Webエンジニアの仕事内容とは?求人掲載・情報一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 11

本

ウェブエンジニアは、インフラエンジニア、サーバーサイドエンジニア、フロントエンドエンジニア、マークアップエンジニアなど幅広い職業のことをさします。Javaエンジニアなど、プログラミング言語を頭につけた呼び方もあります。

Webエンジニアの未経験、就職、転職求人の例

Jellyfish Inc.のWeb service developer (Ruby on Rails engineer)とカラーズ2株式会社のWebデザイナー・コーダー[兼務] 在宅ワーカーを募集していますとフューチャー・アンティークス株式会社の新規サービスのWebデザイナー(Photoshop) 新規自社サービス立ち上げのデザイナーとして活躍してください!となどの人気の求人情報が掲載されています。Rplayでは未経験、初心者、高収入、土日休み、各都道府県ごとの地域、職種ごとの求人情報を多数掲載しています。

Webエンジニアの主な仕事

SIerと呼ばれる業務を他社から委託されて決まった仕様通りに開発したり、調整したりする業務とは異なります。

ブラウザで動くアプリケーションやシステムの開発、アップルやグーグルが提供しているアプリのストアでアプリケーションを提供する、「ネイティブアプリエンジニア」などの開発を行う人のことを呼びます

ウェブサイト制作、ホームページ制作、システム開発、業務システム、アプリストアでダウンロードできるアプリの中でも利用されている技術もあります。

Webエンジニアになった時には、上記のような開発や制作業務を事業として行う会社に入社してWebエンジニアとして働くことになります。

働き方としては、システムやホームページ制作はエンジニアだけではなく、プランナー、ディレクターマーケティングプロデューサーデザイナーなどの職種と一緒に働くことになります。

一人で開発するわけではなくチームワークを生かして1つの仕事やプロジェクトを遂行して行くことになります。

Webエンジニアの平均給与・年収

Webエンジニアのスキルで開発できる幅は広く、これからの時代で非常にニーズの高い職種となっています。

IT企業では大手企業で年収が500~1000万円以上の水準となっており、転職でWebエンジニアを選択する人も増えて来ています。

海外のシリコンバレーでは年収1000万円が普通になって来ており、海外での就職をしたい人にもWebエンジニアはオススメです。

働く場所や環境、言語にとらわれない職種というのは非常に少ないため、Webエンジニアは働き方に左右されないという意味でもオススメです。

Webエンジニアに必要なスキル

  • 論理的思考力
  • 新しい技術を取得して行く気持ち、趣向

エンジニアは誰でもなれるわけではないでしょ!と考える人も多いですが、プログラミングスクール・教室が充実して来ており、小学生、高年齢者、文系出身者でもアプリを開発するのが普通になって来ています。

プログラミング、スクールの人気の講座の一覧

Webエンジニアになりたいという方は、これからの時代にニーズがあり年収も上がりやすいのでぜひ。

職種別求人一覧

各業種の職種別の求人が検索できます。給料がもっと欲しい・高収入、残業したくない、定時で帰れる、土日勤務なし、などの様々な条件から求人を検索して見ましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加