アニメーターの仕事内容とは?求人情報一覧

シェアする

AL204_uwamedukai20140830153709_TP_V

アニメーターの仕事内容は、アニメ映画やTVのアニメ番組やそのほかの番組で説明シーンなどに使われるアニメ映像のその画像を作る仕事です。

一言でアニメーターといっても、全てのアニメーターが同じ作業をしているわけではありません。 たとえば、アニメ番組で説明すると、まずアニメにするためのもとの画像を原画という形で作るのですが、この原画も、キャラクターや背景などの線を書く人、キャラクターや背景の色を付ける人といったように、それぞれに役割が分担されており、それぞれに担当者がいます。いちシーンごとにこの原画を何枚も作りますが、アニメはキャラクターや背景などの動きを表すために、その動きを滑らかにするために動作を一つ一つ止めたような状態を原画に起こしていきます。

また、視点などによって、映る角度や映すシーン(カットといいます)が変わったりするので、シリーズものだったりすると、キャラクター担当のグループ、背景担当のグループ、そのほかといったように分かれて作業することもあります。 作業量は、30分アニメ(実質放送時間21分程度)で、300カット前後、動きの少ないものだと動画にする原画枚数は4000枚前後、動きの多いものだと8000枚程度は必要とされており、これが毎週の放送日の締切までに、放送できる状態にまで仕上げなくてはなりません。

アニメーターの仕事は、常に時間との勝負です。一枚の原画の失敗によって、零コンマ何秒という一瞬の出来事なのですが、その動きがぎこちなくなったり、違和感を覚えるようなものになったりするため、1カットごとに確認しながらそうしたミスがないかチェックをします。

それぞれのカットを並べて、通してチェックをして、OKなものが放映されるわけですが、このチェックをするのもアニメーターが行います。 TVや映画のアニメを観覧したあと、最後にエンドロールが出ますが、その時に「作画監督」だとか「アニメーション監督」だとか「〇〇監督」という名前がついている人たちが、このチェックをするアニメーターで、いわばアニメーターのなかでも出世をした人たちです。

世間では、アニメーターは一括りにされていますが、アニメーターのなかでも階級があり、作画を行うアニメーターからアニメーターを総統する監督までいます。 ただ、アニ

アニメーターの未経験、就職、転職求人の例

株式会社スタジオ雲雀の未経験積極採用 固定給で安定して働けるアニメーターと株式会社MUGENUPの在宅イラストレーターと株式会社マスターピースの在宅似顔絵師(アナログ絵イラストレーター)となどの人気の求人情報が掲載されています。Rplayでは未経験、初心者、高収入、土日休み、各都道府県ごとの地域、職種ごとの求人情報を多数掲載しています。

職種別求人一覧

各業種の職種別の求人が検索できます。給料がもっと欲しい・高収入、残業したくない、定時で帰れる、土日勤務なし、などの様々な条件から求人を検索して見ましょう。