転職時期は4・6月いつが最適なタイミングなの?

シェアする

転職したいけど、転職した方がいい時期ってあるの?という疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。転職時期は決算の後のボーナスが終わった後など、4〜6月・10月が多いです。転職の最適な時期やタイミングはいつなのかご紹介します。

転職 時期・タイミングっていつがいいの?

転職

転職するときは厳密にこの月に転職した方がいいということはありません。求人件数が増加する時期はありますのでその時期に転職する人もいますし、自分のスキル・能力と市場の価値を考えるなどタイミングがあります。

転職したい時が転職する時ですし、自分のスキルでできる仕事や目線が現職を超えてしまっている場合、「ぬるいところに浸かっている状態」ですので、早く転職することをオススメします。

転職の時期は転職を成功させるための条件ではありませんので、転職に成功したいという人は、こちらも合わせでどうぞ。

転職の成功・失敗事例・体験談まとめ

転職時期で4月・6月が多い理由

OZPA_kimisaiyou_TP_V

企業の事業年度、決算などを考えれば、企業の採用活動が活発化しているのは2〜3月になります。新年度に備えるために4月までに企業の中で、事業や人員の調整・社内体制を整備するためです。

2〜3月は求人件数は増えるのですが、ライバルが多くなりますので、転職時期を4〜6月にするという方も多いです。

転職の面接・書類などの準備不足は相手に見抜かれてしまいます。記念受験程度の気持ちで受けないようにしましょう。4〜6月入社を目指すなら1〜3月ごろには動き始め、10月入社を目指すなら7月ごろから面接や書類選考、職務経歴書の整理をしておきましょう。

履歴書・職務経歴書を整理するのにも時間がかかりますし、客観的に自分を判断するのは難しいです。そういう時は転職サイトや転職エージェントをうまく活用して自分が転職したい業界や会社に受け入れられるものを作りましょう。

転職エージェントを活用した方が転職活動を成功させられる可能性が上がります。転職サイトや転職エージェントを利用しないで転職する方が珍しいです。
転職活動に使える転職エージェントの口コミや評判を集めて見ました。

転職 時期を占いに頼らない

YUKA863_korekore15202501_TP_V

転職時期を占いなどに頼っている人もいますが、これはあまりにも危険です。嘘のような本当の話ですが、占いの結果をみて転職を判断するというのは占いに人生を預けるということです。人生は自分でコントロールするべきもので、何かにコントロールされるというのはやめておいた方が良いでしょう。

嘘のような本当の占い

例えばどうしても入りたい企業があるとします。

そして、「その企業が今のタイミングしか求人を掲載していないというケース」は少なくありません。そのような時にでも占いに頼ってしまって占いの結果が「今は転職の時期や挑戦はやめておきましょう」となっていたら転職を辞めるのでしょうか?せっかくのチャンスを逃すということになります。

また、例えば、ソフトバンクの孫正義さんが占いの結果を1つ1つ信じて行動していると思いますか?絶対にありえませんよね?1つ1つ気にしていたら何も行動できなくなってしまいます。

転職活動で占いを気にしない

占いは、「何かの失敗をした時にこんなこともあるよな」という慰めの1つとしてみることをオススメします。決して、何かの意思決定の際に最初に知っておくというものではありませんよ。それで意思決定が揺らいでしまう可能性もありますからね。

占いを信じすぎてしまう人は、何かに頼ろうとしている、人に何かを決めて欲しいからみるのではないでしょうか。信用しすぎてしまうと、転職活動に関しては人生を変えてしまうほどの危険性がありますので、占いを判断基準にするのは数パーセントに留めておきましょう。

転職に失敗してしまった人の体験談や、どのような点で転職に失敗したのかということを詳しく書いています。転職に失敗したくない方は、こちらも合わせてどうぞ。

転職失敗には原因が!失敗の理由、例・失敗談まとめ

新卒で入社した時の転職時期はいつ?

明確な転職をするべき時期というのはありません。

新卒で入社してからの人の実績にもよりますし、逆に確実に向いていない会社だという場合はすぐに辞めてしまって、転職理由をセットですぐに転職活動をすれば第二新卒として雇用される可能性もあります。転職時期は人によりますので、信じ込むのはよくありません。

定説にとらわれずに自分の将来を見据えて行動をするようにしましょう。

転職は新卒から1年半程度、実績は残してからの方が好ましい

昔は「石の上にも3年」と呼ばれ、3年未満で転職する人は堪え性がない人だということで印象がよくないということもありました。しかし、働き方の変化や社会情勢、経済情勢の変化もあり、3年というのは長い方ではないか?と思われるようになりました。

特にIT業界では、ブラック企業・働くのが大変ということではありませんが人材の流動が早いので1年半程度で転職するということも少なくありません。

海外では実力のある人ほど転職を重ねることができるので、転職先ではしっかり実績を作ってそれがから転職することをオススメします。

新卒で働いても年収が全然上がっていかないという不満があって転職を考える人も多いかと思いますが、「転職をする前になぜ年収が上がらないのか?」を考えたことがあるでしょうか。

働いていても年収が上がらない人の特徴をまとめています。

【まとめ】年収が低いサラリーマンの特徴 

転職時期 税金・確定申告は?

年末調整をしていない人

12月までに会社を辞めてしまって、1月から会社に勤め始めるという方は、年末調整を勤務先で行なっていないので自分で確定申告する必要があります。

年末調整をした人でも必要

年末調整をした人でも以前の会社の所得計算がされていない場合は確定申告をする必要があります。年末調整をしても1年の所得計算が済んでいないというのが理由です。

年末調整をした時に前職の源泉徴収票を会社に提出しましょう。そうすると前職の所得も合わせて計算されます。現職から支給される源泉徴収票の金額をチェックしておくことをオススメします

前職の所得が含まれていなかったら、確定申告をする必要がありますので注意しましょう。

年齢によって転職時期に違いはあるの?

転職者の年齢によって転職時期が変わるということはありません。これまで述べてきたように転職時期は年齢に関わらず、4月、6月、12月が非常に多くなっています。

転職サイトや転職エージェントに登録するとその傾向が顕著にわかります。この時期になると転職のスカウトメールが非常に多くなってきます。

転職のスカウトメールや連絡が欲しい、転職活動を今すぐ始めるわけではないけど、スカウトをされてから決めたいという方はまずは下記の転職サイトやエージェントに登録してみてください。

絶対に転職したい方に転職経験者がおすすめするスカウトメールが多い転職サイト3選 

シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Rplayの最新情報をお届けします

TwitterでRplayをフォローする