docker起動時のエラーと対処方まとめ

シェアする

プロジェクトでdockerを使っていて困ったときのエラーと対処方法についてまとめていきます。dockerでの問題が起きたときやお困りごとがありましたら是非。

関連記事
フロントエンドエンジニアが新規プロジェクトを開発しやすくするためにDockerを導入してみた。Dockerの導入方法

▼当サイトで申込みが多いプログラミングスクール・教室はこちら!

【1位】WebCamp(ウェブキャンプ)【5ヶ月連続!】

【2位】CodeCamp(コードキャンプ)【急上昇!】

【3位】WebCamp PRO (ウェブキャンププロ)【転職保証・年収大幅アップ】

【4位】TechAcademy (テックアカデミー)

【5位】TECH::CAMP (テックキャンプ)

docker-compose up -dで上手く起動できないとき

この問題の解決につきましては、コンテナやイメージの削除をしてみて、再度起動してみるというのが簡単な方法ですが、そもそもコンテナの削除ができなかったときの事象について書いておきます。

◼︎ コンテナの削除をするときにまず動いているか確認する

docker ps -aで、CONTAINER IDを控えておきます。

dockerのコンテナの削除

◼︎ CONTAINER IDをコピーして、コンテナの削除をしようとしたら、怒られる

Githubにも同じissueが結構上がっていたので再現性の高い問題かと思いますが、ここで解決策としてあげられているumountをしてみても解決しなかった。

https://github.com/docker/docker/issues/9665

上記で解決している人もいるですが、解決しなかったので次のdocker composeを削除を試してみました。

docker composeの削除

● そのあと色々調べているとdocker-composeを削除してみて、再度インストールしてみましたがこちらもダメでした。
docker-compose自体の削除もできなかったので、そもそもコンテナが削除できない状態です。

下記を試してみてdocker-compose周りで混迷を深めそうだったので、そもそもdocker-composeのプロセスを停止するためにPC自体を再起動。

そして改めて、docker-composeを起動してみると無事成功しました。
筆者のプロジェクトでは、apiとmysql、管理画面系のadmを動かしているので、無事コンテナが作成されて動いているのが確認できました。

dockerは複雑だけど楽になる

フロントエンドエンジニアでもdockerを使うべきですよね。サービス・アプリなどを開発しているとどうしても環境ごとで「データや何かが違ってしまう」事があります。その違いについて無駄なコミュニケーションコストを支払うのは嫌ですよね。

インフラやサーバーに携わっていないと導入するのにも時間を要しますが、一度入れてしまえばかなり開発が楽になります。ぜひ試してみてください。

シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Rplayの最新情報をお届けします

TwitterでRplayをフォローする