IT業界のエンジニア希望なら!面接・技術力UPにはきめ細やかな情報収集が決め手!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

IT業界で働くことを希望している人が増えている。もしもエンジニアとして働きたいと考えているならば、さまざまな情報を収集して、自分に有利となるような就職活動を行うべきだ。

システムエンジニア、フロントエンドなどどのような求人があるのか具体的に調べる

aecf6edd470eda7821328d12e642cdfe_s

当たり前ではあるがまずは、どのような求人が出ているのか、具体的に調べることが大切だ。IT業界で就職・転職をする場合様々な用語があり、プログラマーやシステムエンジニア、フロントエンドエンジニア、サーバーサイドエンジニア、インフラエンジニア、ネイティブエンジニア、webデザイナーなど、たくさんの職種が見受けられる。

さらに、希望の職種に就くことができるように、自分自身のスキルについて確認すべきである。スキルは自分で実際にサービスが作ったことがあれば、そのサービスを作ったときに使った言語などを記載しておくと面接官がわかりやすいので、それをお勧めする。

求人先が望んでいるスキルを身につけていたならば、就職活動を有利に進めることができるためである。

スキルを提示するための資格取得

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_s

スキルを明確に提示する方法として、資格取得が上げられている。基本情報技術者など、IT業界で働く上でセールスポイントになるような資格を取得していることはとても大事だ。

もしも資格を所持していない時は、取得に向けて努力することをおすすめする。働きながら資格取得をすることも可能である。

自分で参考書や問題集を購入して学習するほかに、通信教育を活用する方法も有益だ。効率的なカリキュラムを設定しているために、働きながら学びたい場合に最適である。

また、参考書などのテキスト以外に、多彩な教材を取り扱っているところも大きな魅力となっている。特に、DVDや動画配信を行っている通信教育は人気がある。

有名な講師が教壇に経って授業を行っているケースもあるからだ。非常に分かりやすい上に、何度も再生して学習することができるので、DVDや動画配信などパソコンを活用した教材は効果的である。

インターネット上で学習できるおすすめの動画サービス

・ドットインストール
・Schoo
・CodeCamp

ドットインストールやSchooは無料で動画で学習できるサービスで、プログラミングやウェブマーケティング、デザインなど多岐に渡っている。

もし、IT業界をめざすのであればこういうサービスを知っているということも評価の対象になるので覚えておくことをおすすめする。

なぜかというと面接時に大体「どういうサービスが好きか」という話になるからだ。このときになにも話せず、Twitter、Facebook、Instagramなどと言ってしまうと普通すぎてつまらない人だと思われてしまう。

特にお勧めなのが、CodeCampで、CodeCampでは現役のエンジニアがマンツーマンで教えてくれるというサービスになっており、動画などで指導してくれるので非常に効率的でわかりやすい。

しかも、無料体験もすることができるので、それをした後にそのあとのキャリアや技術についてどうしていくかも相談できる。
ぜひエンジニアを少しでも目指したいという方にはお勧めしたいサービス

プログラミングはWEBサイトや書籍などがたくさんあり、一見学びやすそうに見えるのですが、実は分かった気になっていてもいざ何か作ろうとなると実践できないと聞くことが多くあります。

それらを解決するためには、個々人の進捗や理解度にあわせながらマンツーマンで指導する方法がもっとも効率的で、書籍や無料サイトではできない学習方法です。

CodeCampの無料体験の詳細をみる

通信教育はレビューを参考に探す

尚、通信教育に関心があるならば、あらかじめ評判を調べることが重要だ。実際に利用している方たちのレビューを参考にするのはとても良い方法である。

また、無料で資料を請求することも可能である。幾つかの通信教育の資料を取り寄せて、それぞれを見比べる方法をおすすめする。気になる料金についても記されているので、必ず比較すべきである。カリキュラムの日数をチェックすることも大切だ。

通信教育について、実際エンジニアとして上場企業で働いていて専門学校でエンジニア、デザイナーを目指した体験談が気になるという方はこちらをどうぞ。

尚、就職よりもフリーランスとして働くことを志望する傾向も見受けられる。

その理由として、通勤時間の短縮や、自分のペースで仕事ができるというメリットが挙げられている。

もしもフリーランスのエンジニアとして働きたいならば、これまでの経歴や業績が重要になる。

クライアントに納得してもらえるように、経歴や業績を分かりやすくまとめて提示することが大事だ。資格を取得しているならば、証明書や合格証のコピーを添付すると効果が高くなる。大学の工学部や専門学校を卒業している場合には、卒業証明書を添えると良い。

フリーランスエンジニアとして働く場合

また、フリーランスと働く方たちを支援している求人サイトもあるので、積極的に利用する方法がおすすめだ。実際に面接を行って、個人の能力に合わせた仕事を紹介しているので、納得しながら働くことができる。

また、ギークスジョブやレバテックフリーランスという求人サイトでは、一人一人に対して専門のスタッフがフォローを行うので、とても心強い

もしも仕事がうまくいかない場合には、具体的なアドバイスもしてもらえるので頼りになる。作業効率など、仕事に関することはもちろん、一日のスケジュールの組み立て方など、日常の過ごし方に対しても有益な指導をされる。

経験が足りなくてなかなか踏み出せないという方でも、応募してみて相談すると良いでしょう。特にギークスジョブは47%が1日で仕事が決まるという特徴があり、人気

geechs job(ギークスジョブ)の評判・口コミはこちら

責任を自覚しながら働けるようになるので、求人サイトを活用する方法は最適だ。尚、さまざまな求人サイトが見受けられるので、まずは気軽に問い合わせてみた方が良い。詳しい説明を聞けるので、とても参考になる。

求人サイトの担当者と面談をする場合の留意点

bsCL201_syorui2320140830185655

また、求人サイトの担当者と面談を受ける場合もある。面談を受ける前に履歴書を用意して、自分をアピールできるようにした方が良い。IT業界で働く意志を示しながら、資格を含めて自分の経歴を提示することが大切だ。

さらに、プログラマーやwebデザイナーなど、希望の職種が決まっているなら、積極的に伝えることが重要だ。優先席に仕事を任せてもらえるからだ。

実際に仕事を受けることが決まった時は、報酬や納期について、念入りに確かめるべきだ。提示された報酬が納得できるかどうか、事前にチェックすることによって、仕事に対するモチベーションが大きく変わる場合もある。

業務委託契約の契約形態に注意する

完全にクライアントの仕事場に常駐する場合と、納品物を納品すればどこで働いても良いという契約がある。しかし、納品物に少しでも不備がある場合給料が入らない可能性がある。

ギークスジョブでは、完全常駐で納品したもののいかんにかかわらず給料が発生する契約になる。もし体調が悪くて会社を休見続けてしまうということがない限りは、働いた分だけが給料になる。

また、業務委託の場合140~160時間という会社ごとに契約があるために、それを超えた場合は別途残業代が支払われる。
こういうことの積み重ねによってフリーランスで月に95万程度稼ぐ人も少なくない。
フリーランスの給与や働き方についてはこちらも合わせてどうぞ。

受託契約という形を用いる場合は、納期を確実に守ることによって、依頼先との間に信頼関係が生まれる。必ず守れる納期が設定されているかどうか、事前にスケジュールを確かめるべきだ。

仕事のクオリティにこだわることも重要である。たとえ納期を遵守することができても、クオリティの低い仕事をしていると信頼を失うからだ。

確実に納期を守りながら、クオリティを維持できるような仕事を提出したならば、依頼先が納得して報酬を支払うようになる。そのために、仕事のクオリティが落ちないように、技術を磨いて、知識を蓄えることが必要となる。

IT業界で仕事を続けたいならば、情報処理の進歩に敏感になり、自分自身の能力を高めるべきだ。信頼度が高い仕事を提出することができたなら、IT業界で働き続けることが可能になる。

IT業界でエンジニアを目指せばなんでもできる

IT業界でエンジニアになれば、将来的にひっぱりだこになることは間違いない。プログラミングを知っていると、様々なウェブサイトやアプリケーションが作れるので、いろんな会社から請け負ったり、自分でサービスを作ることによって、収益を上げていくことができる。

そして業界に左右されずに自分の技術だけで生きていくことができるという素晴らしい職業だ。

ぜひみなさんもエンジニアを目指して頑張って下さい。

これからエンジニアを目指したいけど、どうすればいいのかわからないという方はこちらも合わせてどうぞ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Rplay転職チーム

Rplayの転職・フリーランスに関する情報をお伝えするアカウントです。中の人は上場企業でエンジニアをしつつ事業主をしています。エンジニアの転職やフリーランス、事業構築などの記事を書いていきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Rplayの最新情報をお届けします

TwitterでRplayをフォローする

カテゴリー一覧