転職が決まらないのはどうして?その原因と不安の取り除き方

転職をすると決めて仕事を辞めたとしても、スムーズに次の仕事が決まるとは限りません。中には思ったよりも転職活動が長期化してしまい、「このままどこも雇ってくれないのでは」と焦りを感じている人もいるでしょう。そんな焦りや不安に押しつぶされそうな人はどうすればいいのでしょうか。転職先が決まらない原因と共に、具体的な打開策を紹介していきます。

2018年10月最新! ▼当サイトで申込みが多いプログラミングスクール・教室はこちら!

【1位】ギークジョブ【20ヶ月連続1位!】 就職・転職成功率95%!上場企業へ内定

【2位】WebCamp PRO (ウェブキャンププロ)【就職転職保証・返金保証・年収300万上がる】

【3位】WebCamp(ウェブキャンプ)【5ヶ月連続!3位】

ほかにも多くのプログラミングスクールがありますが、現役エンジニアが利用して間違いないスクールを厳選しています。

実際にWebCampに通って上場企業へ転職、年収が上がったエンジニアの話 → プログラミング未経験からエンジニアへ

転職先が決まらない人の特徴

photo-1493851449704-07ee5725d916

40代の特徴

社会に出て間もない20代とは違い、30代は仕事にも慣れてある程度責任のある仕事を任せられるようになるでしょう。そして、40代ともなれば管理職など上の立場に上がる人も多くなり、部下を持つようになったり、中堅からベテランという位置に考えられることもあります。

このように年代によってある程度の社会的地位が予想されます。

20代の特徴

この考え方が転職活動においても非常に重要で、例えば20代で転職するとなるとキャリアがほとんどないというのは一目瞭然ですから、将来のビジョンや熱意などが積極的に見られます。つまり応募企業の色に染まってくれそうかどうかをチェックされているのです。

40代の特徴

それに対し、40代という年代になると今まで培ってきた経験やスキルが重要視されます。具体的な実績を挙げてきたという強みがあれば、転職の際にも戦力として欲する企業が出てくるでしょう。またある程度のキャリアがあると期待される世代のため、前職のやり方を上手く利用しながら企業や社会に貢献していくという特徴があります。そのため、20代という若い世代とは違い、会社の色に染まってほしいという期待をほとんどされていないことが多いです。

40代で転職が決まらないという人は、強みとなる実績やスキルが乏しいと考えられます。若い世代のように1からのスタートではなく、今までの経験を生かしながら戦力として働くことが求められるため、職務経歴のアピールができないと魅力を感じてもらいにくくなるのです.

転職先が決まらない事で出てくる焦りと不安って?

photo-1523309375637-b3f4f2347f2d (1)

新たな職場での活躍を期待して転職をするとなると、前向きな気持ちで転職活動に挑むことができるでしょう。しかし、中には転職先がなかなか決まらず、焦りや不安を抱いている人がたくさんいます。では、具体的にどのようなことがネガティブな気持ちを生み出しているのでしょうか。

金銭的な不安・収入はゼロ?

まずは金銭的な不安です。転職活動中に就業していないと収入はゼロです。もし、転職活動に集中するために先に退職してしまったという場合や予想以上に長引いてしまって収入がない日が続いているとなると、毎日の生活が不安になってくるのは当然のことです。

また、転職活動によっては会社説明会や面接などで県外に行かなければならないこともあります。これらも実費になりますから、無収入の状態には大きな打撃となってしまいます。失業保険などを活用してできるだけ収入がゼロにならないようにしましょう。

周囲からのプレッシャー

次に周りからのプレッシャーです。仕事がないとなると両親はもちろんのこと、家計を共にしている家族も心配するでしょう。一人暮らしで自立しているのであればまだ良いかもしれませんが、家庭を持っているという場合には家族にも大きな迷惑をかけることになります。だからこそ「早く決めなければ」という焦りに繋がってしまうのです。
最後にどこからも採用がもらえないのではないかという不安です。

高学歴でも落ちることもある

就職難が深刻化している現代では、例え高学歴でスキルがある人間だったとしても、、100%採用がもらえるとは限りません。最初は前向きな気持ちで挑んでいた転職活動も、不採用が続くことでどんどん自分に自信をなくしてしまう人もたくさんいるのです。このままどこも雇ってくれないのではという不安に駆られ、焦りや不安に押しつぶされそうになってしまうことが考えられます。

安心して転職活動を行うためにやるべきこと

photo-1499750310107-5fef28a66643

転職活動中には様々な不安が付きまといます。しかし、焦っても事はうまく進まないものです。まずは冷静になって1つ1つのことに対して丁寧に取り組んでいくことが大切です。実はこういった精神論だけではなく、具体的に求職者を支援するための制度がいくつかあります。それを利用することで様々な不安から解放され、転職活動に集中できるようになるでしょう。

失業保険を利用しよう

まずは失業保険です。これは求職者が転職活動中に無収入になる不安を取り除いてくれる制度です。働いている間に月々の給料から雇用保険が引かれていることがありますが、実はこれが失業した時の自分を守ってくれるものになります。

退職後にハローワークで手続きをすれば、前職の給料額を参考にお金が振り込まれます。
次にスキルの取得です。ハローワークでは求職者を対象にスキルアップを目指した訓練校を実施しています。スキルを身につけることで、仕事探しの視野を広げることができるでしょう。”

何と言って退職をすれば丸く収まるのか

photo-1507679799987-c73779587ccf

前職に在籍している間に転職活動を行い、内定をもらってから正式に前職の退職を申し出るというようにすれば、無職の期間を作る事無く転職ができます

しかし、中には次の仕事が決まっていない状態で退職を申し出るという人もいます。どちらが正解、不正解ということではありませんが、後者の場合には事前に退職理由を考えておく必要があります。

すでに内定をもらっていると言う

既に内定をもらっていると言えば、在籍中の職場では引き留める術をなくすのでスムーズに事を進めやすくなります。ただ、まだ決まっていないということだと引き留める隙があるため、どんなに強い意志を見せてもなかなか辞めさせてくれないという可能性もあります。そうならないようにするための退職理由作りを行いましょう。

スキルアップのために転職するという

例えば、「スキルアップのためにどうしても働きたい会社があるから」や「新しい仕事に挑戦してみたくなった」という理由でも良いでしょう。前向きな気持ちがうかがえるので、熱意が感じられれば背中を押してくれるかもしれません。

しかし、不満があって辞めるとなると喧嘩別れのような状態になってしまう可能性があります。あくまで角が立たないように退職をするということを考えた理由作りをしましょう

次の仕事が決まる前に退職してしまったら?

photo-1471238119891-2e56eca253b4

申し出た退職日までに転職先を決めようと活動をしていたものの、思いのほか長引いてしまって決まらなかったという人もいます。そんなときにはどうすれば良いのでしょうか。

まずは前述したように、安心して仕事探しができるように失業の手続きを行いましょう。給付金があるだけで経済的な不安を軽減させられます。次はどんどん求人に応募するということです。企業によって選考にかかる時間は異なりますが、大体1~2ヶ月程度で合否が分かることがほとんどです。

そんな中でも急募求人の場合には、もっと早くに結果を出してくれる可能性があります。少しでも早く仕事を決めたいと思うのであれば、急募と書かれている求人に注目するようにしてみると良いでしょう。

仕事が決まる前に辞めるデメリット

退職後の転職活動は仕事探しに集中できるというメリットがある反面、無職期間ができてしまうというデメリットもあります。だらだらと長引かせるとストレスになるため、複数応募をしたり、様々な転職方法を試してみるなどして「焦らず急ぐ」ということを心がけましょう。

仕事が決まらないなら転職活動のやり方から見直してみよう

woman-typing-writing-windows

1社受けるごとに書類を用意しなければなりませんし、面接まで進めば会社まで足を運ばなければなりません。つまり、転職活動は労力を要する上に緊張の連続となることが多いです。だからこそ転職活動中にはストレスがたまり、挫折してしまうという人もいます。

こうなってしまうと再び前向きな気持ちに立て直すのも大変でしょう。なかなか仕事が決まらない、応募しても毎回手ごたえがないと感じている人は、まず転職活動のやり方から見直すことも大切です。

条件を絞りすぎない

まず、仕事探しにおいて条件にこだわりすぎていないでしょうか。働く上で条件はとても大切ですが、100%理想に叶うようなところを探していてはいつまでも自分に合った仕事は見つかりません。

ハローワーク・転職サイトに登録

絶対に譲れない条件だけは決めておき、それ以外は妥協しながら視野を広げた仕事探しをするようにしましょう。
次に、1ヶ所に絞ったやり方はやめるということです。ハローワークに行くだけ、また転職サイトを見るだけというようなやり方では時間の無駄です。

それぞれが違う求人を扱っている場合があるので、時間を無駄にしないようにするためにも同時進行で求人のチェックと応募を行いましょう。

rplay.me/11095

転職サイトに2、3個登録し、自分の市場価値を確かめることをお勧めします

2018年8月最新 ▼当サイトで申込みが多い転職サービスはこちら

【1位】BIZREACH(ビズリーチ)【10ヶ月連続1位】年収600万円以上の求人多数!

【2位】DODA(デューダ)【2位・非公開求人多数】・人気急上昇中

【3位】リクナビネクスト 【【未経験でも転職成功・適職無料診断】】

多くの求人サイトがありますが、人事採用担当者・転職エージェントの経験がある筆者が厳選しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Rplayの最新情報をお届けします

TwitterでRplayをフォローする