絶対に転職したい方に転職経験者がおすすめするスカウトメールが多い転職サイト3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6

転職サイトに登録するとスカウトメールがきます。スカウトメールでは自分の興味がある企業もない企業も沢山きますが、どうせだったら自分の希望してる条件に近い企業にオファーをいただきたいですよね。

今回は転職2回経験している経験者が各転職サイトからどのような形でメールがくるのかを具体例を元にご紹介していきます。転職サイトに登録する前にこういうメールがくるのは嫌だなという方は、ほかの転職サイトを見てみてください。

まずは、各転職サイトから各転職サイトのオファーメール内容を記載しますので具体的にイメージしてみてください。

リクナビNEXT

リクナビNEXTは人材大手の企業のリクルートホールディングスの、グループ会社のリクルートキャリアが運営する社会人のための転職サイトです。

転職ノウハウや転職活動体験談等、転職成功のヒントなども掲載されていて、職務経歴や転職希望条件などを匿名で登録しておくと、興味を持ってもらった求人企業や転職エージェントから直接オファーが届くスカウトサービスもあります。

リクナビNEXTのオファーの種類

プライベートオファーとオープンオファー、興味通知オファーの3つに分かれています。

利用しているとわかるのですが、オファーを送る側もあまり使い分けをしていないようです。名前的にプライベートオファーの方が凄そうなイメージがありますが、プライベートオファーの大部分は下記のようなエージェント企業からのオファーになっています。

リクナビnext

具体的なメール文面は下記のような形になっています。
リクナビNEXTの場合は、最近のオファーをいくつかまとめてメールを送ってくれたりするので、沢山メールが送られてきて大変なことになるのを防いでくれます。

この時は大手IT企業である「ミクシィ」からのオファーになっています。

リクナビネクストをおすすめする方

リクナビネクストは結構オファーの数が多く、「転職の書類選考で落ちてしまっている」、「転職の際に自分の強みが答えられない」、「転職できなくて困っている」という方にはおすすめです。

リクナビネクストが無料で提供している、「グッドポイント診断」があるので転職する際の強みをアピールする際に使ってみてはいかがでしょうか。

リクナビネクストの詳細を見る

BIZREACH – ビズリーチ

ビズリーチ

即戦力採用はビズリーチというキャッチコピーで一時期CMも沢山流れていたビズリーチですが、ビズリーチの特徴はスタートアップ・大手のIT企業のオファーが多い点です。

また、転職エージェントが切磋琢磨して、得点をつけるサービスになっているので、各社競い合って転職者に対して良い印象を持ってもらえるように頑張ってくれます。オファー内容は、成長中の企業が多い為に年収が高くなる傾向にあるようです。

実際にオファーを受けている企業はこのような形です。

職種や経歴などによっても異なるかと思いますが、ビズリーチはリクナビネクストとは異なり、エージェントよりも直接企業の採用担当者または採用を代行して連絡している方からの連絡が多いです。

ビズリーチ

直接企業からのオファーとエージェントからのオファーの違い

エージェントを経由したオファーのメリット

どのようなことを意味しているかというと、エージェントを経由すると金額交渉などの際にエージェントを経由してやり取りしてくれるので、直接やり取りするという手間が省けるのと精神的なストレスを軽減できます。転職活動の際には精神的にも肉体的にも疲れますので、エージェントを経由するというのも一つの手です。

企業からの直接オファーのメリット

逆にエージェントを変に経由してしまって、何を考えているのか分からない、日程調整がエージェントを経由しているので、決定が遅く、直接やり取りしたいという方は直接オファーに対応すると良いでしょう。

ビズリーチにはプラチナスカウトメッセージと、プレミアム会員(30日間 2,980円)のみが閲覧できるメッセージの二つがあります。お金を支払いたくなく無料で資料したいという方は、プラチナスカウトメッセージが届くのを待っても良いと思います。

下記はプラチナスカウトメッセージのメールが届いた時の例です。

ビズリーチはこういう方におすすめ

ビズリーチは、「スタートアップ」「大手IT企業」を目指している、「上場するような企業に転職してストックアプションをもらいたい」という方にはおすすめの転職サイトです。これから上場するような企業も多く含まれており、ヘッドハンターもネIT企業に対してよく見ている方が多いので多くのアドバイスをもらえます。

人気のヘッドハンターなども可視化されているのでこれまでのように「誰だかわからないけどすごく連絡がくる」という状況は少ないです。そういう場合は、ビズリーチに連絡して、評価が下がるようなことはヘッドハンターもしないので質が高くなっていますね。

良い条件のオファーをもらうにはレジュメを早めに登録して待つようにしましょう。

→ ビズリーチの詳細を見る

→ ビズリーチの公式サイトへ

DODA

doda

大手人材会社であるインテリジェンスが運営している転職サービスであるDODA。求人案件数も非常に多く、新着案件で3000件以上の求人案件データが公開されています。IT企業以外でも幅広く募集しているので、大手で様々な職種の検索がしたいという方にはおすすめですね。

DODAの場合はオファー内容が複雑になっており、面接確約から単純な選考のオファーまで幅広くあります。面接確約のオファーが欲しい場合は、インテリジェンスが運営している「ミイダス」からオファーを受けると自分の市場価値を計算して、企業側がそれに合うようなオファーを送ってくれます。

スクリーンショット 2016-07-15 18.39.08

ミイダスに関しての詳細に関してはこちらにまとめてあります。

DODAのヘッドハンティングのメールは多種多様で、提携しているエージェントからのメールと、DODAの担当者からのメールに分かれています。リクナビネクストとビズリーチと比較しても一番 メールが多くて嫌いだという方は、DODAのメールが多いので注意が必要です。

また、DODAの場合は基本的なオファー内容も全てメールに記載されているのでわざわざサイトに遷移しなくて良いということもあり、そこは一々ログインしてマイページなどから確認しなくても良いのでユーザー的には嬉しいですね。

たまにログアウトされていて情報がわからなくなってしまっている場合がありますので。

DODAをおすすめする方

DODAをおすすめする方は、「メールから直接オファー条件を見たい方」、「幅広い求人案件から選択したい方」、「ミイダスなどを使って自分の最適な市場価値を知って年収をあげたい方」「面接確約オファーが欲しい方」にはおすすめしています。

特に面接確約オファーは書類選考などで落ちてしまっている方にとっては非常に便利ですし、面接の方が得意で自分の力が出せる都いう方にはチャンスです。

DODAの詳細を見る

DODAの公式サイトへ

価値ある転職サイトに登録することが転職への近道

今回は転職サイトについて、大切なオファーメッセージやどういうオファーが具体的にくるのか、どういう案件があるのかをご紹介しました。その中で自分にあったサービスを見つけていただいて、ぜひ転職を成功させていただければと思います。

転職では人生が変わりますので、いくつかのサイトを筆者が使ってみて厳選しています。もちろんそのほかの転職サイトも良いところは多いですが、特に転職を絶対に成功させたいという方のために今回は3つに絞りました。

そのほかの転職サイトについても気にあるという方はこちらも合わせてチェックしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Rplay転職チーム

Rplayの転職・フリーランスに関する情報をお伝えするアカウントです。中の人は上場企業でエンジニアをしつつ事業主をしています。エンジニアの転職やフリーランス、事業構築などの記事を書いていきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Rplayの最新情報をお届けします

TwitterでRplayをフォローする

カテゴリー一覧