新卒一年目でも高い年収やボーナスをもらえる会社に就職しよう!

良い企業は新卒一年目でも高いボーナスを貰うことができます。年収やボーナスの高い企業は福利厚生もしっかりしているところが多く従業員満足度も高いです。
生活の基盤となる職場ですが、仕事内容や給与面などに不満を抱き新卒一年目にして転職を考えている人もいるかもしれません。ここではどういった人が転職を考えているかや転職しても問題ないかなどを説明します。

就活で大手内定強者・ホルダーが利用したサービスを厳選して紹介しています。

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い就活サービス

【1位】「MeetsCompany【参加者内定率96%・サイバーエージェント等上場・優良企業早期内定・残席10席程度】

【2位】「ギークジョブ【人気急上昇!就職・転職成功率95%!上場企業へ内定】

【3位】「ビズリーチ・キャンパス【無料利用・大学のOBOGと気軽に繋がり、質問し、ほかと差をつけよう!】

ニクリーチ 【企業人事と焼肉を食べながら就活相談!】

就活サービスは多くありますが、現役人事担当者・企業経営者が厳選しています。本気で内定を欲しい、不安な方、自信がない方、効率的に就職活動を進めたい方は、3つとも登録することをお勧めします。

新卒一年目の年収やボーナスはどれくらい?

pexels-photo-144233

新卒一年目で働いているけれど、自分の給与が一般的に高いのか低いのか気になっている人はいるでしょう。給与や福利厚生は仕事に対するやる気を決める重要な要素です。
仕事上のストレスに悩んでいる場合でも、給与が高ければモチベーションを保つこともできます。

平均年収とボーナス

大卒の初任給の平均

厚生労働省の調査によると、平成29年の大卒の初任給の平均は206,000円という結果でした。平成28年に比べると1.3%増加しています。

高卒の初任給の平均年収

高卒の平均年収は、162,100円でした。平成28年より0.5%増加しています。

大卒と高卒の平均年収が上がっていることから景気が回復のきざしが見られます。高卒の平均年収は大卒には劣りますが、その分働き始めるタイミングが早いためスキルアップや会社からの評価が見込めるでしょう。

上記は平均年収でしたので業界によってはこの金額より大幅に少ない業界もあります。逆に高い業界も少なくありません。

もし、転職を考えているのであれば転職先の業界がどれくらいの給与を貰えるのかは確認しておいた方が良いでしょう。

所得税の計算方法

給与額が課税対象になる場合は所得税が取られます。所得税の計算方法は次の通りです。
所得税=課税所得×税率-税額控除額
課税所得=総支給額(基本給・残業代・手当)-非課税の手当-所得控除

手取りはどれくらい?

社会保険料の差し引き金額

給与の手取り金額とは、会社から支払われる給与額全体から税金や社会保険料などを差し引いたものです。一般的なサラリーマンであれば全体のおよそ75~80%ほどが手取りとなります。

手取り金額は基本給や残業代などの会社から支給される総額から、所得税や住民税といった税金、年金や健康保険料などの社会保険料が引かれた金額です。会社によっては家族手当や交通費、賞与などが支給される場合もあります。

社会保険料の金額を計算する際は家族手当や交通費、残業代などを含みません。同じように所得税も通勤手当や出張などにかかった旅費、職務に直接必要な資格取得費用などは含まずに計算します。

新卒一年目で辞めたい人もいる

pexels-photo-830891

勤めている会社に不満がある場合は新卒一年目であっても辞めたいと考えるのは不思議なことではありません。中には今の勤め先より良い条件の転職先を見つけ手、本当に辞めてしまう人もいるでしょう。

辞めたい人は少なくない

自分の理想と違う仕事内容や職場の人間関係、福利厚生などが理由で実際に辞めてしまう人は少なくありません。仕事を続ける上ではモチベーションが大切です。

モチベーションが保ちにくい企業や業界は離職率が高く、転職する人も多くなります。中には何度も転職を繰り返している人もいるのです。

辞めたい理由とは

仕事を辞めたい理由は人によって異なりますが、ほとんどの人にはいくつか共通した条件があります。転職を考えている人の多くはこれらの条件が当てはまらない職場を探すことが多いです。
では、どういった理由が多いのかを説明します。

給料が低くて生活できない

生活する上でお金はとても大切です。どれだけつらい仕事でも給料が高ければ続けようという気持ちになります。

逆に自分のやっている仕事内容と給与が見合っていないと退職や転職を考える人が多いでしょう。お金は仕事に対するやる気を保つのに高い影響力があるといえます。

職場環境が思っていたものと違う

給与は高いけれど人間関係や仕事内容が自分の思っていたものと違うなどが理由で退職を考える人もいます。特に人間関係は仕事をする上で大切です。

多くの仕事はチームワークが重要になりますが、職場の人間関係が悪いとスムーズに進まなくなってしまいます。人間関係のトラブルが原因で顧客に迷惑をかける可能性も少なくありません。

職場にはいろいろな人がいることから上手くいかないとストレスになることもあります。ストレスは健康面にも影響を与えることがあるため退職や転職につながりやすいです。

辞めるならすぐに行動に移すことが大切!

職場に不満を抱えたまま仕事をするのは精神的によくありません。給与が少ないといった理由であれば生活にも支障が出る可能性があります。転職をするのであればすぐに行動に移すことが大切です。

新卒一年目で転職や退職しても問題はない?

pexels-photo-292999

新しい職場を探すことができるのかという不安を感じる人はいるでしょう。特に新卒一年目の転職であれば相手企業に良い印象を与えられないのではないかといった不安を感じる人は多いです。
路頭に迷うかもしれないといった不安を感じるかもしれませんが、若手を採用したい企業は多くあります。新卒一年目であれば企業側も職務経験やスキルにはそれほど期待をしていません。
入社意欲やポテンシャル、社会人としての常識などがきちんとしていればそれほど心配しなくても良いでしょう。

転職・退職の流れは?

お金に余裕があるのであれば退職してから転職をしても問題ありませんが、あまり余裕がないのであれば転職先を見つけてから退職するのが無難です。もちろん、アルバイトをしながら就職先を探すという手段もあります。

転職先によっては採用後すぐに出勤してほしいと言われる可能性もあるでしょう。金銭や今後の就業状態を見て判断する必要があります。

転職はスキルなどの武器があれば難しくない

資格などのスキルがあると採用されやすいです。特に即戦力となるようなスキルを求めている企業は多く、仕事で結果を出しやすくなります。
資格を持っていると特別手当が付く場合もあるためしっかりとアピールすること大切です。

プログラミングスキルを持っている

IT企業が増えていることからプログラミングスキルは重宝されています。仕事量も多いことから転職先も見つかりやすいです。
一般企業でもプログラミングのできる社員がいることで仕事の効率化を図ることができます。場合によっては外注する必要が無くなるため重宝される可能性が高いです。

webマーケティングスキルを持っている

webマーケティング業務は顧客を掴む上で重要な要素です。毎日のように新しい情報が現れる変化の激しい業界であることから知識のある人間は重宝されます。

顧客獲得と商品の売上増加にもつながることからwebマーケティング専用の担当者を設けている企業も少なくありません。実務として利用できるスキルを持っていれば即戦力として採用される可能性が高いでしょう。

新卒一年目での結婚は問題ない?

pexels-photo-265907

恋人がいる人の中には新卒一年目で結婚を考えることもあるかもしれません。しかし、まだ仕事をはじめたばかりであればいきなり結婚することに不安を覚える人もいるでしょう。
結婚することのメリットとデメリットを紹介します。

結婚のメリットとデメリット

結婚することのメリットは新しい家族ができることです。お互いに支え合うことで自分の居場所ができます。

仕事でつらいことが起こっても共感しあうことでストレスを軽減することも可能です。新しい職場を探す場合もパートナーが働くことで多少の余裕は出るでしょう。
デメリットは自分の時間が少なくなることです。自分が自由に使えるお金も一人のときより少なくなります。

仕事を辞めたいと思ってもパートナーに反対される可能性は少なくありません。

rplay.me/11513

転職サイトに2、3個登録し、自分の市場価値を確かめることをお勧めします

2018年8月最新 ▼当サイトで申込みが多い転職サービスはこちら

【1位】BIZREACH(ビズリーチ)【10ヶ月連続1位】年収600万円以上の求人多数!

【2位】DODA(デューダ)【2位・非公開求人多数】・人気急上昇中

【3位】リクナビネクスト 【【未経験でも転職成功・適職無料診断】】

多くの求人サイトがありますが、人事採用担当者・転職エージェントの経験がある筆者が厳選しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Rplayの最新情報をお届けします

TwitterでRplayをフォローする