格が高いのか安いのかは、意見が分かれるところでしょう。ただ、ビズリーチがこの値段を設定するのは、人材のクオリティとサービスに、自信があるから。見極めるポイントは「費用対効果」ではないでしょうか。

ビズリーチを利用するコツ、そして求職側から見たビズリーチとは?

人材を探すにあたり、どうやってビズリーチを活用するのが良いのでしょう。
基本の流れは、該当ターゲットを大まかにピックアップするところから始めます。こうして作った母集団からさらに絞り込み、気になる人材へ連絡(スカウト)。相手から返信があれば面談などを経て、採用を決定していきます。

「専任コンサルタント」をフル活用するのがオススメ

この時に、ビズリーチの特色である「専任コンサルタント」をフル活用するのがオススメです。ピックアップのコツ。絞り込み、さらには人材へ連絡するときの文面など、いかなる時にもサポートをしてくれます。

コンサルタントは企業側の事業形態や採用課題もきちんと理解していますから、大きな助けになってくれると思います。コンサルタントと相談して、新しいピックアップ方を探るのも、視点が変わって良いかもしれません。

ビズリーチには経営幹部やマネジメントを担う人材が豊富

では、実際の転職者はどういう人が多いのでしょう。ビズリーチには経営幹部やマネジメントを担う人材が豊富です。つまり、登録する求職者たちも、自分のスキルにある程度の自信を持っているといえるでしょう。

人はその器にあった友人を引き寄せると言いますが、ビズリーチもまさにこれにあたります。ハイクオリティ同士の出会いを実現する場、それがビズリーチなのです。

求職者側にとってもハイクラスの転職先を求めて活用するサイト

そして裏を返せば、求職者側にとってもハイクラスの転職先を求めて活用するサイト、ということになります。新規事業に携わった経験がある人、マネジメント経験5年以上、特定の業界の経験者など、簡単には手に入らない経験がある人たちが、さらなる高みを目指し、ビズリーチに集まって来ています。

ビズリーチで採用された人々は?

ハイクラスの転職に特化したビズリーチ。他の転職サイトには見られない特色です。そして実際にビズリーチを使って採用が決まった人たちからは、次のような声が聞こえています。

ビズリーチの口コミ・評判

・ハイクラスの求人が多く、自分のスキルを活かせる職場に出会えた。
・高収入に特化しているので、仕事が探しやすかった。
・社長自ら、スカウトしてくれることがあり、驚いたが嬉しかった。
・今まで見ていなかった仕事に出会うことができた。
・クオリティの高いヘッドハンターと出会えた。

また、高年齢の方の転職成功例も見受けられます。ハイスキルの人材を求めるビズリーチだからこそ、過去の経験が埋もれることなく、活用されるのかもしれません。巷では40代以上の転職は難しいと言われていますが、ビズリーチは少し違っているようです。

実際に利用した企業の声が知りたい!

豊富なデータベースに助けられている企業が多いようです。ピックアップ時にコンサルタントのサポートがあることと、その内容にも喜びの声が上がっています。結果として企業独自でやるよりも、「採用効果」が高くなるというわけです。

瑣末な部分ではなく、一番肝心の面接に時間をかけられた、という点も評価が高いです。セールスポイントは伊達じゃない、といったところでしょうか。

人材クオリティの高さも特筆・即戦力採用なら

また、人材クオリティの高さも特筆されています。求めていたレベルに達していない、という評判はあまり見かけません。やはり、ハイクラス層に特化したビズリーチならではの、良さなのだと思います。

ただ、データサービスでの直接検索などが、逆に手間と感じる人もいるようです。とにかく採用に関しては手間と時間をかけたくないんだ、という場合では、足を取られるのかもしれません。

その代わり、優秀な人材が欲しい気持ちが一番強いなら、ビズリーチのサービスは強い味方になりそうです。

未来を見るビズリーチ。HRMOSという採用管理方!

ビズリーチは、新しい採用管理方についても提案しています。
その名は「HRMOS」。クラウドを利用することで採用コストを安く抑え、管理の手間を徹底的に省きます。

これまで多くの企業では、採用データをエクセルにまとめ、メールでやりとりし、日程の調整をしてきました。しかしそれらをいちいち振り返るのは、なかなかの手間と時間です。場合によってはファイルを分けており、探すだけでも一苦労なんてことも。結果、その中から適切な人材をピックアップするのが困難になってしまう。これでは本末転倒です。

採用に関するあらゆるデータをクラウドで一元管理できる

HROMSでは、採用に関するあらゆるデータをクラウドで一元管理。各資料の関連付けも簡単にできることで時間の短縮を図ります。クラウドの活用によって、応募者数や面接実施数などがリアルタイムに見ることができるため、精度の高い判断が可能です。

母集団の形成も簡単になり、SNSとの連携も可能

母集団の形成も簡単になり、SNSとの連携も可能です。
また、導入後は専任のサポート担当者がつくため、安心です。セキュリティに関しても、情報通信の暗号化、徹底した情報管理、バックアップ、第三者による脆弱性診断をしており、評価を受けています。

すでに、KDDIコーマスフォワード、住信SBIネット銀行、オープンハウスなど、数十社の企業が利用しており、データ管理が減った、応募者数が増えた、採用コストが削減されたなどの声が上がっています。

さて大変便利なHROMSですが、気になる価格はどうなのでしょうか。

HROMSの利用料金

利用企業様の企業規模や利用用途に応じて、複数の料金プランがあるようです。しかし公表してはいませんので、興味のある方はビズリーチに直接問い合わせてみてください。担当者から詳細プラン案内をしてもらえます。

ビズリーチという選択肢。

流動性のます現代において、転職やキャリアアップはますます盛んになることでしょう。企業側も転職者も、お互いにwin-winとなるのがベストですが、実際はなかなか難しいようです。しかし人口減少社会に突入することを考えると、この課題は必須です。

企業も個人も、働き方の状況も大きく変化し、価値観も多様化する中、今にあった新しいあり方が必要ではないでしょうか。

ビズリーチは、そんな企業や転職者の方々を橋渡しするのが仕事です。採用の新しいカタチ・選択肢の一つとして、考えてみてはいかがでしょうか。きっと心強いパートナーになってくれると思いますよ。

採用担当者必見!無料で求人掲載できるindeedで効率的に採用しよう!

世界最大の求人検索エンジンであるindeedは、各企業の採用担当者の方が有料のオプションを設定しなければ、無料で求人を掲載できます。今回は無料で求人掲載可能なindeedについてご紹介します。

インディードで実際に採用して見てコストがいくらかかったのか?

indeedで無料で求人を掲載する

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Rplayの最新情報をお届けします

TwitterでRplayをフォローする