【女の転職@type】特徴・掲載料金・運営企業・口コミ・評判

女の転職@typeは、女性向けの求人サイトの中では最大規模のユーザー数、求人掲載件数を誇っています。認知度も非常に高く、女性向けの求人サイトといえば女の転職@typeといっても過言ではありません。働くことに対して意欲的な女性と、女性の採用に積極的な企業の架け橋となっている求人サイトです。
女の転職@typeについて、詳しく説明していきたいと思います。

女の転職@typeとは

yuka16011201IMG_5612_TP_V

女の転職@typeは、2005年にサービス開始となった女性向け求人サイトです。
2018年現在では、利用者数935,800人、求人案件数は1,500件以上となっています。

他の求人サイトと比較すると求人案件数が少なく感じますが、それは女性の採用を前提とした求人のみを取り扱っているためです。
他の女性向け求人サイトと比較すると、規模の大きさがよくわかります。

運営企業は、人材紹介事業大手の株式会社キャリアデザインセンターです。
女の転職@type以外にも、様々な特化型求人サイトや、転職エージェントの運営もしています。

女の転職@type特徴

pexels-photo-583846

女の転職@type一番の特徴は、やはり女性会員の割合が99.9%というところでしょう。
掲載されている求人のすべてが女性の採用を前提とした求人案件となっており、未経験可の求人も多数掲載されています。

ユーザーの年齢は25-34歳が中心となっており、登録時の雇用形態が正社員のユーザーが約半数のため、正社員を希望するユーザーが多いようです。

ユーザーの経験職種

ユーザーの経験職種としては、「事務系」「サービス・販売系」「営業・企画系」等、女性に多い印象のある職種が多数を占めています。

このサイトのユーザーは、長く安定して働きたい労働意欲の高い女性が多く、掲載企業の83%が採用に成功しているという結果が出ています。

ユーザーがレジュメを登録しておくと、そのユーザーのレジュメを見た企業からスカウトメールが届く仕組みもあり、より企業とユーザーとのマッチングがしやすい求人サイトといえるでしょう。

女の転職@type掲載料金

掲載料金の基本プラン(4週間掲載)は、次の4種類で構成されています。

L(ライト):20万円
R(レギュラー):40万円
P(プリンセス):60万円
Q(クイーン):80万円

金額が上がるほど、ユーザーへの露出が高くなります。

L(ライト)プラン、R(レギュラー)プランにはスカウトメールやフリートピックスの機能が付帯しません。

P(プリンセス)以上のプランであれば、特にユーザーの目に止まる確率が高くなるようです。
確実な採用につなげたいのであれば、金額は上がりますが、P(プリンセス)プランもしくはQ(クイーン)プランを選択するのが良いでしょう。

女の転職@type口コミ・評判

image01

女の転職@typeについての口コミには次のようなものがありました。

・女性採用が前提の求人ばかりのため、余計な求人が出て来ず仕事を探しやすい
・「未経験OK」や「残業少ない」等のアイコン表示でその仕事の特徴が視覚的に捉えやすい
・労働時間についての事や、仕事の進め方等も募集要項に記載されているためミスマッチを防げる
・文字ばかりの見づらい求人サイトではなく、画像やカラフルな配色でサイト自体が見やすい

効率的に転職活動ができる

女性にとって、効率よく転職活動を行うことができるサイトという印象ですね。
また、視覚的にもわかりやすく、見やすい配色やサイト構造になっているということが覗えます。

子育て中の女性でも就職情報を集めやすい

そのほかにも、「子育て中の女性でも就職に関する情報を集めやすい」「求人検索時の絞り込みで条件を多数指定できるのが良い」「求人情報が非常に詳しく書かれていて重宝した」等の口コミもありました。

女の転職@type運営企業

運営企業は株式会社キャリアデザインセンター(CAREER DESIGN CENTER CO.,LTD.)で、資本金:5億5,866万円です。
代表取締役社長兼会長は多田 弘實氏。
本社、赤坂オフィスの所在地は、〒107-0052東京都港区赤坂3-21-20赤坂ロングビーチビルです。
従業員は581名(平成29年9月30日現在)、売上高は98億9,359万円(平成29年9月期 連結実績)となっています。

女の転職@type以外にも、営業職特化型の「@type 営業の転職」やIT派遣特化型の「@type IT派遣」等も運用しています。

女の転職@type 転職イベント

女の転職@typeでは年に2回、【女の転職@type 転職イベント】を開催しています。
開催時期は6月、11月で、開催場所は渋谷ヒカリエです。転職を考えている女性と、女性を採用したい求人企業との出会いの場の提供を目的に開催されています。

NTTデータ、ヨウジヤマモト、スリムビューティーハウスなどが参加

2018年11月開催のイベントでは、ヤフーをはじめ、NTTデータ、ヨウジヤマモト、スリムビューティーハウス等、女性の採用に積極的な大手企業が約70社出展予定となっています。
各企業ブースのほか、転職ノウハウや面接に役立つ内容を学べる無料セミナーや、まずは相談したい方のための転職相談コーナー等も充実しています。

これまでの平均来場者数は1500名以上となっており、仕事に対して意欲的な女性が自分に合った企業との出会いを求め、多数来場していることが覗えます。

一次面接スキップなどの特別先行フローも

入場無料、履歴書不要、入退場自由で、気軽に参加できるイベントとなっています。
また、「一次面接」スキップ等の特別先行フローも設けているとのことです。

イベント案内ページでは「来てミイ!会ってミイ!話してミイ!」をキャッチコピーに、アニメムーミンに登場するキャラクター「ミイ」をイメージキャラクターとし、女性の興味を惹くサイト構成となっていました。

また、来場者プレゼントとしてのお買物券や事前エントリーでスキンケアグッズが貰える等、女性に嬉しい特典があるのも集客につながるポイントです。

女の転職@type エージェント

転職のプロによるカウンセリングが行われます。
転職のプロが豊富な経験を活かして転職希望者の方の経験や強みを整理し、一人一人に合わせた最適なアドバイスをします。
経験済みの職種のみでなく、未経験の職種に転職したい場合でも相談が可能です。

企業と転職希望者間の日程調整や交渉を行う

企業と転職希望者間の日程調整や交渉も行います。
仕事をしながらの転職活動では、なかなか企業と直接やり取りをする時間がとれないこともあるかと思います。
しかし、エージェントが間に入り企業との面接日程の調整や交渉等を代わりに進めてくれます。

年収交渉もエージェントが代行

企業側としても、面接日程調整の連絡が取れず予定が組めないといった事態を避けることができます。また、採用決定後の年収交渉もエージェントが代行してやり取りをします。

転職のプロが対応するので、転職希望者は安心して転職についての相談をすることができます。

非公開求人も紹介してもらえる

また、求人サイトには掲載されていない非公開求人も紹介してもらえるので、より多くの企業の中から自分に合った仕事を見つけやすくなります。

転職サイトと違い、キャリアアドバイザーと直接会って面談を行うため、転職活動のための気軽な情報収集というよりは、転職するという意思が固まった方が具体的な相談をする場として利用するのが一般的です。

エージェントからフォローの連絡が入る

入社後も3ヵ月目まで、エージェントからフォローの連絡が入ります。
実際に働いてみて、提示されていた条件との齟齬がないか等、長くその会社で働くための手助けをしてくれます。

女の転職@type アプリ

女の転職@typeのスマートフォンアプリは現在リリースされていないようです。
他社の求人媒体は次々とスマートフォンアプリがリリースされているので、女の転職@typeのスマートフォンアプリのリリースもそう遠くはないかもしれません。

もしも今後女の転職@typeのアプリがリリースされたとしたら、掲載を検討する企業も大幅に増え、現在よりもさらにユーザー数が増えそうですね。

採用担当者必見!無料で求人掲載できるindeedで効率的に採用しよう!

世界最大の求人検索エンジンであるindeedは、各企業の採用担当者の方が有料のオプションを設定しなければ、無料で求人を掲載できます。今回は無料で求人掲載可能なindeedについてご紹介します。

インディードで実際に採用して見てコストがいくらかかったのか?

indeedで無料で求人を掲載する

採用担当者必見:indeedで求人を無料で掲載・優秀人材獲得のテクニック

バイト・アルバイト・新卒採用・中途採用・派遣・業務委託などの採用活動でお困りの方、無料で求人を掲載できる世界最大の求人サイト「indeed(インディード)」を !「indeed(インディード)」は2、3分で求人情報を作成して、「いつまでも無料で」採用活動を開始できる画期的なサービスです。

他の求人サイトでは掲載するのに料金がかかりますが、indeedは一切かかりません。
有料プランも「自分で広告費を決めることができる」ので、余計な金額はかからないのが特徴です!

無料の求人広告で、他社の採用活動よりも一歩先に掲載して採用に勝ちましょう!

採用を「無料」ではじめる

indeed 求人掲載方法・効果について

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Rplayの最新情報をお届けします

TwitterでRplayをフォローする