ニクリーチの特徴や運営企業・掲載料金・口コミ・評判を徹底解説!

ニクリーチはスカウトと食事会がセットになった斬新な求人メディアです。会社説明会や面接という場ではなく、会ってみたい学生とお肉を食べに行きコミュニケーションを図ります。他の求人サイトとは違ったニクリーチを利用すれば、リラックスしながらお互いのことを深く知ることができるでしょう。そんなニクリーチを利用する前に特徴や掲載料金、運営企業等について詳しく解説します。

2018年8月最新! ▼当サイトで登録が多い人事・採用担当者の方向けサービス

【1位】「indeed(インディード)【10ヶ月連続1位】 無料で・優秀な人がすぐ見つかる

ニクリーチとは

ニクリーチとは就活生とお肉で繋がる今までにはない、新しい就活サイトです。2014年のサービス開始以来1日で約500人もの学生が登録し、今では登録学生は37,700人以上、利用している企業は108社を超えています。

総マッチング数は46,600件を超え、経験と実績も豊富な求人メディアです。学校名や学部、プロフィールなどから登録している学生を検索して、気になる学生にスカウトを送ります。

学生側から企業へアプローチも可能

学生側から企業へアプローチも可能です。企業がスカウトして、学生が返信するとマッチングが成立しお互いの連絡先が公開されます。マッチングした学生と場所や時間を決めてお肉を食べに行きましょう。

ニクリーチの特徴

スピーディに会える

スカウト型の求人サイトはダイレクトで優秀な学生とコンタクトがとれますが、ニクリーチの場合はスカウトから会うまでが非常にスピーディーです。スカウトをして学生と直接やり取りをし、その後すぐに会って食事をするといった流れですから採用担当者の労力や時間、コストを最大限省いて採用活動を進められます。

優秀な人材が多い

ニクリーチには東大、早稲田、慶応などのトップクラスの大学生が多く登録しています。優秀層の登録するデータベースに直接アクセスしてアプローチできます。また、スカウトの返信率は50%以上と高いですから優秀な学生に会えるチャンスが増えるでしょう。

カジュアルな雰囲気で話せる

お肉やランチなど、少人数でのコミュニケーションとなるため気になる学生にじっくり企業の魅力を伝えられます。堅苦しい雰囲気もなく、美味しいお肉等を食べながらカジュアルに話すことで学生の素の部分を垣間見ることができるでしょう。

ニクリーチの料金体系

ニクリーチの料金体系は固定制です。掲載料金・初期費用等合わせて一番リーズナブルなトライアルプランで、1ヶ月350,000円となります。スタンダードプランは6ヶ月利用可能で850,000円です。プレミアムプランは1年間利用可能で、1530,000円となります。

ニクリーチを利用する採用担当者の口コミ・評判

学生の返信率も高い

ニクリーチを利用して採用活動を行う担当者の口コミには、「ニクリーチはシステムがシンプルで話がスムーズに進んでいくところが良いですね。興味のある人材に直接アプローチできて、尚且つ学生の返信率も高いように思います。

マッチング成立から無駄がない

マッチングが成立したならすぐに相手と連絡を取り合って直接会えます。無駄な動きが無いので余計な時間がかかりません。学生側にも企業側にもメリットの多い求人サービスだと思います。」という口コミがありました。

優秀な学生が多い

他にも、「ニクリーチに登録している学生は優秀な人が本当に多いです。気になる学生には直接アクセスして返信をもらえれば多くの学生と会えます。人材紹介会社よりコストや手間を抑えながら、優秀な学生にアプローチできる求人媒体です。ランチに行くというのも面白い発想ですね。食事の場なら学生としっかりコミュニケーションが取れて、うちの会社の魅力をじっくり伝えることができます。」といった口コミもありました。

ニクリーチの運営企業

ニクリーチの運営企業は株式会社ビズリーチです。資本金は41億円(資本準備金を含む)で、代表取締役は南壮一郎です。東京都渋谷区渋谷2-15-1の渋谷クロスタワー12階に本社を置いています。

従業員数は972人です。ニクリーチの運営の他にも、挑戦する20代の転職サイト「キャリトレ」や求人検索エンジン「スタンバイ」、戦略人事クラウドサービス「ハーモス」など、インターネットを活用した事業を幅広く行っている会社です。

「careertrek(キャリアトレック)」は、若手社会人を対象にした求人サイトです。そんな「careertrek(キャリアトレック)」...

ニクリーチ利用者の学歴

ニクリーチに登録している学生の上位3校は早稲田、東大、慶応といったトップランクの大学となります。他にも旧七帝大、一橋、東工大、早慶上智だけでなくMARCHや関関同立などの優秀な学生が多く登録しています。

ニクリーチに参加している企業

IT企業を中心にさまざまな企業がニクリーチに参加し、採用活動中です。

CyberAgentなど大手企業が利用

パソナフリー、グノシー、CyberAgentなどのベンチャー企業の他にも、サービスコンサルタンシー、日本タタ、電通デジタルなどの優良な企業も多く参加しています。東京ガス、サントリーシステム、テクノロジー株式会社、コグニザントジャパンといった大手企業もニクリーチを利用しています。

ニクリーチからスカウトが来ない場合

プロフィールを丁寧に記載

ニクリーチには説明会への案内や面談、採用イベント等への招待など食事以外の機会で話をしたい時に送られる選考直結スカウトと、ランチスカウト、寿司スカウトの3種類のスカウトが用意されています。基本的にはランチスカウトとなりますが、ニクリーチに登録すればすぐに企業からスカウトが来るとは限りません。

企業側へのアピールを

スカウトがなかなか来ない人もいます。スカウトが来ない人の特徴として、プロフィールに丁寧に記載していない可能性が考えられます。企業側へアピールするのにプロフィールをしっかり書くことは非常に重要です。特別なことは書く必要はありません。今までのご自身の経歴をわかりやすくしっかりと記載することがポイントです。

エントリーシートも詳細に

登録したらエントリーシートを早速記入しておきましょう。書かないとオファーがなかなか来ないかもしれません。学生時代に力を注いだことや学んだこと、ニクリーチを登録した理由、インターンの経験、自己PRを企業の採用担当者の目に止まるよう、細かく記載します。

スカウトまで1−2週間かかる時も

プロフィールをしっかり記載したとしても、登録して1~2週間はスカウトは来ないという学生は多いです。基本項目やエントリーシートなどを丁寧に記載した後は気長に待ってみましょう。

ニクリーチで内定をもらった学生の口コミ

選考直結スカウトなどスカウトが豊富

ニクリーチで内定を得た学生の口コミの中には、「ランチスカウトはもらえませんでしたが選考直結スカウトをいくつかもらえて、その中から自分の希望に合った企業を見つけられたのでそちらで内定が決まりました。スカウトが来ると不安な就活中でも自分に自信が湧いてきます。思いもよらない業界からスカウトが来ることもありました。

自分の希望以外の業界からのオファーも

私の場合はメーカー系に就職を希望していましたが、人材業界からスカウトが来てさまざまの業界があるんだなと視野が広がりました。学生にとってはニクリーチはメリットしかない求人サイトだと思います。登録して損はないでしょう。」といった高評価な口コミがありました。

他にも、「登録して3週間はスカウトが全く来ませんでした。不安になって自分の登録しているプロフィールを見直して書き直してみたら、徐々に来るようになりました。

人事の人がちゃんと見てくれる

人事の方達はちゃんと私のプロフィールを見て声をかけてくれるのだなと実感しました。焼肉のスカウトも1件もらえ、焼肉を食べながら社会人の先輩から色々な話を聞いてきました。とても貴重な経験ができたと思います。

緊張せず話すことができる

今まで面接の緊張感が漂う雰囲気が苦手で、面接になるとの受け答えがうまくできないことに悩んでいましたが、ニクリーチのランチをしながらといった新しいシチュエーションに救われました。面接時のような緊張感はなくリラックスしながら話ができました。そのままその企業と内定が決まりました。登録してみると美味しいご飯を人事の人と食べられたり得することが多かったです。」といった口コミもありました。

rplay.me/11330

転職サイトに2、3個登録し、自分の市場価値を確かめることをお勧めします

2018年8月最新 ▼当サイトで申込みが多い転職サービスはこちら

【1位】BIZREACH(ビズリーチ)【10ヶ月連続1位】年収600万円以上の求人多数!

【2位】DODA(デューダ)【2位・非公開求人多数】・人気急上昇中

【3位】リクナビネクスト 【【未経験でも転職成功・適職無料診断】】

多くの求人サイトがありますが、人事採用担当者・転職エージェントの経験がある筆者が厳選しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Rplayの最新情報をお届けします

TwitterでRplayをフォローする