スタイリスト、ヘアメイク、メイクアップアーティストの仕事内容とは?求人情報一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

メール

スタイリスト、ヘアメイク、メイクアップアーティストの仕事内容は、スタイリストになると一日に10人以上の髪の毛を扱います。その中には利用回数の多い方や新規の方も含まれます。

ご贔屓にしていただいてる方には前回のお話を覚えておきそこから話を盛り上げつつ施術内容の確認をしていきます。求めている色やパーマの感じやカットの具合それら全てに答えていきます。中には無理難題を行ってくる方もいますからバックヤードで過去の履歴やカルテ内容を確認しながら施術に入ります。

カットに関してはかなりの神経を使っていきますハサミの種類も変えながら行います。大変ではありますが何十人もいるスタイリストの中で自分を指名していただきそこには指名料金もかかっているのでその人にとってそこまでしても担当してもらいたいというのを感じた瞬間とやっぱり頼んで良かったという言葉をもらえた瞬間は本当にやっていて良かったとやりがいを感じます。

ヘアメイクは様々なところで活躍していますがそのどこにおいても要望どうりに作り上げなくてはいけないことと毎回必ず時間に追われます。髪の長さや量によって同じ形を作るにもいろいろな方法でセットしますし、コテの太さや、スプレーの硬さなんかも変えていきます。

メイクも肌質や肌の色、また肌のダメージ具合でもメイク用品を変えています。そしてセット終了時間が必ず決まっているのでスタートしてから終わるまでは戦争のようです。

ヘアメイクをしていてやりがいを感じるのは相手からいつものだったり前回のと同じのということを言っていただけた時です。その言葉をもらえるとあぁ。気に入ってもらえていたんだ。とホッとしながらやりがいを覚えます。

メイクアップアーティストはもちろんメイクなんですが、 その人の目の形によっても方法を変えていきますし、肌の色によっても下地なんかは混合しながらぴったりのものに作り上げていきます。特殊なものになるとテープで頰を引っ張ってみたりなんかもしていきます。この仕事はおおよそが写真に収めていく仕事になりますので最終的にカメラ上で塗りムラなどが見えないようにしていきます。

そうしてカメラマンやその場を仕切っている方にまた頼みたいと言っていただけたりモデルの方から今までと違くてすごく変われた嬉しいなど、最終的には雑誌

職種別求人一覧

各業種の職種別の求人が検索できます。給料がもっと欲しい・高収入、残業したくない、定時で帰れる、土日勤務なし、などの様々な条件から求人を検索して見ましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加